久米さんの科学映像便り
rijityoo.exblog.jp
カテゴリ
ブログジャンル
ランキング参加してます♪
記事ランキング
最新の記事
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
プロフィール
科学映像館理事長の久米さん。映像遺産を守り、生かすための日々!
ファン
画像一覧
<   2008年 06月 ( 29 )   > この月の画像一覧
先日、大阪大学名誉教授小野哲郎先生ご執筆のご本が贈られる

  1980年前後、坂戸市に新設された城西歯科大学に赴任した,小生の研究室に多数の先生方に来ていただいた。小野先生もわざわざお一人で。元帝京大学の遠藤先生、岐阜医科大学学長を今春おやめになった黒木先生、元京都大学の竹谷先生。市原先生は何回も来られ、我が家に泊まられたことも。阪大の岡田先生が主催された学会では、Roseの環流装置のデモンストレイションの機会を作っていただいた。

  骨の研究が、本格的に始まったころであり、小生が帰国時、Roseの還流装置を持ち帰ったことと、小玉博士が樹立した骨芽細胞を使って研究を始めたことによる。

  大阪大学医学部整形外科教授をご退官後、住友病院長としてご活躍になっておられた。その小野先生から最近お書きになった一冊のご本(大阪大学出版会)。医学がヒーローであった頃ーポリオとの闘いに見るアメリカと日本ー。ここが原点となり、今日の日本における医学教育、医療問題にと。医学関係者必読の書である。
詳しくは
b0115553_13254611.jpg

[PR]
by rijityoo | 2008-06-30 22:59 | Comments(0)
配信映画の視聴者数が、2万2千人をこえる

  6月、3日残して4千人。配信開始、最初の半年間、毎月250人前後であったが、。昨年11月、68の車輪で一挙に10倍。そして今月4千人を超える。視聴者数ばかりでなく、視聴時間も大幅に増加。本当に幅広い作品をゆっくり観ていただいている。39%の食料自給率、ぎくしゃくした今日の社会などから、昔の暮らし、昔の農業、 寸法と生活、窓開くなど昔の生活に関する映画に多数の方が共感を。

  科学の眼 ニコン、鋳物の技術、68の車輪など技術の伝承に関する映画も好評。ツツガムシ病などのあまり耳にしなくなった病気に関する映画。東京オリンピック開催の話題、科学の祭典、闘魂の記録なども。

  資生堂企画の皮膚に関する映画も、徐徐に視聴者の関心を。季節ですか、尾瀬が急激に
増えてきた。さらに4万年前のロマン、野尻湖発掘の記録の映画は、視聴者数は10位であるが、時間は2位と,健闘。夏休みの訪問者が増えてくれればと(?)。

  昨年5月1日、第一作の配信映画、生命誕生は、ベスト10以内を持続しているのは、さすがである。
[PR]
by rijityoo | 2008-06-29 22:17 | Comments(0)
小林米作氏、ミクロの挑戦について語る

  1996年4月(他界される数年前)、株式会社アイカムに招かれた科学映画の父、小林米作さん。ミクロの世界に挑んできた小林さんがアイカムの若い人(孫弟子)を前に語った最後の映像。来週、配信予定。乞う期待。

  話は、我々と一緒に撮影したOSTEOCYTEを題材に。先生に聞いても分からないんだよねと。この先生とはどうも筆者のことらしい。最後まで小林さんに謎を投げかけたらしい。しかしこの謎への挑戦が科学映画であり、教育映画との違い。

  このブログ、理事長のひとりごと、書き始めて1年弱。202回、最初は週3回を予定していたが、ほぼ毎日。約6,000人の方に読んでいただいた。科学映像館の生い立ちから創設まで。異分野の仕事で、種々、迷惑をかけたこと。それぞれの映画完成までの舞台裏。また配信までの苦労話。配信映画の意外な視聴結果などなど。

  この1年間、多くの方に接し、多くのことを学ぶ機会も。そして映画の制作に掛ける情熱と個性の豊かな人々に接し貴重な経験を。

  
[PR]
by rijityoo | 2008-06-27 23:18 | Comments(0)
梅雨の季節、義歯との付き合い、もろもろ

  先日も触れたように、我が家の庭,アジサイが満開。二階の書斎からの眺めは、中々なもの。バラ、アジサイとクリスマスローズが、われわれの自慢できるもの。

  先週、金曜日、下顎に取り外しの義歯を装着。先生が上手なのか、まったく違和感なく美味しく食事を。昨晩も立ち寄ったが、特に調整なく、また来週と。ここで打ち止め、毎日気をつけてくださいねと。一応歯科医でありながら恥ずかしい話。
 
  恥ずかしいと言えば、政府、中央官庁、会社、学校での恥知らずの話題、毎日事欠かない。後期高齢者保険制度、派遣社員、居酒屋タクシー、食品偽装問題などなど。

  2008年度政府の骨太方針、これでは選挙に勝てない。自民党殿、総選挙に勝つために政治しているの。マスコミももっともらしく報道しては?子供達に胸をはって対応できる大人がいるのだろか。

  われわれの活動でも、科学映像館の名称は使われるは、配信映画の無断配信、転載と。不愉快な毎日。でも前向きに活動するしか仕方がない。
[PR]
by rijityoo | 2008-06-26 11:05 | Comments(0)
科学映像館活動のご理解、ご支援を

  
  NPO法人科学映像館を支える会は、ドキュメンタリ映画、特に科学映画の名作を、版権保持者の許諾をえて、フィルムの修復、デジタル化、その普及と活用、さらに未来遺産にと昨年4月発足。7月正式にNPO法人として認められ活動している。
 
