久米さんの科学映像便り
rijityoo.exblog.jp
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
ブログジャンル
ランキング参加してます♪
記事ランキング
最新の記事
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
プロフィール
科学映像館理事長の久米さん。映像遺産を守り、生かすための日々!
ファン
画像一覧
<   2008年 04月 ( 20 )   > この月の画像一覧
年間作品別視聴ランキング

  配信始めて1年が過ぎましたが、16,000人の方に観ていただけるとは、予想外の結果。
1960年前後に貴重な映画が多数制作されたが、観る機会が少なく今日に至ったのでは。16ミリフィルが中心で、各地の図書館、博物館などで管理されてきたが、メデイアフォーマットも進化し次第に観る機会が失われ、管理もままならぬ状態に。もったいない話。

  科学映像館のデジタル化しインターネット配信で、これらの映画を始めてご覧になった方も大変多いとのこと。科学映像館の活動も予算面、情報量にも限度があり、また版権問題もあり、やっと120数編の映画の配信を。配信中の映画で皆さんのご関心はと、100人以上の方がご覧になった作品をまとめたのが下記の表で14編である。
 
               年間視聴者ランキング《100人以上)

                68の車輪            4,151《人)
                花開く日本万博         1,465
                生命誕生               515               
                沖縄久高島のイザイホウ 1   349
                潤滑油                328
                ガソリン                325
                ミクロの世界             283
                原子力発電の夜明け        251
                The BoneII             241
                科学の眼 ニコン          199
                鋳物の技術              195
                あるマラソンランナーの記録    152
                マリン スノー             104
                深海3572mに生きる        102

  岡田桑三、小林米作、吉見 泰氏らによる代表作は、さすがである。特に生命誕生は、
第3位にランクされている。配信数カ月後なんらかの要因で、脚光を急に浴びる作品も
もあり、今後がたのしみである。68の車輪はまとない素晴らしいドキュメンタリー映画。企業戦士の情熱、撮影者との葛藤など。見ごたえのある作品。しかしこの映画がここまで延びたのは、2-ちゃんねるの媒介とニコニコ堂で配信《ルール違反?)されたことが大きく影響したようである。

  この1年間で16,000人の方に、ご観ていていただいているが、1,2位の作品に約5,500人と集中。他の12編を観ていただいた方が、3,000人弱。したがって約半数の方は上記以外の作品を幅広くご覧になっていることになる。

  最後にこの1年間、ドキュメンタリー映画を配信して、皆様からのメイル、ブログなどを介していただいたご意見をまとめると。まず始めてみる機会が得られたことに感謝と感激。多数の方が配信映画に、会社のCMを超えた技術の伝承の大切さを痛感。特殊な撮影の手法でえれた生物の神秘に接した映像に感動。沖縄の神事、イザイホウ、東北地方の祭りなどに、強い関心が。原子力発電、川の浄水関係の映画,東北地方の農業にも。これらは単なる郷愁だけではない。

 また君原健二さんを描いたマラソンランナーは、挫折したアスリートに大きな勇気と教訓を与えているのではないかと思う。他の映画と異なり、視聴回数と時間が異常に多いのである。あるカットを繰り返し繰り返し見ているように思われる。とにかく1編でも貴重な映画を残し生かしたいと。みなさんのご協力を。

  
[PR]
by rijityoo | 2008-04-29 11:07 | Comments(0)
年間視聴者数と視聴時間

  昨年、科学映像館は4月1日発足、5月からHD,SD化映像の配信を開始した。最初は配信映画数も少なく、半年間は一ヶ月200人前後の足踏み状態。10月から倍増、11月68の車輪の配信で一挙に30倍となる。以後2000人前後の視聴者数が維持されている。また時間もゆっくりと時間をかけてご覧になる方が多くなっているのは嬉しい限り。こんなに多くの方が観ておられるのは、配信映画のジャンルが幅広くなったことも要因となっている。

  最近、ドキュメンタリー映画に関する情報、資料が持ち込まれるのも大変嬉しい限り。またテレビ局、大学、雑誌社の問い合わせも増えてきた。さらに多くのブログに科学映像館への応援メッセージが。NPO法人科学映像館を支える会の活動が徐徐に認知、評価し始めてきたようである。今後も、科学映像館活動のご理解とご支援をお願いしたい。

  しかし、各地の行政機関、博物館、企業に多数の貴重な映画が、管理が大変難しく、倉庫に放置されていることもあると聞く。特に市町村合併の際、廃棄されたとも。こうした映画の情報を是非、お知らせいただきたい。

