久米さんの科学映像便り
rijityoo.exblog.jp
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
ブログジャンル
ランキング参加してます♪
記事ランキング
最新の記事
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
プロフィール
科学映像館理事長の久米さん。映像遺産を守り、生かすための日々!
ファン
画像一覧
カテゴリ:活動報告( 170 )
2月の活動報告
29日 総再生回数は108万回を越える

27日 秋野暢子さんと撮影

26日 国立国会図書館の担当者と科学技術振興財団山元常務理事に著作権処理関係補足資料を送付

24日 北海道拓殖実習所(中編)を配信

24日 沖縄県公文書館関係者が来室

22日 秋野暢子さんとの対談の件で関係者が打ち合わせに来室。

18日 東京恵比寿映画祭で本科学館副理事長岡田一男氏が語る

17日 北海道拓殖実習所(前編)を配信

15日 赤い羽根助成金のプレーヤーなどを地元の電気屋さんに発注

14日 著作権の覚書を文化庁へ

10日 北海道の沿革及び都市 後編

8日 国立国会図書館へ

7日 長野県伊那地方の祭り30編配信へ

4日 赤い羽共同募金助成金の通知が届く

3日 戦前の北海道関係映画(工業と鉱業編)を配信
[PR]
by rijityoo | 2012-02-03 09:58 | 活動報告 | Comments(0)
1月の活動報告
27日 NPO法人 地球映像プラネットのメンバーが来室

21日 三水会便り「2012年・国連国際組合念について」を骨の健康づくり委員会に掲載

20日 今週から金曜日に映画を配信、週刊フライデイとなる。

20日 朝やけの海配信。大和田獏さんの登場にはびっくり。TVにキャンデイの歌

18日 三水会に出席。被災者にDVDを発送、延年の舞、平安の幻想など。

16日 日本丸航海記の2枚焼き増しを、仲介者の森氏から

15日 三水会藤本氏の知り合いの方が、掛川から支援活動へ、10ボックス発送。

11日 流れと隆線を配信製作:日映科学映画製作所 企画:文部省 1963 モノクロ 26分25秒

9日 アンケートの集計と中間報告をWAMに発送

8日 盛岡市の小豆嶋さんと川口さんにDVDを発送

5日 伊豆沼・内沼のマガン配信 

2日 新年会 椿山荘にて
[PR]
by rijityoo | 2012-01-04 17:19 | 活動報告 | Comments(0)
12月の活動報告
28日 映像解析復活

26日 福井市ないの公民館で上映会、主催:ふくい科学学園、上映映画:振動の世界

24日 文化庁次長と図書館長にNHKに関する資料を送付

23日 DVDのみ配布用アンケート100通発送

23日 被災地からアンケート第一報届く。

22日 NHKおはよう日本首都圏でほうそうされる。効果40倍?

20日 SEVE IWATEにビール等の差し入れ

20日 群馬県立歴史博物館の後援団体の承諾依頼

19日 菅野氏(総合広告社)と阿部氏にDVDを発送

17日 事務室でインタービュウ

16日 NHKと横浜、東京で収録

15日 岩手は半歩歩き出すを配信

14日 三水会忘年会

9日 BSTBSがDVDを引き取りに来室

9日 NHK浦和支局飯野デイレクター来室

8日 音10選から蕪島のウミネコ配信

7日 神戸大学農学部で行われた産業技術史研究会で講演

5日 音100選の11作品を仮配信

5日 被災地に贈るDVDが完成

3日 被災地配布用りーふぃレットが完成

1日 サイトの掲載を事務室で行う。カテゴリのダブルブッキングも

1日 「デジタル復元への挑戦 よみがえる金色堂」を配信
[PR]
by rijityoo | 2011-12-01 17:00 | 活動報告 | Comments(0)
11月の活動報告
29日  来月のサイト更新の準備を

26日  ウインドウズ 7が始動

24日 「日本丸航海記」を配信

17日 「チビ丸の北支従軍と支那事変」を配信

12日 「よみがえる金色堂」限定版を中尊寺など14箇所に発送。

11日 日本丸航海記(昭和10年)VHSが届く。(森氏から)

