久米さんの科学映像便り
rijityoo.exblog.jp
カテゴリ
ブログジャンル
ランキング参加してます♪
記事ランキング
最新の記事
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
プロフィール
科学映像館理事長の久米さん。映像遺産を守り、生かすための日々!
ファン
画像一覧
<   2008年 07月 ( 26 )   > この月の画像一覧
最近また科学映像館で配信中の映画が転載される

  1月ごろ当映像館で配信中の映画、68の車輪がニコニコ動画に無断で転載された。版権侵害と配信禁止を申し入れ、一時期、当館の配信映画の転載は収まっていたのであるが、再び転載が。東京シネマ社の鋳物の技術、潤滑油と旧金が崎町企画の昔の昔の農業である。

  版権保持者から許諾され、高質の画像を多くの方に知ってもらいたい、観てもらいたいと活動している科学映像館および多くのファンの気持ちを考え、直ちに今後かような卑劣な行為は慎んでいただきたい。
[PR]
by rijityoo | 2008-07-29 14:52 | Comments(0)
はてなブックマークーお試ししてみる/動画でHD化とSD化が紹介



  さて本日は、はてなブックマークーお試ししてみる/動画で科学映像館で配信している生命誕生のSD化とHD化写真が紹介されている。

  素人の筆者が追加するのは、如何なものかと思うが、一言加えておきたい。例のSD化写真は、東京シネマ新社から提供されたDVDの静止像。DVDの状態はまったくまちまち。素材からDVDにいたる履歴、保存状態で画質は大いに異なる。生命誕生のSD化DVDは、最高の状態。東京シネマ新社の岡田さんは、最高の画像をいかに保存するか日々懸命の努力を。

  しかし、日本で唯一技術力とフィルム再生にかける軍団の東京光音が、35mmネガフィルムから、HD化した生命誕生は、50年ぶりに制作時の画像が甦ったのである。両者を比較されると、明確な差が。フィルムの傷以外のカビ、ごみ、しわなどを独自に開発した機器、手仕事で完全に修復、ハイビジョンでデジタル化したものである。

  SD化DVDには観えなかった詳細な情報が再現。タイトルバックの色、生卵の色、詳細な血管像などなど。当時制作に関係された唯一の生き証人、浅香氏からお墨付きが。HDカムに記録。恒温、恒湿で保存しているため、当分はこの画像を維持でき、またブルーレイにも対応できる。

  しかし、現状の送、受信状態では、HD化した作品をこれ以上いい状態で配信できないのは、残念。HD化とSD化作品の差は、DVDにダウンロードした素材のによるの。本当に美しい画像をご覧になりたい方は、DVDの再生、将来はブルーレイで観られることを。

  追伸:昨日配信した第9回世界癌会議で会頭吉田富蔵氏は吉田富三氏のの誤りである。
      明後日修正する予定。なお東京シネマ作品、ガン細胞とおわれるガン細胞は吉田富            三氏の監修である。

東京光音はこちらhttp://www.koon.co.jp/
[PR]
by rijityoo | 2008-07-29 12:52 | Comments(0)
Sightsong、科学映像館が9.5ミリ映画を配信と紹介
  Sightsongは、多様なテーマを、正確で公平、かつ的確に記載している素晴らしいサイトであると、常に感心。

  科学映像館の活動も積極的に掲載していただいている。昨年、活動を始めたばかり当館についても的確に評価していただいたことは、管理者として大変ありがたい。これまでに,沖縄久高島のイザイホー(07/11/02)、科学の目 ニコン(08/01/15)についてご紹介いただき感謝している。

  貴重なドキュメンタリ映画を、掘り起こし、修正、デジタル化して少しでも多くの人に観てもらおうと地道に活動している我々にとって、新聞、雑誌、Sightsongのような素晴らしいサイトによるご紹介は大変ありがたい。

  今回、科学映像館が配信している昭和初期 9.5mm映画についてご紹介いただいた(08/07/21)。9.5mmフィルムは本当に一時期のみ使用されていたようである。今回、詳細な9.5mmの記載とともに、他のサイトに比べ画像も一般的にはよく、配信内容が日々充実していると、科学映像館を評価をいただいた。

  科学映像館が配信を始めた直後、東北文化映像研究所の阿部さんから私たちの配信活動に感激とメイルをいただく。彼は35年前、東京を引き上げ、盛岡を中心に仕事をされているとのこと。

