久米さんの科学映像便り
rijityoo.exblog.jp
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
ブログジャンル
ランキング参加してます♪
記事ランキング
最新の記事
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
プロフィール
科学映像館理事長の久米さん。映像遺産を守り、生かすための日々!
ファン
画像一覧
カテゴリ:新配信映画( 260 )
本日の配信映画は「抗菌作用を探る」
抗菌作用を探る
b0115553_10111743.png

b0115553_10392395.png

抗生剤セファロチン投与後、大腸菌は分裂しなくなって長くなり、ついには溶菌して死滅。

製作:ヨネ・プロダクシン 企画:塩野義製薬株式会社
カラー 16分

概要
大腸菌に対する抗生剤セファロチンの作用を特殊な装置を用いて映像化。セファロチンの作用機序、作用動態を解説し,治療時の投与方法を示唆している。

学術指導

京都薬科大学 中澤昭三 

協力

京都薬科大学微生物学教室
西野武志
大槻雅子
平井芳井美
[PR]
by rijityoo | 2016-05-12 10:09 | 新配信映画 | Comments(0)
本日の配信映画は「疎水と桜と除幕式とインクライン」
疎水と桜と除幕式とインクライン
b0115553_10332623.png

作品概要

製作:中山富美子
無声、一部解説 8mm撮影 カラー 25分

この作品は琵琶湖疎水を本当に丁寧に撮影、編集している。解説があればいいのだが、編集ミスによるものなのか音声はない。

琵琶湖疏水は、第3代京都府知事である北垣国道と、技師の田辺朔郎の綿密な計画のもと、多くの犠牲を出しながらも明治23年に完成した。その目的は舟運、発電、灌漑、飲料水、防火、工業用水と多岐にわたっている。田辺朔郎博士は着工後外国へ留学し、そこで得た知識を疏水建設に生かした。発電はその1つで、疏水の水で起こした電気を使い、インクラインの台車を走らせた。
[PR]
by rijityoo | 2016-05-05 10:12 | 新配信映画 | Comments(0)
本日の配信映画は「食べ物の消化 」

食べ物の消化

b0115553_10184340.png
作品概要

製作:共立映画社/東京文映
カラー 19分

食べ物の摂取、消化、働きをわかりやすく映像で解説した教育映画。

スタッフ

企画・製作:小野国三/片桐隆/土屋祥吾
脚本・監督:土屋祥吾/小川博孝
撮影:山本博司/松本俊世
音楽:愛場俊彦
解説:小六英介
[PR]
by rijityoo | 2016-04-28 10:18 | 新配信映画 | Comments(0)
本日の配信映画は「CAN TO CAN アルミ缶リサイクル」

CAN TO CAN アルミ缶リサイクル
b0115553_1033512.png
作品概要

製作:東京文映株式会社 企画:アルミ缶リサイクル協会
カラー 12分20秒

アルミ缶のリサイクルは87%の電気代の節約にもなると積算されている。そのため、各種のリサイクル活動が全国展開している、地域で、学校で、スーパーで。この映画はその様子を描き、一層のリサイクル活動を呼び掛けている。

取材協力

板橋区立板橋第10小学校
扇谷ジャスコ株式会社ノア店
大手金属株式会社富士工場
株式会社新菱アルミ回収センター関東工場
野だし資源回収組合 鈴木商店
住友軽金属工業株式会社
社団法人日本アルムニュウム連盟
平塚市役所環境衛生業務課
福島さん一家
三菱マテリアル株式
[PR]
by rijityoo | 2016-04-21 10:33 | 新配信映画 | Comments(0)
本日の配信映画は「生まれかわる資源ごみ 」
生まれかわる資源ごみ