10日 獨立行政法人福祉医療機構から助成金が届く

7日 国見先生が読売新聞で紹介される。

7日 文化庁へ

3日 「目のはたらき」を配信

1日 再生回数の推移を掲載し、活動を振り返リ、整理を始め26
[PR]
by rijityoo | 2011-11-05 10:53 | 活動報告 | Comments(0)
徳島県美馬市脇町中学校が映画を活用
脇町中学校で11年10月4日 重本哲也先生が活用。
b0115553_22135286.jpg
活用映像:東日本大震災巨大津波
[PR]
by rijityoo | 2011-10-07 22:11 | 活動報告 | Comments(0)
10月の活動報告
31日 森氏と東京光音でお会いする

28日 ロッテスノウ西社長らとお会いすることに

28日 沖縄県立博物館からデジタル化について問い合わせ

26日 徳島新聞に佐藤一夫氏紹介される

25日 徳島県美馬市重清西小学校で「カブトムシの研究」が教材として使用

20日 かながわの中の日本配信

20日 岩手日日新聞に掲載される。

17日 9月、10月活動報告をBCCで発信

15日 WAM 助成金決定通知

14日 NHKと日本テレビから映画の問い合わせ

12日 英国番組制作者から電話 非汗

8日 竹沢 和雄氏夫妻来室、サイト管理の話し合い

7日 フランスの某記録映画制作所からの問い合わせ

6日 脇町市立小学校で「カルピスの誕生」を使用

6日 HD化「よみがえる金色堂」を第450号記念作品として配信

5日 英国のある映画制作所から「福島の原子力」と「黎明」の使用願い

4日 脇町中学校で「巨大津浪」の映画を使用

2日 お別れ会に参列
[PR]
by rijityoo | 2011-10-03 07:24 | 活動報告 | Comments(0)
9月の活動報告
30日 岩波書店渡辺氏に仮設住宅実態調査を依頼

29日 「ヒロシマの顔」の配信

29日 美馬市教育委員会と科学映像館のアクセス制限解除の依頼

28日 HD化「よみがえる金色堂」DVDが届く

27日 よみがえる金色堂のHD化が終わる。東京光音関係者から鮮度抜群との電話

26日 NPO法人科学映像館パンフレットが完成

25日 WAM用新規口座を開設

23日 徳島新聞の取材を受ける

22日 道を拓くの配信を開始

19日 トップページにフラッシュを導入

15日 「灰のふる街」を配信。

15日 WAM助成金の振込み口座開設へ。謄本作成の為、法務局へ。

10日 山梨県昭和町風土伝承館館長の中野良男氏のご尽力で、 株式会社やまと 小林 久 から協賛金が。感謝。

9日 被災したフィルムの修復と復元を配信

8日 黒田プロダクシオンから「翔!カツオ鳥」届く

8日 WAMから申請書についての問い合わせ。対応は大変いい感じ。

2日 科学映像館サイトのトップページの写真表示に一工夫を

1日 NPO法人科学映像館作品リストを国会図書館等19箇所に送付
[PR]
by rijityoo | 2011-09-01 22:53 | 活動報告 | Comments(0)
8月の活動報告
31日 科学映像館は配信映画の作品リスト完成

27日 独立行政法人福祉医療機構助成金が採択の知らせが届く

25日 オーケストラの楽器を配信

23日 愛知大学文学部時実教授と指導学生が来室

19日 「流氷の街」再生可能の診断結果、配信許諾の手続きを依頼

18日 小島駅を配信 カテゴリなどの表示をトップページに移す。

17日 「よみがえる金色堂」のHD化を決め、センターから搬出へ

17日 産業技術史研究会から「流氷の街」が届き、東京光音へ転送

8月16日 カテゴリと製作会社をトップページに移動を発注

8月13日 堀尾氏から資料届く、精査の上返答

8月12日 10日のランキング

8月9日 「琴作り50年」を配信

8月9日 「小島駅」仮配信を開始

8月7日 科学配信映画一覧表の原稿を作成

8月7日 wam事業部へアンケート返答

8月6日 「琴作り50年」を仮配信

8月5日 科学映像館活動7月の活動便りを発信

8月4日 「デジタル復元への挑戦」を配信

8月2日 原発関係映画を元のサーバーに戻す。

8月1日 デジタル復元への挑戦を仮配信
[PR]
by rijityoo | 2011-08-02 13:41 | 活動報告 | Comments(0)
7月の活動
30日 川越こども大学かわごえと共催の上映会を開催。「よみがえる金色堂」100人親子が参加
詳細はこちら