  阿部さんから貴重な情報とともに、4枚のDVDをいただく。その一遍が9.5mm昭和初期の映画であり、ほかに昔の水澤映画、昔の暮らし、昔の農業、よみがえる農民魂である。いずれも配信中。残念ながら原版もなく、画質自身はよいと言えないが、一度は観てみたい映像かと思う。お陰さまで多くの方に観ていただいている。

  先日、野尻湖関係の映画を配信した時、信濃毎日新聞が当館の活動を紹介。当日、長野県庁情報統計課から、アーカイブス化についてのご相談があり、情報の交換と配信のお手伝いもとご返事。かように貴重な資料と情報をいただくのは大変ありがたい。隠れた貴重な資料をご存知の方は是非、ご連絡を。予算の許す限り配信、皆様のご期待にそいたいと思っている。

詳細はこちら  
http://pub.ne.jp/Sightsong/?entry_id=1544180
[PR]
by rijityoo | 2008-07-27 10:03 | Comments(0)
今週は沖縄の作品が、ベストテンに3作品

  沖縄久高島のイザイホー1が第2位、イザイホウー2が6位。さらに石垣島川平マユンガナシが7位と大健闘。科学映像館が、沖縄タイムスで紹介されたのかも。ホームページも約2倍の訪問者が。紙媒体の効果は、抜群である。

  8月中旬に休暇をと考えているが、休み前に是非、150編以上映画を配信したいと考えている。今後の配信予定作品は、1960年代に日本で初めて吉田富蔵氏によって開催された国際癌学会の記録、山岸豊吉氏による「大地の怒り」などである。この大地の怒りは、なぜ米食からパン食へと変換したのか、日本農業の崩壊、食糧需給率問題を予告した力作。
[PR]
by rijityoo | 2008-07-26 17:14 | Comments(0)
6月までの各月の配信映画の視聴者数、時間

  昨年5月映画の配信を始めて以来の月単位の視聴傾向をわかり易く、グラフ化した。
11月急に視聴者数が10倍単位で増加。その要因は以前から触れえてきたように、68の車輪の配信によると考えられる。
 
  次いで6月は今まで最高の視聴者数が。いろいろと考えられるが、毎日の視聴状況からみると、野尻湖関係の2編映画ではと。さらに健康家族の会員用の雑誌、だいちから(5万部)の取材記事が配布されえたことも。11月からの高い視聴者数は、配信映画数が増えたことも大きな要因。昭和初期の映画なども、頑張っているようである。

  ちなみに6月末までの視聴者総数は、23,054人、視聴時間3,858時間である。本当に沢山の人に観ていただいたと感激。またその間で、68の車輪が断トツの第一位。実に5,645人が1,211時間観られた。すごい作品と言わざるをえない。
b0115553_11103450.jpg


先日の行政とのお見合いで、市町村のHPにリンクしてはとのお話があり、早速、申し入れたところ、上尾市から承諾のご返事。担当者に感謝。
[PR]
by rijityoo | 2008-07-25 11:01 | Comments(0)
沖縄タイムスで近々科学映像館が紹介される予定
 
  科学映像館は、多くの人に古い貴重な映画を知ってもらおう、観てももらおうと始めた活動。
そのため告知の大切さを痛切に感じている。先日、野尻湖ナウマン像博物館が信濃毎日新聞に紹介されたが、その効果はなかなかなもの。行政機関を始め種々な反響が。

  そこでご当地の映画を配信している地方紙に科学映像館の紹介を御願いしている。10日前、沖縄タイムスに御願いしたところ、近々記事にしていただけるとのお話。とにかく知ってもらわないとこの活動は始まらない。ウエブ上だけでは浸透には限りがある。何といっても紙媒体の威力は素晴らしい。

  今回、沖縄タイムスに御願いしたのは、沖縄久高島のイザイホウー1、-2ほか2編の映画を配信していることから御願いした。イザイホーは久高島で12年毎に行なわれていた神事、1978年が最後となった。その際、東京シネマ新社が制作した映画であり、その道の間では、貴重なものである。
[PR]
by rijityoo | 2008-07-23 11:30 | Comments(0)
本日、NPOと市町村との協働アイデア提案会に出席