b0115553_11421440.png

制作:東京文映  企画:アルミ缶リサイクル協会
カラー 13分

アルミ缶のリサイクルを中心に資源のリサイクルの様子を収録した教育映画。

取材協力

アイジー工業株式会社
あき缶処理対策協会
大手金属株式会社富士工場
ガラスびんリサイクル促進協議会
株式会社新菱アルミ缶回収センター関東工場
野田市資源回収組合 鈴木商店
住友軽金属工業株式会社
社団法人日本アルミニュウム連盟
日本軽金属株式会社
日本製紙株式会社
福島さん一家
PETボトルリサイクル推進協議会
三菱マテリアル株式会社
[PR]
by rijityoo | 2016-04-07 11:40 | 新配信映画 | Comments(0)
本日の配信映画は「生きものは動く 第2部 原形質流動(フルHD) 」
生きものは動く 第2部 原形質流動(フルHD)
受賞歴

1979年:第33回国際科学映画協会大会・映画祭特別名誉賞

1980年:
第17回ANZASS国際科学映画エキジビショングランプリオルビット賞

1982年:
第9回ブラッセル自由大学国際科学技術映画祭
グランプリおよび同細胞生物学賞

文部省特選
作品概要

制作:東京シネマ新社
企画:下中記念財団EC日本アーカイブズ、東京シネマ新社
カラー 16分 あばかれた自然の秘密シリーズ

当館で現在配信中の同映画を、マスターフィルムから新たにフルHDでのデジタル化したもの。

高度に進化した動物の筋肉の収縮運動も原始的な植物細砲の原形質流動も、共通してATPによるエネルギー供給とアクチン、ミオシンという2種類の蛋白質の相互作用によって引き起こされます。これは、ごく最近まで生物学者にとってさえ想像を絶することでした。

生きものの基本的な構成単位である細胞の中で、生きている部分-原形質-が流動している事実は、極めて幼稚な顕微鏡しかない時代にもすでに観察されていました。しかし細胞運動の研究が急速に進み、原形質流動の仕組が明らかにされたのは、ここ十数年のことです。

日本の科学者たちは、その解明において世界をリードしてきました。このフィルムはアクチンとミオシンの働きを筋肉で説明したあと、その相互作用を車軸藻類のフラスモと粘菌変形体を使ったさまざまな実験によって観察し、最先端の研究成果を紹介していきます。

それらは、いずれも我国が世界に誇る研究成果であり、その映像化は内外の科学映画祭において、最高の注目と評価を受けることとなりました。
制作協力

放送文化基金
スタッフ

製作:岡田桑三、岡田一男
脚本・演出:後藤雅毅
演出:岡田一男
撮影:谷口常也、草間道則
音楽:ブライアン・イーノ
ナレーター:草野仁
ネガ編集:川岸喜美枝
[PR]
by rijityoo | 2016-03-31 10:59 | 新配信映画 | Comments(0)
本日の配信映画は「市電ものがたり」
市電ものがたり
b0115553_1043219.png


作品概要

撮影/制作:中山富美子
無声 8mmフィルム撮影 カラー 23分33秒

京都市電を撮影した珍しい作品。

京都市電(京都市交通局の資料より)

京都市電は明治45年6月11日、壬生車庫前~千本丸太町~烏丸丸太町~烏丸塩小路間および四条西洞院~四条小橋間の計7.7キロメートルに営業を開始したことが始まりです。これよりさき、明治28年2月1日には京都電氣鐵道株式会社が我が国最初の路面電車の営業を始めていましたが、大正7年7月1日京都市は市内交通一元化の方針からこれを買収し「わが国初の路面電車」を受け継ぎ順次路線を拡大、大正・昭和にかけて「市民の足」として、活躍しました。

京都市の発展に伴って営業規模を拡大し、昭和30年代には隆盛期を迎えます。最盛時の市電は路線長74キロメートル、367両の車両で一日約60万人の人々に利用されました。しかし急速な経済成長にともなう自動車の急増によるモータリゼーションの発展、人工のドーナツ化など、路面交通にも都市化の波が押し寄せ、年々厳しさを増しました。これにより市電の利用者が漸減し、路面交通事業の財政は年々悪化したため、市街地の軌道上を走る市営電車はその影響をまともに受け、昭和45年の4月の伏見・稲荷線の営業廃止を皮切りに,逐次廃止されていき、昭和53年9月末日をもって、京都電氣鐵道以来83年の歴史を閉じました。
[PR]
by rijityoo | 2016-03-17 10:04 | 新配信映画 | Comments(0)
本日の配信映画は「貴族の世の中―藤原道長― 」
貴族の世の中―藤原道長―
b0115553_1717136.png