  下記のグラフは配信1年間の視聴者数,視聴回数と視聴時間である。月末には好評映画のランキングをお届けしたい。

      視聴者数(ー●ー)   視聴回数(-●-)  視聴時間(ー●ー
b0115553_109977.jpg

[PR]
by rijityoo | 2008-04-28 10:42 | Comments(0)
今年の我が家の庭はまずまず?
  昨年隣のおじさんが手直し、ウッドデッキをテラスに。植栽の刈り込みをしてもらった我が家の庭。ここ数年来のいい感じ。白のもっこうバラがパーゴラ一面に。
b0115553_9535521.jpg


  数十株の多彩な種類のクリスマスローズが、咲き誇っている。意外と管理が楽で、落ちた種子から新しい株が。3年目頃から花が咲き始める。




 10年前のクリスマスローズは、葉っぱの下に花をつけ、色も紫のみで目立たなかったが、品種改良で花が葉の上に。花の形、色も多種多様。楽しめる花に。
b0115553_9541635.jpg

  アーチに植えているバラ、ロココとアンジェラは春の我が庭のポイント。つぼみが膨らみ始め,庭を飾る日も近い。数十株のばら、今年は楽しめそうである。イングリっシュ、オールドあり、朝庭に降り立った時のほのかな香り。



  バラに次いで我が家の庭には紫陽花が。青、ピンク、白。品種が多くなり、なかでも柏葉紫陽花は最高。

  消毒、草取りは大変であるが、手をかければ報いてくれる花達。朝数種の鳥が、芝を楽しみ、ある鳥りはポンドで水遊び、なごみの時間である。

骨の健康づくり委員会の活動を始めて足掛け8年、科学映像館が丸1年。活動の性格は、
異なるが、根気と忍耐を要する仕事。しかし、セミナーの参加者からの感謝の手紙、電話。次回何所で何時の問い合わせに、講演者らにお願いし、予算を工面しながら26回のセミナーを各地で。

  一方、科学映像館活動、古い貴重なフィルムを掘り起こした時の感動と視聴者からの感動したとか、映画に関する情報が各地から。予算の裏づけもなく、配信の準備を。道楽の気分の毎日。
[PR]
by rijityoo | 2008-04-26 11:54 | Comments(0)
会員と賛同者をHPに、本日配信の映画は旧金ゲ崎町企画3部作


  NPO法人科学映像館を支える会の個人会員と賛同者の1欄表をホームページに掲載し、皆さまのご協力に感謝の意を。

  当方の不手際で記載漏れ、誤りなどがあればお申し出でを。また新たなお申し込みをトップページからしていただけるように。さらに貴重な映画に関する情報、提供のお申し入れも御願い。

よみがえる農民魂、むかしの暮らし むかしの農業,旧金ゲ崎長農協が企画し、制作した三部作。先祖代々の農地を守り、特に厳しい冬の期間の農業生活の記録。押し寄せる工業団地化、住宅地化への対応。青年が故郷で米穀の生産から果物、酪農、養豚などに共同で取り組んできた農業が、何時しか大型農業化に変換。米、大豆のみの生産へ、しかも国産の
大豆は、わずか5%と。食料自給率39%の日本の野業を見直す時では。
[PR]
by rijityoo | 2008-04-25 17:26 | Comments(0)
理科離れと科学番組


  近年、学童、一般市民の理科離れが、懸念されている。2004年内閣府が行なった 科学技術と社会に関する世論調査で、(科学技術に触れることの面白さが感じられなくなっている)と言う意見についてどう思うか、との質問について。
 
  平成1平成7年の29.1%に対し、平成16年ではそう思うが44.9%と僅か10年間で2倍弱に増加している。この傾向は若いほど高く、10歳代では54.5%と半数が。ちなみに50歳台では38.4%である。(資料:内閣府の科学技術と社会に関する世論調査、平成16年2月)。

  何が原因であろうか?これは通常市民が、触れているメデアによるのではと推察される。2006年のGooリサーチでは、一番科学技術を得ているのはテレビと回答した人が、圧倒的で実に84%。次いでインターネットが72%、新聞が60%となっている。今後益々インターネットの利用が多くなると推定される。ITの質と活用が重要課題になるであろう。企画側にも問題があると思うが、利用側の判断能力が。道路公団のある1億円のリポートがIT資料丸写しとはね。

  文科省が、2004年に調査した結果でも、科学に関心を抱いた気掛けは科学番組と答えている。そして市民はわかり易い科学番組の制作と放送を60%の人が望んでいる。しかし現状は如何がなものか?テレビジョンのチャネルは増えたが、科学番組は減少の一途を。科学番組の放送も少なく、いい番組も少ないためか、視聴率も平均0.3%と嘆かわしい現実。

