久米さんの科学映像便り
rijityoo.exblog.jp
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
ブログジャンル
ランキング参加してます♪
記事ランキング
最新の記事
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
プロフィール
科学映像館理事長の久米さん。映像遺産を守り、生かすための日々!
ファン
画像一覧
ビスホスホネート系の薬剤の副作用としての骨組織の壊死は外耳道骨にも
遠藤浩良先生から、ビスホスホネートの副作用についてのメールをいただきました。ビスホスホネートによって顎骨以外に外耳骨壊疽が起こることが明らかになりました。ご参考まで。

「遠藤浩良です。

ビスホスホネート系の薬剤の副作用としての骨組織の壊死は、顎骨に限らないのですね。この度、外耳道の骨の壊死が重大な副作用として、添付文書の「使用上の注意」に追記するように、厚労省が改定指示を発出しました。
にビス剤の重大副作用に外耳道骨壊死 厚生労働省が使用上の注意に改訂指示
                       医薬品医療機器総合機構2016年6月1日 (水)配信
厚生労働省は5月31日、ビスホスホネート系薬剤の使用上の注意に対し、重大な副作用の項に「外耳道骨壊死」の追記などを求める改訂指示を発した。

直近3年度の国内副作用症例としての関連症例は報告されていないが、欧州で同薬の添付文書に外耳道骨壊死を追記した措置を受け、専門委員の意見も踏まえた調査の結果、改訂が適切と判断した。

改訂指示があったのは、「エチドロン酸二ナトリウム」(商品名:ダイドロネル錠200)、「パミドロン酸二ナトリウム水和物」(同アレディア点滴静注用 15mg、30mg他)、「アレンドロン酸ナトリウム水和物」(テイロック注射液 5mg、10mg、ボナロン錠 5mg、35mg、同経口ゼリー35mg、同点滴静注バッグ 900μg、フォサマック錠 5、同錠35mg他)、「リセドロン酸ナトリウム水和物」(アクトネル錠 2.5mg、17.5mg、75mg、ベネット錠 2.5mg、 17.5mg、75mg他)、「ゾレドロン酸水和物」(ゾメタ点滴静注4mg/5mL、4mg/100mL他)、 「ミノドロン酸水和物」(ボノテオ錠 1mg、50mg、リカルボン錠 1mg、50mg)、「イバンドロン酸ナトリウム水和物」(ボンビバ静注 1mg シリンジ、同錠100mg)の7成分。

 重要な副作用ならびに重要な基本的注意の項に外耳道骨壊死に関する情報が追加される。
関連リンク
•ビスホスホネート系薬剤の「使用上の注意」の改訂について」
[PR]
by rijityoo | 2016-06-03 10:17 | 活動報告 | Comments(0)