作品概要

製作:共立映画社 カラー 19分30秒

10世紀から11世紀にかけての貴族の世の中はどのようなものだったのか。藤原道長に焦点を当て、残された建造物や書物などの文化財から、当時の貴族の暮らしを考察している映像作品。

スタッフ

製作・企画:小野国三/片桐隆
脚本・演出:大島善助
撮影:原田英昭
音楽:長沢勝俊
解説:荒川修
[PR]
by rijityoo | 2016-03-10 17:17 | 新配信映画 | Comments(0)
本日配信の映画は「大いなる大和」

大いなる大和
b0115553_10255923.png


受賞歴

内閣総理大臣賞

作品概要

制作:中山冨美子 カラー 8mm撮影 18分23秒

この作品は毎年二月堂で行われる「お水取り」と「お松明」を描いている。特にこの作品はお松明に使われる竹の準備、松明の製作、練行衆等お松明の舞台裏を見事に映像化。8mmフィルム作品ならではの秀作。
[PR]
by rijityoo | 2016-03-03 10:26 | 新配信映画 | Comments(0)
800回記念作品「ウェルドレッサーをつくる」を配信
NPO法人科学映像館は、多くの方に支えられて本日800記念作品をお届けできることとなり、世話人の一人として感無量であります。ここにこれまで当館の活動をご理解、ご支援いただいた方々に感謝申し上げます。

特に当館の配信にふさわしい多くの作品をご提供いただいた著作権者および映画制作者、そしてこれらのアナログ素材を高度の技術を屈指して誠実にデジタル復元していただいた「東京光音」所長の松本一正氏と担当された皆さんに感謝します。彼らの協力なくしてこの活動はできなかったと思っています。

さらに創立当初から、映像のサーバーについて一からご指導、ご協力いただいた「メデイアイメージ」社長美野健司氏に感謝します。毎週、木曜と厳しい条件下での配信を9年間、誠実に履行してくださいました。しかも東京光音とメデイアイメージの両社は物心両面でのご協力をいただいており、ここにあらためて感謝の意を表します。

当初から当館の目標は作品の配信とともにメタデータの発信が重要と考えてきました。したがってウェブサイト科学映像館の役割は大きく、そのデザインと簡明さに気をかけてきました。これらをクリアーしてくれたのがHP製作会社「TIC」の皆さんとウエルデザイン会社「SAINT-DESIGN」の竹内さんです。またメデイアイメージの美馬さんは毎週木曜日と厳しい制約の掲載にご協力いただいきました。感謝しています。

当館の運営は、当法人会員の方々、多くの方のご厚情、企業のご賛同によっています。また公益財団法人 骨粗鬆症財団のご寄付、数件の助成金と国立国会図書館映像納品にともなう費用は映像のデジタル化に大きな役割を果たしくれました。

個人的にもおおくの方のバックアップがありました。お名前を列記し感謝の意を表します。「ふくい科学学園」の香川喜一郎先生と徳島県美馬市の国見武男先生、山梨県昭和町の「風土伝承館 杉浦医院」の中野良夫館長および嵐山町の杉田智弘氏、お隣の大月さんと浜島さんらにお世話になっています。また赤塚紀彦さんは事務的なバックアップを引き受けてくれています。

今後も貴重な作品をデジタル復元し、共有化に努めたいと考えています。できれば1,000作品の配信ができればと、みなさまのご教示、ご支援をお願いします。


今回は800回記念作品として「ウェルドレッサーをつくる」を配信します。
b0115553_101222.png

[PR]
by rijityoo | 2016-02-25 10:01 | 新配信映画 | Comments(0)