「ほっ」と。キャンペーン
久米さんの科学映像便り
rijityoo.exblog.jp
カテゴリ
ブログジャンル
ランキング参加してます♪
記事ランキング
最新の記事
以前の記事
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
プロフィール
科学映像館理事長の久米さん。映像遺産を守り、生かすための日々!
ファン
画像一覧
今月の三水会便りは野口幹夫氏の外郎売(ういろううり)と茶の湯

 3月の三水会は学士会館で5時から開催。今月のリポーターは野口幹夫氏。茅ヶ崎市の野口氏のご自宅近くに九代目市川団十郎の別荘跡があり、団十郎公園として名を残しているとか。二代目団十郎が歌舞伎の十八番に早口言葉のせりふが売りの外郎売があるのは、ご存知の方もおられると思う。例の(拙者親方と申すはお立会いの内ににごご存知のお方も御座りましょうが、、、、、、、、、)とA4版約2ページの長いせりふである。演劇やアナウンサー志望の方は、この長いせりふで勉強されるとか。

  野口さん、このせりふを全文覚えられるだろうかと、まず挑戦され、見事に2週間で覚えられる。さらに2ヶ月かけて全部暗礁。昨夜見事にご披露された。参加者一同、野口さんの完璧な朗読に拍手喝采。ただご披露されただけでなく、せりふの内容を時には足を運び、現存の有無を確認。
小田原ういろう本家、青物町商店街などの存在。歌舞伎の珍薬(ういろう)と名古屋名産のお菓子のういろうの関係などを、実に詳細に調査、解析されているのは実にみごとである。

  さらにお話は、外郎売と茶の湯とへ。茶の湯への関心は、せりふの《お茶たちよ、茶たちよ、ちやっとたかちゃ、茶だちよ、青竹茶筅でお茶ちゃやっとちゃ)最も言いにくいせりふに関心が。種々調べられた結果、庶民の飲み物であった抹茶が、最もカテキンを初めとする茶の有効成分を保有し、養生の仙薬へとの結論。これは抹茶の製法、低温の碾き臼で微粉にすること。また他のお茶のように成分の一部を抽出することなく、お茶の全てを飲み干すことにあるらしい。

  そして最後に野口さんは、気楽流、自由な抹茶の楽しみ方を。三水会では抹茶をお菓子とともにサービスしていただいた。野口さんの徹底的な探究心とサービス精神に感服。詳細は近日骨の健康づくり委員会HPの花の雑学、三水会便りに。ご期待ください。

  補足:(1)無農薬で栽培されたお茶であるか、お茶の栽培は難しく、農薬が使用されていることが多いらしい。したがって残留農薬が気がかり。要注意。
 
(2)9ミクロン程度の均一な微粉末でないと、攪拌してもコロイド状、いわゆる泡だちが        よくない。100ミクロンのメッシュで振り分けたものもあるらしい。野口さんは、専門家にお願いし
  抹茶をレーザー解析散乱式粒度分布測定器で微粉末の状態とコロイド化の関係        を明らかにされたとのこと。家内も茶道を楽しんだようであるが、抹茶自身ついては教えうけ  たこともなく、また教本にも触れられていないようである。
      
(3)最近は瞬間冷凍微粉末のコーヒー、お茶も発売されているようである。茶道の作法は別とし  て、この微粉末を活用されることも。
 
[PR]
by rijityoo | 2008-03-20 17:35 | Comments(0)