  その原因は、ワイドショウとお笑い番組全盛の今日。時には、ニュウすとワイドショウの区別がつきにくいことも。この人がコメンテイターと?思われる番組も多いこと。受信料により制作されているNHKは、もっと番組の内容に配慮を願いたいものである。
[PR]
by rijityoo | 2008-04-24 12:14 | Comments(0)
皮膚を科学する、資生堂第2作配信開始


  第1作のThe Skinn についでの第2作、皮膚を科学するの配信。ご存知のように真皮に裏打ちされた上位細胞が私達の体をカバーしている。上皮細胞は、体の部位によって形も、厚さも異なる。上皮の特徴は細胞と細胞が密着し、細胞間は物質が通過しないこと。顔の皮膚は数層の細からなり、最深部の細胞,基底細胞が分裂、増殖しながら表面に向かって角化しながら移動して表面から剥離していく仕組みになっている。したがって顔の表面むやみにお化粧しても真相には浸透しないと思う。表面が潤うだけであり、皮膚呼吸を阻害することもある。

  この映画では、皮膚の健康、特に最表層の角化層の細胞を阻害する因子、例えば紫外線の影響などににメスが加えられ、各方面から科学的に調べられた結果を示している。日頃の皮膚管理の参考になるのでは。

  第2点は真皮の役割についてである。先ほど述べたように表皮の裏側を支えている真皮。真皮中のコラーゲン線維の異常な状態が、皺の原因であることを、この映画は明に。しかも人工的真皮をガラスのなかで作成、上皮細胞との関係を究明するシステム、人工的皮膚を硝子内で示したした世界で始めての映画である。

映画はこちら から
[PR]
by rijityoo | 2008-04-22 12:40 | Comments(0)
良い抹茶は形も美しい
  先日、外郎売りと茶の湯でご紹介した抹茶に関する追加資料である。野口さんの探求心にまず感服。先日の三水会便りで、野口さん良い抹茶は、微粉末が均一で約9ミクロンミーターで、リンパ球の大きさであり、これが抹茶を楽しむ際の泡となる要因。しかし100ミクロンミーターのメッシュで選別した粗悪な抹茶は大きさが、ばらばら。50-100ミクロンミーターであると。

  今回、野口さんは両者の抹茶を走査電子顕微鏡で撮影。大きさの差だけでなく、良い抹茶は、形がほぼ一定で、球状で大変美しい微粉末。一方粗悪なものは大きさもばらばら、岩石のようにごつごつした粉末。両者の差が一見してお分かりと思う。茶道の教本は数々あれど、抹茶自身に触れているものは見当たらない。

  食材の粉末化の差でその性格が大きく変わるとのこと。例えば10割そばでは、つなぎの粉を加えないと、パラパラであることはご承知のとおり。一定の微粉末では、つなぎ粉は不要とのこと。しかも最近低温の微粉末化が検討されているとのこと。含有成分の活性が損なわれる割合が少ない利点もある。、食品の味覚だけでなく、有効成分保存の点からも粉末化には一考を。
b0115553_14253899.jpg

[PR]
by rijityoo | 2008-04-21 13:50 | Comments(0)
今月の三水会便りは新日本石油海外調達部 部長 藤原佳代さんのお話
 
 NYの原油価額は114ドルを超え、最高値を毎日更新。ガソリンもレギュウラーで  150円台と自動車使用者は、他の商品の値上げとダブルパンチの春である。
 
 今月の三水会では、25ドル前後で永らく推移していた原油が、2004年を境に急激に上昇、丁度三水会の日は114ドルと最高値を。この高値の原因などについて、三水会会長村沢氏のご紹介で新日本石油会社副社長 加藤氏と海外暢達部部長 藤原さんのかってのコンビにお話いただいた。

  話の内容は、骨の健康づくり委員会の花の雑学三水会便りに近日掲載される予定である。ここでは本論は避け、私たちの身近な話題をQ&A形式でまとめてみると。
 
 Q 地球の原油埋蔵量は?そして何年くらい使用できるの?
 
 A 1980年ごろから40年と聞かされてきた。しかし2000年でも40年、多分2050年になっ    ても40年。その一因は、炭鉱/回収技術の進歩によるらしい。現有確認埋蔵量は、       1990年;1兆バレル、2006年:1.20バレルと増加しているとのこと。 余談であるが、原   油で使われる単位、バレルは1缶、179リッターとのこと。

   原油の40年分以外に、オイルサンド《砂に混じっている原油)が約50年分。さらにオイ     ルシェル(岩中オイル)が約130年分埋蔵されており、現状の推定量で今後230年は大丈   夫とのこと。ご安心あれ。

 Q  バイオ燃料とか燃料電池とか盛んに話題になっているが?