  今日までに140編の科学映画を整備し、インタネットで配信中。約2万1千人がご覧になっている。昭和初期の映画、生命科学から社会科学まで幅広いジャンルの映画を大きな画面で観て頂いている。だれでも、どこでも、いつでも自由に観られる映像アーカイブサイト。そしていついつまでも観られるサイト、すなわち、未来遺産にすることが、映画関係者の責務であり、科学映像館設立の目的である。

  最近、サイャンスジャーナリスト松浦晋也のL/Dサイトにも、素晴らしい2つの画像アーカイブの一つとして、科学映像館が過大な評価をいただいた。配信映画の内容もしかりであるが、スタッフロールを始めとする、配信映画の周辺情報も充実しているとのおほめの言葉が。

  最近、当館を取り上げるサイトが随分と増えてきた。ありがたい。主なサイトは、

新美"にみにみ"清司のウェブログ
sightSong
はてなブックマーク-お試ししてみる / 動画

  また皆様の映画に関するコメントも欄を設けた。是非、作品に関するご感想、ご意見をお寄せいただきたい。映画とともに次世代に送り届けたい。

   
  科学映像館は、一方、昨年2回当会主催の上映会を川口と東京で開催。骨の健康づくり委員会と共催による上映会を5回。8月蓼科で小林健次氏のバイヨリンリサイタルとのジョイント上映会。さらに山形国際ドキュメンタリ映画祭、奈良先端技術大学院大学の上野でのイベントにDVDを提供と、多彩な活動を展開している。

  これらの活動は、一般会員、個人のご寄付と企業のご支援で運営されている。ご支援いただいただいえている方々に心から感謝。しかし経済面では厳しい面もある。会員の皆様のご理解、ご支援を切にお願いし、また科学映像館の活動に、ご賛同いただける方のご入会、ご勧誘をいただきたい。世界に冠たる貴重な映像を皆様とともに未来への贈り届けようでは。

  なお会員及び新にご入会いただいた方には、3編のHD化作品と68の車輪を収録した限定版をお贈りしている。


< 入会ご希望の方 >
 会費: 一口 4,000円~

銀行でのお振込み
埼玉りそな銀行  霞が関支店 
        (普通) 
口 座 番 号:3970913
口 座  名 :科学映像館を支える会 久米川 正好

=================================================

郵便局での振込み
口 座 番 号:001206502914
口 座 名  :NPO法人科学映像館を支える会

払込み票をご希望の方はお手数ですがご連絡ください。
電話番号:049-261-9500
メール:kumegawa@hone-kenko.org
[PR]
by rijityoo | 2008-06-24 11:25 | Comments(0)
新美"にみにみ"清司のウェブログで68の車輪紹介

  新美"にみにみ"清司のウェブログ(06-12)で68の車輪と科学映像館が紹介される。科学映画の配信が多いので楽しみなアーカイブ画像サイトと評価される。最近、科学映像館を丁寧にご紹介していただくサイトが急増。
  
      nimi.cocolog-nifty.com/weblog

  ネットこみもあってここ2日間、配信映画の視聴者も急増、各449,444人。科学映像館の一層の活動が期待されている。スタッフ一同、一層努力。
[PR]
by rijityoo | 2008-06-24 07:10 | Comments(0)
はてなブックマーク - お試ししてみる / 動画に科学映像館が

  表題の検索サイトに科学映像館と東京光音が紹介される。特に生命科学としてThe Bone I,IIと破骨細胞が取り上げられる。

http://b.hatena.ne.jp/ma_ko/%E5%8B%95%E7%94%BB/
[PR]
by rijityoo | 2008-06-23 11:22 | Comments(0)
我が家の庭はアジサイの季節

 
  関東も本格的な入梅。本年は宮城、岩手県の罹災地が心配。昔の雨はしとしとと趣き豊かであったが、最近の雨は、局所的でバケツをひっくり返したごとく。

  我が家の庭もバラは一休み、アジサイが。山アジサイなどと異なり、改良された白で大輪の柏葉アジサイ、城が崎アジサイなどが中心。これが終わると2回目のバラが。

  先週金曜日、下額に取り外しの義歯が。何とか食べられそう。歯の大切さ、いまさらである。
[PR]
by rijityoo | 2008-06-23 11:10 | Comments(0)
科学映像館、Newsingに紹介される

  科学映像館は、社会的貢献といえば、会社の商品をCMとしてでなく、技術史を雄弁に物語る良作を無料配信サイトと、Newsingが紹介(2007-12-17)。

http://newsing.jp/daily/20071217?&start=70
[PR]
by rijityoo | 2008-06-21 17:46 | Comments(0)
野尻湖の発掘の記録、健闘


  5月初旬に配信を始めた野尻湖発掘の記録、視聴者数は5位、69人であるが、視聴時間
24時間と健闘。第3位である。ちなみに68の車輪は相変わらずで第1位、507人、115時間。
花開く日本万博は、107人(2位)、22時間(3位)であり、他に20時間以上観られた作品はない。
 
  4万年前の太古への夢。何万人もの市民が参加して発掘した調査は、世界にも例がないとのこと。この作品もドキュメンタリならではの貴重なもの。

  科学の眼 ニコンでも会社自身に作品に描かれた当時の器具が残っていないとか。科学映像館で配信中の映画には、貴重な資料を記録しているものが多い。いついつまでも贈り届けたいものである。
[PR]
by rijityoo | 2008-06-21 09:57 | Comments(0)