  本日午後川越福祉センターで開催されたNPOと市町村との協働アイデア会に出席。一言で言えば、両者のお見合い。20組の提案があった。

  筆者のグループではなかったが、FM放送局開局の提案があったらしい。災害時、情報の提供で活躍している様子をよく見かける。大変貴重な活動であるとおもう。しかし、部屋の提供を各市町村が、かたくなに拒んでいたことである。数坪の部屋の提供が出来ないとは、情けない。福祉に用いているので、特定の部屋に使えないとのこと。マンションの一室を借りれば出来るのでは。これも縦割りの弊害がもろに。筆者のNPOでは、3LDKを独自で借りているのだが。
  

  タバコの吸殻集め、数人の人が中心に熱心に行っているグループの報告。市が任命した環境美化委員が600人ほどいるが、両者の溝は浅くなく(川越市)、なかなかお見合いは成立しない感じ。行政がやるべきことを民間がやっている。もっと行政は、積極的に協力すればとの感じ。シンガポールのように日本も罰金でも科したら遺憾?



  科学映像館としては、川越市、ふじみ野市など17市町村のホームページにリンクをお願い出来たことが1つの収穫?でも正式に書類の提出が必要とのこと。この会に出席いるので、HPで調べてもらえればと思うのだが。お堅いこと。市町村の催しに、科学映像館の配信映画を利用してもらえれば、時によりDVDの貸与も考えられると。
[PR]
by rijityoo | 2008-07-22 21:52 | Comments(0)
明日の午後は、埼玉県西北部のNPO関係者との会合に

  この会合でプレゼントされる内容と科学映像館活動とは、かみ合いそうではない。しかし、市町村関係者で、科学映像館の活動に関心を持っている方がおられるとか。まず人と合い、話し合うこと。ここから当館の活動は活発になるのかも。
[PR]
by rijityoo | 2008-07-21 17:59 | Comments(0)
異分野の人と話すことの大切さ、無駄はない。

  17日から第25回骨の健康づくりセミナーinで札幌へ。ここで多くの人と出会い、色々の話題が。科学映像館の在りかた、骨の健康づくり委員会の今後についてなどなど。特にセミナー参加者から色々な情報が。人との出会いの大切さを感じた2日間。

  とにかく評化とか、効果とか、結果を求めすぎ。立ち止まり、考えることも無駄ではないと思うが。代替休暇に授業を行うとはびっくり。

  千歳空港からJRの車中で、エコ化した建物の審査員と。建築と環境の協会が専門との方。出版物、メデイアも便乗組みがあまりにも多いと。目先のことばかり考えすぎでは。所詮人の力は、地球規模からすれば、無に等しい。とは彼の言葉。

  科学映像館活動の今後には、ある私立大学の関係者から貴重な情報が。専門家と相談の上、慎重に検討、可能性を考えてみたい。インターネット化などで情報が得られやすい反面、誤り易いことも。異分野の方の話に耳を傾けることから、想定外の貴重な情報も。 無駄の効用か?
[PR]
by rijityoo | 2008-07-21 07:51 | Comments(0)
第25回骨の健康づくりセミナーin札幌で科学映像館から配信の映画も上映

  第25回骨の健康づくりセミナーin 札幌は、7月18日(金)午後1時から骨の健康づくり委員会と北海道医療学園大学との共催で開催された。札幌としては28度と少し暑く感じた一日であったが、260名の方が参加、大盛会のセミナーであった。札幌では7回目で、北海道医療学園の担当者の準備と誠意ある対応に感謝。

  今回は大妻女子大学教授、青江誠一郎氏の御講演。1時間20にわたりご専門の栄養学の立場から骨そすう症についてお話。用意周到、ご自分の成果をも含めた素晴らしい
お話。参加者はメモを取りながら熱心に聴かれていた。講演後、数名の方から大変高度なご質問。先生は丁寧に分かりやすくお答えになられていたのが印象的であった。

  本日は、ご退任になられた矢嶋先生に代わり田隈先生の司会で、ご自分のお母様の骨折の模様を交え、講演と質疑応答をスムースに進行されていた。

  講演後、希望者の骨密度を測定、その結果について3人の先生方が各参加者にご説明。参加者は大変満足されていた様子。来年も是非お願いできないかとの声が。

  骨密度の測定の間、科学映像館で配信中の映画を上映、最後まで熱心にご鑑賞されていた。4時半全てのプログラムを終了。出来れば来年も参加者のご期待に沿えればと。今回も石井様からの盛り花が、会場を華やかに。
[PR]
by rijityoo | 2008-07-19 23:05 | Comments(0)