久米さんの科学映像便り
rijityoo.exblog.jp
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
ブログジャンル
ランキング参加してます♪
記事ランキング
最新の記事
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
プロフィール
科学映像館理事長の久米さん。映像遺産を守り、生かすための日々!
ファン
画像一覧
「名田橋架設工事記録」のダイジェスト版
名田橋架設工事(ダイジェスト版)

今回、原作者佐藤和夫氏(87歳)が原版を再編集し、ダイジェスト版を届けてくれる。83歳から新たにデジタルカメラを使用、編集までやり遂げるチャレンジ精神に脱帽。
b0115553_18584368.png


原版の名田橋架設工事記録はこちらでご覧になれます。

「佐藤一夫氏の言葉」
計画された橋の構造は、当時、日本の長大橋では全く経験したことのないドイツ、デイッカホフ ヴィドマン社の特許工法,デイビダーク式PC工法である。この上部桁の大きな重量を支える下部橋脚の基礎には、これまた、当時としては、沈下施工不可能ではないかと云われた深さ32mにも及ぶ巨大井筒が必要であった。若い技術者の私は燃えた。

今から見えれば当たり前、いや、幼稚かも知れないが、当時としては、最先端の技術を駆使して、斬新なアイデアも編みだしたと自負している。この先進技術を余すことなく、後輩へ伝えねばならない。その伝える方法としては、工事写真、工事記録、日誌等。これでは、どうも適切に表現出来ないのではないか。

そうだ!私の趣味である8mmカメラで、プロの映像には及ばないでも、プロには撮れない細部を詳細に記録したい。この一念がこの架橋工事記録に凝集された。撮影技術はお粗末でも,架橋技術上のポイントは逃さず記録出来たと思っている。冗長にも思えるが、これも止むを得まい。

技術の進歩は素晴らしく速い。4カ年の工事期間中にも次々と斬新な改良が見られた。また、ドイツの示方書の受け売りが、日本の建設材料にマッチしない不都合も発見された。日本の橋梁技術の向上に大いに役立ったと思っている。
[PR]
by rijityoo | 2013-07-19 17:05 | 先行配信映画(107) | Comments(0)