久米さんの科学映像便り
rijityoo.exblog.jp
カテゴリ
ブログジャンル
ランキング参加してます♪
記事ランキング
最新の記事
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
プロフィール
科学映像館理事長の久米さん。映像遺産を守り、生かすための日々!
ファン
画像一覧
上原芳明氏のビデオを仮配信

上原のビデオ作品(10作品)


http://www.kagakueizo.org/pre/movie.html?0687/uehara-video.mp4

撮影・編集:上原芳明



今、残さねば(1996年)          0:00 
概要

穴吹町では舞中嶋に洪水会館のようなものを誘致する考えだったようです。

そのために、専門家の真貝先生を招き、お話を聞くとともに、地域の長老

に洪水時の体験を語る会を開き、その記録をビデオに残すよう私に依頼されました。しかし、洪水会館のようなものは陽の目を見ずに終わったようです。今また、洪水の歴史跡を尋ねる企画などをしているようです。


当時講師をされた真貝先生は、若くして亡くなり、語る会で参加者で司会者の谷奥さん当時最長老の飯沼先生、私たちの先輩・大塚先生など、多くの方が亡くなっています。


私の住所は、小島ですが、谷水が溢れ鉄道にせき止められやはり浸水を常に体験してきておりましたが、語る会では、飼っていた馬の避難や百足や蛇が洪水のために家に避難してきた話など、驚くような話に聞き入りました。


清流の陰に(1997年)   8:40


昭和50年51年穴吹川上流古宮地区は大雨であらゆる所に山崩れが起き、道路が寸断され、多くの家庭が他地区への移住を余儀なくされた。その家族の一部(約10戸)が我が地区(小島地区)に移住されてきました住み慣れた我が家をすてて移り住んで来られた古宮地区の人の悲しみを思い、四国一の清流と言われ、今や多くの人(他町村や他県から)が川遊びに来ている穴吹川であるが実は、清流といわれてもてはやされているけれども、その陰には悲しい歴史があったことを知ってほしいと考えて制作しました。


初めてのインビュー作品(1998年)    12:46  努力賞受賞

 穴吹町(美馬市合併前)では、その清流を売り物に筏下り大会を実施してきました。私は筏下り大会の記録を撮ってきましたが、単なる記録では面白くないと考え、

初めてインタビューを試みました。そのインタビューが以外によかったのでと思っています。

私も舞ってみたいな大空を(1999年作)  17:51   優秀賞受賞

私は、徳島県文化の森ビデオコンテストに出品すべく良き題材を探していましたがこの年は、これといった題材がみつからず、たまたま美馬町の三頭山からパラグライダーが飛び立つというのでビデオ仲間と二人で撮影に行きました。そこで見たパラグライダーの爽快感にすっかり魅せられました。もう一つ驚いたことは、撮影を終わって山から里に降りてきたら、降下しているはずのパラグライダーが集団となって上へ上へと昇っていっていることです。後で、知ったことであるがある場所に上昇気流があり、そこを目指してパラグライターを操っていることを知りました。単なるスケッチ作品と考えましたが適当な作品が作れなかた

ので、それをコンテストに出品したところ、意外にも優秀賞という賞をいただきました。思いがけない受賞で大変うれしくおもいました。



 ばあちゃんと半田そうめん(200年作) 21:00 優秀賞受賞

半田そうめんの製造過程は、私が8ミリ映像作品の処女作として徳島県

教材コンテストに出品し、第1位という賞をいただき、大いに自信を得ました。

その後、徳島県では年1回文化の森ビデオコンクールが開催され、県内の

アマチュアビデオ作者がその腕を競ってきました。毎年ビデオ題材に困り

もう一度「半田そうめん」の製造過程の撮影を考え、今回は88歳のおばあちゃんの目を通してその製造過程を追ってみました。


なお、おばあちゃんも亡くなり、ご夫婦でされていた奥様も若くして亡くなりました。現在は、おばあちゃんの息子さんと他の人で「そうめん」作りを続けられていると聞いています。


スリーセブン バースデイin あなぶき(2002年製作)   28:27 

穴吹町の郵便番号は777という大変ラッキーな番号が当たりました。町ではそれを活かして何か行事ができないかと考え、平成777日に誕生した全国の子供が7歳を迎えた時、穴吹町に招待するというユニークで大きな行事を計画し、実施しました。その時の記録です。


私の観た阿波三盆糖(2002年製作)   36:77  優秀賞受賞
 阿波三盆糖の制作過程で砂糖きびから絞った砂糖を板の上ですくいながら捏ねる作業がテレビでよく放映されていました。その独特の作業が魅力的であったので私も自分の目で見たいと思い、我が家から1時間以上もかかる板野郡上板町泉谷の岡田製作所まで行ってその制作過程を撮影しました。砂糖きびは沖縄と思っていましたが岡田製作所周辺ではこの土地特有の竹糖という砂糖きびが生産されていました。


26年ぶりの阿波和紙製造所を訪ねて(2003年製作) 45:27 優秀賞受賞
その昔、阿波和紙の制作過程を26年前に8ミリで撮影し、その作品は8ミリビデオ雑誌で入賞できました。また、製作所からも、制作過程を皆さんに見てもらえるということで喜ばれました。ビデオ作品の題材を探していた私はもう一度、その様子を撮りたいと思い同所を訪ねました。しかし、新しい製造過程は企業秘密ということで撮影を許してくれませんでした。昔ながらの製造工程を見せる和紙会館は特別に作られており、そこは撮影させてくれました。特殊な紙を少しずつ制作しているようでした。


見たことがありますか漆塗りを(2004年製作)   優秀賞受賞

半田町は「半田そうめん」で有名ですが、その昔、漆塗りでも有名だったようす。その伝統を竹内さん(現在は亡くなっています)が、もう一度復活させようと努していました。たった一人漆塗りを続ける竹内さんを訪ね、その様子を撮影させていただきました。でも、竹内さんがなくなったので、もう、その伝統は消えてしまいました。


阿波特産もち米菓子製造所を訪ねて(2005年製作) 優秀賞受賞

その昔、嫁さんをもらうとその家は必ずお嫁さんのお土産といって「花嫁菓子」を子供たちに配る風習がありました。美馬市脇町で今でも昔ながらの方法で「花嫁菓子」を作っている所があるというので撮影しました。


 


 




[PR]
by rijityoo | 2014-03-24 18:07 | 先行配信映画(107) | Comments(0)