久米さんの科学映像便り
rijityoo.exblog.jp
カテゴリ
ブログジャンル
ランキング参加してます♪
記事ランキング
最新の記事
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
プロフィール
科学映像館理事長の久米さん。映像遺産を守り、生かすための日々!
ファン
画像一覧
カテゴリ:活動の蔵(1、208)( 1787 )
科学映像館活動は皆様の善意に支えられています。
科学映像館活動には多額の費用が必要であり、そのかでも最も大きなものは、フィルムのデジタル復元です。35mmネガフィルの複元には、SD(標準)で1分2,500円、HD(ハイビジョン)では1万円と言われています。30分の作品では7.5万円、HDになると30万円となります。これらの費用はこれまで個人の善意、企業の協賛金や助成金によってまかなわれてきました。それらに加えて、2,3年前から、歯医者の御協力で役目を終えた撤去冠をご寄付いただいています。これまでに74歯科関係者のご厚情があり、大きな支えになっています。
b0115553_9223375.jpg

今回、個人がお持ちの撤去冠や用を終えた貴金属のご寄付をお願いしたところ、お役に立てばとのメッセージとともに多くの方から、撤去冠が贈られてきました。中には彫金に使われていた銀の延べ板とかネックレスも。また今はなきお父様の優勝カップは如何でしょうかのメールもあり、お送りいただければとご返事を。眠っている都市貴金属のリサイクルにもなりますので、撤去冠とか用を終えた貴金属があれば御寄附をお願いします。一個の金冠やインレイも貴重な財源にあり、リサイクル活動になります。映像遺産を後世への贈り物のためにも、ぜひご協力ください。
b0115553_9145278.jpg
b0115553_9153243.jpg
[PR]
by rijityoo | 2017-02-26 09:15 | 活動の蔵(1、208) | Comments(0)
配信までにはこんな問題も。
科学映像館は貴重な映像を発掘、著作権者(製作会社)の許諾を得てデジタル化・保管とウェブで無料配信している。しかし、その著作権処理はいろんな障害があって一筋縄でいかない。著作権法では、映画は他の著作物等と異なり、多くの方が製作に関与している総合芸術のため(製作時の企画者と製作会社との契約条項にもよる)、著作権は製作会社に帰属するとされている。しかし、ここに色んな問題があり、作品により、会社により、複雑でその処理には半年いや2,3年を要することも多い。

記録映画は製作会社の自主製作はまれであり、ほとんどが企画会社の注文によって製作されている。科学映像館で配信中の800作品の内、自主製作は2,3にすぎない。ここで配信の許諾を得る場合、何がネックになっているか。作品がみつかり、著作権者の製作会社と交渉するも、ほとんどが我々の条件では拒否されることが多い。また法外な著作権料を請求されるとことある。最近の例では10秒10万円と。

ついで製作会社は承諾するが、企画者の許可が次の問題となる。企画会社によっては、倒産した会社、責任者の不在等で話は前に進まない。これらをクリアーして配信が許諾されるのはきわめて少ない。音楽のように映像の著作権が整備されていれば、著作権者も守られ、また作品が死蔵化することも少ないのでは。
b0115553_11332533.png

この写真は道路公団が企画し、日映新社が製作した作品「名神高速道路」のカットである。日本で初めての高速道の建設記録であり、1時間にも及ぶ貴重な作品。企画した道路公団の許諾を得るも、制作会社・・、至極、残念。
[PR]
by rijityoo | 2016-06-12 11:34 | 活動の蔵(1、208) | Comments(0)
配信映画から名作を紹介「つばめを動かす人たち」

音楽は「ゴジラ」の伊福部昭氏、実に内容にマッチ。


つばめを動かす人たち
b0115553_1628879.png


当時の日本で最速を誇った特急列車「つばめ」を、運転手をはじめ運行する側にスポットを当てて描いている。まだ東海道線が全線電化されておらず、名古屋駅で電気機関車からSLへと牽引する機関車が交換される、その作業の模様などは見どころ。

新幹線で一気に、しかも速く大阪まで行ける現在。
つばめからひかり、のぞみへの進化は、スピードアップと同時に省力化の歩みだったと言えるだろう。それは乗客にとっても、運行する側にとっても。そんなことを感じる作品である。

