久米さんの科学映像便り
rijityoo.exblog.jp
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
ブログジャンル
ランキング参加してます♪
記事ランキング
最新の記事
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
プロフィール
科学映像館理事長の久米さん。映像遺産を守り、生かすための日々!
ファン
画像一覧
<   2008年 01月 ( 18 )   > この月の画像一覧
生きているパン、近々配信予定


  戦後、小林氏らによる科学映画の第一作、(生ているパン、1974年)が日本で最も古く、ニュウス映画を始め、戦後復興の様子追いかけられ、多くの名作を制作された旧日本映画社のご好意によって近々本映像館で配信される予定。ご期待ください。
[PR]
by rijityoo | 2008-01-30 21:47 | Comments(0)
1月のランキング発表!!
1月のランキングを追加しました!

b0115553_144433.jpg

68の車輪は依然好調である。3ヶ月で3000人をこえる。

2007年8月~2008年1月の月間視聴数


b0115553_9515618.jpg


 5月以来の視聴者数は、1万人に。とにかく1970年以前に制作された映画を多くの方に観てもらい、活用してもらわないと、制作者の意に報えないのでは。関係者のご理解をお願いしたい。科学映像館は、会員と企業の協賛で運営しており、配信映画からの収益は考えていない。
購入希望者には各映画の制作社をご案内することとしている。
[PR]
by rijityoo | 2008-01-30 14:37 | Comments(0)
当日も可です、第2回上映会

  20名ばかり余裕があります。当日も参加可能と思います。あふれた場合はごめんなさい。
 先着順か、抽選か考えます。
[PR]
by rijityoo | 2008-01-30 09:40 | Comments(0)
68の車輪の撮影者、上映会にご出席の予定
 
  今回、上映予定の話題作、(68の車輪)撮影者の春日友喜氏が上映会にご参加の予定です。懇親会で、撮影の苦労話などがお聞きできるかも。後ほどホームページにもコラムをお願いしました。
[PR]
by rijityoo | 2008-01-29 13:06 | Comments(0)
第2回上映会締め切りせまる

第2回科学映像館主催科学映画の上映会ー甦った50年が1月31日6時半から映画美学校試写室で開催されます。甦った科学映画がハイビジョンで上映されます。御参加下さい。
参加費無料です。生命誕生、68の車輪など他2編上映予定。
[PR]
by rijityoo | 2008-01-28 09:44 | Comments(0)
配信中の北の動物家族からの一考

スーパーTV  5夜連続シリーズ、北の動物家族を観てびっくり。内容も充実。

東京シネマ新社とテレビ東京の共同制作ではないか。しかも1984年作とある。ここ15年余りでこんなにテレビ界も変ってしまったとは。最近、観るに耐えられる番組がNHKすらない。新会長さん最後の仕事と就任挨拶で述べられていたことを忘れないで。

          
[PR]
by rijityoo | 2008-01-26 12:13 | Comments(0)
謝罪会見はもう見たくない

  10年前に日本では謝罪会見はが始まったかと思う。拓銀、山一証券、三菱自動車などなど、業界のトップ企業が次々と。収まるどころか、日常茶飯事に。もういい加減にしろと思うのは筆者のみではと。企業だけではない。官庁もせいふもはもっとひどい。天下りの   機構の実態。

  事件事故は起こるもの。しかし2度同じことを繰り返すのはどうかと思う。JR西日本の例がこれにあたるのかも。教訓が生かされていない。各企業は新入社員への十分な研修が。

  また記者会見は2度行わないことが鉄則らしい。事故の原因を十分調べ、今後どう対応するのか。アメリカの某製薬会社は、原因の究明と今後の対応を社長自らテレビで放送、ピンチがチャンスとなったことがあったように思う。日本文化化かもしれないが、当時者に実態を知らない社員がまず謝る。これは賢明ではないらしい。

  最近最も許せないのは、再生紙事件。些細なことかもしれないが、エコのためと思い高い再生紙を使っていた個人。官庁の系列によって再生紙を多く使用していた会社も。旧厚生省は全て再生紙であったと思う。偽装と人の心をもてあそんだ製紙工場。マスコミもシラットしているのはなぜ。
[PR]
by rijityoo | 2008-01-24 21:57 | Comments(0)
昨日、配信開始以来の視聴者が
昨年5月、科学映画の配信を開始以来の総視聴者数が8、272人,1,247時間ご覧になられ、大変好評を頂いている。昨年12月少し減少したが、1月に再び増加の傾向が。

特に昨日は配信開始以来最高の視聴者が。ちなみに視聴者数、462人、視聴時間、92時間と、信じられない多数の方が。世界の経済と異なり、足を引っ張る材料もなく、68の車輪と生命誕生を中心に右肩上がり。昨日の68の車輪の視聴者、276人方が62時間と、再びこの映画に第2波の予兆が。

  第2回科学映像館主催科学映画の上映会のー甦った50年ー甦った50年のお知らせ

  68の車輪と配信開始以来、常に上位にランクされてきた生命誕生と
The Bone II、新しくHD化したパルスの世界の4作品を高画質で再生上映の予定。
ホールの大スクリーンで甦った50年前の作品をお楽しみください。

場所:映画美学校試写室〔東京都中央区京橋3-1-2
日時1月31日(木)午後8時半から
問い合わせと申し込み:049-263-0687

2月8日の事務所移転と上映会の準備におおわらわの毎日。これも道楽でやっていることですから。
[PR]
by rijityoo | 2008-01-22 09:59 | Comments(0)
スタッフに第2子が

 ホームページおよび、その他の事務管理を担当しているスタッフに第2子が。そのため、少々
ホームページの掲載が遅れます。あしからず。
[PR]
by rijityoo | 2008-01-21 16:54 | Comments(0)
ご冥福をお祈りいたします。岡田善男先生


細胞工学の父、岡田善男氏死去の報に接し愕然とした。頑張って下さいの年賀状を頂いたばかり。先生には大阪大学時代から公私共に本当にお世話になった。お会いするごとに、今どんな研究をしているのか、それでと聞いていただいた。どんなにお忙しいと時でも十分時間をさいて心から対応していただいた。

  小林米作氏の生命科学に関する科学映画の制作にも大変なご関心を示され、千里ライフセンター内に、訪問者とともに生命の神秘に触れられる場、小林米作スタジオ構想もたれたこともあったが、バブルの崩壊で実現に至らなかったは残念。

  そんな関係もあり小生らが始めたNPO法人科学映像館を支える会にも顧問としてお心使いいただいた。昨年7月のこと。少し体調を崩しており、大したことは出来ないがのお手紙を。そして年賀状の頑張って下さいが最後とは………。

  先生のお言葉を胸に、一遍でも多くの科学映画の名作を未来に贈る覚悟をあらたに。
[PR]
by rijityoo | 2008-01-17 10:08 | Comments(0)