28日 堀尾神戸大学名誉教授と森田国立民俗博物館名誉教授がご来室

27日 「火祭り」の配信と「教育映画」のカテゴリを新たに設け、教育映画30作品を掲載。

22日 国立国会図書館長長尾真氏と東大吉見俊哉副学長と「記録映画の保存と活用」に関する協議会を作り検討することに。

16日 ふくい科学学園で「振動の世界」と「あかり」が上映される。児童32名とスタッフ17名参加。詳細は8月中旬。

14日 新配信映画は雁ヶ腹摺山 438作品

14日 上映会の活動報告を掲載。

12日 徳島県美馬市三島中学校で「水車から電気へ」が授業に使用

12日 津波の映画を接続を容易にするため別サーバーに移動。

11日 Asahi.comで「大間原発と福島第一原発 40年のとき」朝日新聞GLOBE副編集長 村山知博 詳細はこちら

10日 骨細胞の映像が紹介される。

10日 巨大津波がAsahi.comで紹介される。詳細はこちら

9日 川越こども大学かわごえと共催で平23年度年賀寄附金による上映会を開催、生徒76名が参加。

7日 「糸は生きている」を配信

5日 川越市立第一小学校の伊藤校長と面談

1日 【朝日新聞】科学映像館津波映像 
岩手県宮古市の職員が撮影した大津波の映像が30日、ネットの無料サイト「科学映像館」 で公開されました。


1日 平成23年度年賀寄附金が正式に振り込まれる。早速活動を開始、9日と30日川越子ども大学で上映。16日ふくい科学学園でも使用予定

1日 川越教育委員会教育センターで科学映画の活用について話し合い
[PR]
by rijityoo | 2011-07-01 14:42 | 活動報告 | Comments(0)
6月の活動
30日 東日本大震災巨大津波の配信

30日 ふくい科学学園にDVDを発送

30日 宮古市役所広報課と配信映画について交渉

29日 朝日新聞宮古支局長伊藤氏から津波の映画について電話取材が。

29日 「糸は生きている」、「火祭」、「雁ヶ腹摺山(再編集版)」のデジタル化作業終了。みの電子に。

27日 東日本大震災巨大津波の仮配信を始める。10時間で1,700回再生。

26日 NPOふくい科学学園からDVDの使用申し込み。

25日 年賀寄附金配分の振込みの案内があり、早速、川越こども大学酒井理事長と美馬市の国見先生と打ち合わせを行う。

24日 報道ステーション 原発 わたしはこう思う。
東京電力の元副社長で福島第一原発建設の陣頭指揮をとったその他一般人がインタビューに応じた。
「福島の原子力」も使用される。

22日 宮古市広報課担当者から、同映画配信の許諾をえる。30日配信予定。

21日 「季節のない野菜」を配信

21日 さいたま市の川口氏から、宮古市広報課撮影の津波の映男が届く。

18日 東南アジアから上智大学に留学中の学生が「福島の原子力」について熱心な質問を受ける

15日 谷間の学校の配信を始める。434作品をご覧いただける。

15日 テレビー東京 経済ニュース番組「ワールドビジネスサテライト」で映画「黎明」・「福島の原子力」が使用される

13日 ジャムシステム佐伯氏と話し合う。しかし基本的な点で隔たりがあり、歩み寄りは厳しいか

12日 2007年5月以来の再生回数が70万回突破

9日 山梨県の出身の根津氏が「糸は生きている」など3作品を東京光音で試写、デイジタル化へ

8日 テレビ東京報道局山本氏と「福島の原子力」の使用について打ち合わせ

6日 城西大学真野博教授と上映会の打ち合わせと執筆依頼

4日 美馬市の元中学校校長国見武男氏に上映会の企画を依頼と執筆依頼

2日 ジャムシステム佐伯義文社長と日本科学技術財団で山元常務理事とともにお会いし、配信映画の今後についてご意見を伺う。

1日 科学映像館サイトの一部改造をTIC net依頼、教育映画をメニュウに加える。
 
[PR]
by rijityoo | 2011-06-13 08:04 | 活動報告 | Comments(0)