作品概要

製作:日映科学映画製作所 1954年 モノクロ 24分
[PR]
by rijityoo | 2015-12-27 16:28 | 活動の蔵(1、208) | Comments(1)
FB科学映像館の効果は
法人FB科学映像館(https://www.facebook.com/tsfmj)を開設して半年。ある方の指導出始めたが、個人FBとの使い分けがむつかしくて、本格的には昨年末やっと動き始める。

法人FB科学映像館では主として科学映像館に関する情報,特に配信映画の紹介をおこなっている。配信映画も736作品となり、ウブサイト科学映像館では積極的に作品を求めている方は別として、一般の方は作品を見つけにくくなっている。番組制作者とか、関心の強い方は別として、ウェブサイトの配信映画を検索しよういう方は少ないようである。そこをFB科学映像館で補っているつもり。

3月に入り、各作品の紹介欄では閲覧は500件以上、「いいね」も100件を超えている。その結果、3月ウェブサイト科学映像館のアクセス件数も先月の約1.5倍と急増。

昨日配信を始めた「五木の里」は地元の方のご努力に負うことが大であるが、1日で閲覧数は1.9K、シェアー件数が120件、「いいね」が230件、映画の閲覧数は45回と非常に効果的である。法人FBの利点はログ解析があり、閲覧者の性別、年齢、国別、都市別を確認できる。

他のSNSと異なり、各課題についてお互いに話し合えることである。また個人的な意見交換も可能であり、深入りすることも。これを切っ掛けに各地の作品が紹介され、配信へ。熊本県から5作品、宇和島、徳島2作品、吹田市から4作品が持ち込まれる。これはブログ等ではあり得なかったこと。FBについてはまだまだ素人であり、さらなる活用もできそうである。

[PR]
by rijityoo | 2015-03-20 17:11 | 活動の蔵(1、208) | Comments(0)
FB科学映像館の最近1週間について
FB科学映像館(3月11日~3月17日)の資料ついて

総閲覧数:5、227人
いいね:1、142件

国別利用者
  日本;   4、348人
  台湾:     288人
  USA:     125人
  韓国:      57人
  オーストリア: 48人

国内都市別
  徳島市:450人
  三好市:385人
  横浜市:361人
  大阪市:303人
  川越市:250人

男女別
  女性  29%(FB全体46%)
  男性  71%(FB全体64%)

年齢別
      ~24歳:3%
  25歳~34歳:9%
  35歳~44歳:26%
  45歳~54歳:34%
  55歳~64歳:20%
  65歳~    :9%
[PR]
by rijityoo | 2015-03-17 13:18 | 活動の蔵(1、208) | Comments(0)
当館が「デジタル・アーカイブの最前線」で紹介される

現東京総合教育研究センター非常勤講師。前愛知大学文学部教授時実象一先生の「デジタル・アーカイブの最前線ー知識・文化・感受性を消滅させないために」と題するブル-バックスが講談社から発刊された。

