久米さんの科学映像便り
rijityoo.exblog.jp
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
ブログジャンル
ランキング参加してます♪
記事ランキング
最新の記事
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
プロフィール
科学映像館理事長の久米さん。映像遺産を守り、生かすための日々!
ファン
画像一覧
避難対策案
「提言:避難対策としてのキャンピングカーならびに救助船の活用」を理事長ブログおよび久米川正好Facebookページ、科学映像館Facebookページに掲載してから僅か一日で5,000名強の方が記事を閲覧され、実に様々なご意見やご質問をいただいた。この大きな反響を受けて、今回はもう少し具体的な実行案を提示し、皆様のご意見を伺いたい。

I. 災害対策としてのキャンピングカー活用
キャンピングカーとは基本的には居住設備のある自動車で、旅行や住居などの目的に利用される。運転は普通免許可能。
(1)設備:長期間の使用を考え、三名の居住を想定し空調、食事、冷蔵庫、洗面、シャワー、ブラックタンク式トイレ、テレビおよびインターネット通信が可能である。非常時の使用では、GPSを用いて位置情報が把握できるほか、使用者情報を登録することで被災者の安否確認もできる。また管理センターなどと双方向通信も可能。
(2)平時の設置場所:都道府県下十数か所に「車両レンタルセンター(仮称)」を設け、キャンピングカーのメンテナンスを行い有料でレンタルする。台数および場所をインターネット上で登録しておき、災害発生時には即時かつ適切に災害場所に配備する。(県単位を超えた調整も行う。)
(3)災害時の設置場所:ハザードマップにより水害や津波を避けた運動パーク、公園、公共施設(可能な限り教育施設外)の駐車場を設定しておく。電気および水の供給スタンドを設置しておくが、平時の使用は課金制とする。さらに車両は災害の中心部を避けた場所に配備する。
(4)その他の車両として診療車、行政事務代行車両やキッチンカーなども整備する。診療車は会社等の検診にも利用できるようにするほか、キッチンカーは各地の料理教室にも活用する。

II.本事業に必要と見込まれる予算
(1)キャンピングカー:一台あたり約500万円×各県平均300台=約15億円。一挙に整備すれば、国単位で700億円(ただし中古車は200万円~)であるが、徐々に増設整備する。
(2)災害時の駐車場整備費:水道・電気のスタンド整備費用。
駐車場は公園、運動公園、公共施設の駐車場を使用。
(3)車両レンタルセンター(仮称):官民協力による出資で会社を設立する。

III. 本事業の利点
   5年前に発生した東日本大震災による東北地方の被災者の70%は、未だ仮設住宅での生活を送っておられるが、一方でその費用に驚いている。仮設住宅建設費が約500万円(家具は含まず)、家賃は無料だが電気、ガス、水道代は自己負担となっており、建設地は各地域の小中学校等のグランドを利用して建設されているため、被災者の生活にも、小中学生の授業にも支障を来している状況となっており改善が必要である。

さる2016年4月14日に発生した熊本地震による被災者の方々も、殆どが現在小中学校の体育館等におられ、286校でおよそ10万人に上る生徒が、連休明けにも授業を控えているとの報告もある。以上の諸点を踏まえ、今回のキャンピングカープロジェクトの利点を考えてみたい。

(1)災害発生時、被災施設から仮設住宅入居までの被災者の生活が学校等の一次的避難場所を必要とせず、即座に確保される。
(2)被災者はプライバシーが確保され、冷暖房、トイレ、食事、睡眠の質が保たれることで住環境が相当程度改善される。
(3)車両使用時にインターネットを通じて個人情報を登録すること、ならびにGPS位置情報との連携で被災者の安否と所在が明確になるほか、双方向の情報連絡も可能となる。
(4)車外での運動、交流等も活発に行えるため、エコノミークラス症候群を予防できる。
(5)被災地のサテライトにキャンピングカーの居住区を設けるためゴミによる公害、交通渋滞等の障害を緩和できるほか、周辺住民からの援助も円滑に行われる。
(6)キャンピングカーは災害時のみならず平時にも使用できることから、家族やグループ旅行にも活用できる。
      
四方を海に囲まれ水資源や海洋資源に恵まれ、豊かな四季に恵まれている我が国は、同時に地震や台風災害からも決して目を逸らすことのできない国でもある。この機会に「備えあれば憂いなし」の言葉をいま一度思い起こして、キャンピングカーといった既存のツールを有効活用する可能性を防災関係者全員で考えることに大きな意義があると思い至った次第である。本稿はひとつの提案に過ぎないが、これを嚆矢として自由な議論が行われ、我が国独自の災害対策モデルが構築されることを期待したい。ひいては世界に冠たる災害対応モデルが構築され、海外諸国にも技術支援ができるようになればと願っている。
[PR]
by rijityoo | 2016-04-27 12:49 | Comments(0)