 A  食料会社などの投機なものが加味されているのではと。食品の値段がこんなに影響しては、多きな問題。今後200年の間に人の英知はもっと     優れた他の代替エネルギーを生み出すであろうと。

 Q では日本の備蓄量は?

 A 国と民間の備蓄量で、一滴の原油が輸入されなくとも半年間は確保されているとか。とい    って 戦争などによる原油の無駄使いは、決してあってはならないと。世界的にも供給量    は、需要量より多いとか。政府、役人の発言が、こんなに信用できない国、日本とは?また   原油精製なんて何所の国にも大差ない。日本のガソリンではなければとのせいふの説明   も?本当にお人よしの国、日本。

 Q 高騰の要因は?

 A 原油需給のタイト化:産油がほとんど国営化、供給不安:トルコ/クルドの衝突、対イラン制   裁強化、ドル安:投機資金流入などが要因らしい。いずれにしても国家間のエゴが最大要   因?アメリカは原油量の最大輸入国といっても、半分は自分でまかなえる国。石油支配も
   テキさんの顔がうかぶが、如何?
 

 Q 原油の値段の今後は?

 A 最大の原油輸入国はアメリカが第一位、第2位が日本であるとのこと。アメリカ次第である   が、買い手にも限度があり、来年半ばまでこの値段が。しかし諸種の事情で50ドル以下に   なることは困難で70-80ドルに落ち着くのではと。日本の原油使用量はここ10年減少傾   向とのこと。

  今日お話いただいた加藤副社長は採掘の責任者。ここ掘れワンワンの地域は、中東、ソ連などが抑えておる。日本のように全て民間会社が、発掘できる地域は限られており、メイキシコ湾の海底3,000ミーターからさらに2,000ミーター掘り下げると。技術が進歩したとはいえ、一箇所の採掘に2,000億円の投資、しかもまだまだ確立は低く、弥彦神社参りも。調達部の部長藤原さんのお仕事は、毎日、タンカー半隻分の買い付けを。この量は日本の25%量に当たるとか。女性の決断力が勝っているのではと感じた。
[PR]
by rijityoo | 2008-04-19 15:00 | Comments(0)
第1回総会で来年度活動方針が

  3月15日NPO法人科学映像館をさえる会の総会が開催され、2008年度の活動方針が確認された。

 活動方針
 
 (1)配信映画
   資生堂企画HD化作品30編と野尻湖発掘記録など20編計50編の配信を行う。
 
 (2)上映会
   科学映像館主催上映会を川口市スキップシテイと東京の某会場で行う。
   7月18日札幌と11月8日前橋で行われるほねの健康づくりセミナーで上映。
   その他の機関とのジョイント上映会、DVDの貸し出しを積極的に行う。
 
 (3)一柳氏らのオリジナル曲の編集と保管

 (4)パンフレットの制作と配布による本映像館の普及

 (5)各ジャンルの秘蔵映画の発掘と配信依頼を行う。1970年以前で貴重な映画をお持ちの    方は配信の機会をお願いしたい。

 予算の獲得

 (1)会員の年会員1口4,000円。そのため振込口座を開き会員に送付。
   払い込まれた方には パルスの世界、The Bone II、生活と寸法、花開く日本万博などを収録限定版を  贈呈

 (2)企業への協賛を依頼とバナ広告のお願い

 (3)助成財団への申請:埼玉県NPO文化助成金、日本財団、お年玉葉書助成財団など

  個人会員、助成金、協賛金などで皆様のご協力をお願いしたい。
[PR]
by rijityoo | 2008-04-18 21:35 | Comments(0)
資生堂企画映画の配信開始
 

  本日から資生堂が企画、ヨネプロダクシオン制作映画の配信が、始まります。第1作The Skin。1972制作の皮膚に関する本格的な科学映画。資生堂の前身は製薬会社であり、10%近い開発費をかけて化粧品の開発を開始したとのこと。現在でも最低8%の開発費を(製薬会社の開発費が最高で15%ぐらい)。

  テレビコマーシャールなどで華やかに見えるが、科学的研究を充分に行っている。さすがだなとなと。皮膚についてあらゆる面から科学的に研究を進め、安心と安全をもっとうに化粧品を開発している姿勢がうかがえる。

  今後、30年にわたり制作してきた資生堂の作品を順次お届けしたい。科学的なものばかりでなく、女性には欠かせない文化面の作品も。女性文化史ー平安の幻想、葵祭、においの秘密などなど興味深い作品が多い。御期待を。
[PR]
by rijityoo | 2008-04-18 11:29 | Comments(0)