その中で当科学映像館が「よみがえった科学映画」(57~59ページ)として紹介される。

b0115553_16290600.png


[PR]
by rijityoo | 2015-02-28 16:29 | 活動の蔵(1、208) | Comments(0)
科学映像館のあゆみ

科学映像館の歩み

年次

事業

備考

2002
3

明海大学定年退職。

4

骨の健康づくり委員会を設立。

2004
4

Webサイト「骨の健康づくり委員会」により、生命科学映画17篇の無料配信を開始。

ADSL普及
YouTube
誕生

2006
8

NPO法人科学映像館の準備を始める。

小林米作氏を偲ぶ会が開催

2007
4

NPO法人科学映像館を支える会」を設立。

ニコニコ動画

5

35mmネガフィルムからデジタル復元を行い、「生命誕生」の無料配信を開始。

6

1回上映会を「SKIPシティ」で開催。

9

東北映像研究会が「昭和初期 9.5mm映画」などを提供。

11

映画「68の車輪」の配信を行う。

再生回数急増

2008
4

事務室を自宅へ移転。

CATV普及

5

ウェブサイトを改造、英語版を追加。

6

野尻湖関係映画の配信を行う。
信濃毎日新聞が科学映像館を紹介。

2009
6

学研小川氏が、小林米作氏の作品で十字屋制作の教育映画5作品を提供。

9

朝日新聞が科学映像館を紹介。

2万回再生/

2010
8

日本のドキュメンタリー第4巻に執筆。

岩波書店発刊

10

徳島県美馬市文化祭で講演。

科学映像館とは

2011
1

埼玉県NPO大賞1次審査で1位に。

3

平成23年度年賀寄付金の助成を得る。

JSFにて科学映像館について話し合う。

東日本大震災

4

薬学図書館に記事掲載される。

5

「福島の原子力」が脚光を浴びる。

Twitterが媒介

国立国会図書館長と第1回の会合。

山元孝二氏同席

6

文化庁次長にご挨拶。

7

West Street Journalで紹介される。

8

イギリスBBC等から「福島の原子力」使用許可願い。

WAM福祉活動支援事業の助成金を。

図書館長に久米川理事長私案を提出。

9

国立国会図書館長と第2回の話し合い。

東大副総長同席

11

文化庁次長と第2回の話し合い。

関係者8名同席

12

NHKおはようニッポンで紹介される。

2012
2

赤い羽根助成事業に採択される。

国立国会図書館長と第3回の話し合い、映像の納品が認められる。

4

映像のフォーマットを変更。

Windows 65%

6

国立国会図書館納品に関する骨格完了。

担当事務官来室

9

情報管理に執筆。

JST発刊

2013
2

国立国会図書館に科学映画を納品。

国立国会図書館新館長にご挨拶。

館長交代

3

平成25年度年賀寄附金の助成を得る。

9

科学映像館Webサイト第2回の改造。

カテゴリを追加

2014
2

東アジア映画祭に出席し、挨拶。

テレビ沖縄放映

4

iTunesUに作品を提供。

5

本田技研工業株式会社から配信許可。

This is HONDA

6

Facebook科学映像館を開始する。

映画の収集に効果的

11

理化学研究所作品の配信許可。

理化学研究所 1985

北海道映像記録社が作品を提供。

カテゴリ:北海道映像記録

2015
1

熊本県が作品を提供。

球磨川を拓く

熊本県五木村が作品を提供。

五木の里

愛媛県宇和島が作品を提供。

吉田の秋祭り

徳島県三好市が作品を提供。

池田ダムなど

   雜誌取材               メデイカルサイエンス

     視察                 ハーバード大学

                        ライシャワー研究所


[PR]
by rijityoo | 2015-02-27 13:20 | 活動の蔵(1、208) | Comments(0)
カテプシンKに関する総説を紹介いたします。
カテプシンK物語に多くの方が関心を頂いています。カテプシンKに関する詳しい内容は電子版によりご覧いただけますのでご紹介いたします。

総説はこちらから
[PR]
by rijityoo | 2015-02-16 09:17 | 活動の蔵(1、208) | Comments(0)
カテプシンK物語はまだまだ
カテプシンK物語は今月も掲載記事トップ10に3件も。1年半過ぎてもこのアクセスは?
1科学映像館は2004年に活動を始めました 21
2雪の観察会が・・・ 14
3カテプシンK物語~おわりに 13
4カテプシンK物語~初めに~ 10
5ハーバード大学ライシャワー日本研究所の坂口氏とお会いする
6本日の配信映画は「科学技術教育シリーズ 製図編第一部 製図の基礎」
7カテプシンK物語~その阻害剤
8作品の収集,デジタル化、エンコードして初めてご覧になれます
9(有)アサヒプロダクツ(東北文化財映像研究所) 代表 阿部武司からのお知らせ
10貨車に氷をつめた冷蔵車が生の魚を運ぶ列車を描く作品「ごちそう列車」



[PR]
by rijityoo | 2015-02-15 08:06 | 活動の蔵(1、208) | Comments(0)
今回の実験結果について


ふくい科学学園(http://fukuikagakugakuen.com/)理事長香川喜一郎先生から補足の資料が届きました。
昨年度科学映像館は香川先生と以下の課題を「理科教育推進のための科学教育映画収集・活用ならびに関連する理科実験実施の支援事業」年賀寄付金の助成を受けて行いました。12回の理科実験を行い、最後が雪の観察でした。
「昨年、年賀で雪の実験を行いましたが、

現在行っている方法は本質的には同じですが、より簡単で、殆ど確実に人工雪が出来ます。ただ、小さい容器でおこないますので、容器内の水蒸気分布などが一様でないため、6本の枝が完全対称的にならず、枝の長さが異なっています。しかし、このような結晶が20分のうちに見えます。」

b0115553_12035548.png


[PR]
by rijityoo | 2015-02-08 12:04 | 活動の蔵(1、208) | Comments(0)