久米さんの科学映像便り
rijityoo.exblog.jp
カテゴリ
ブログジャンル
ランキング参加してます♪
記事ランキング
最新の記事
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
プロフィール
科学映像館理事長の久米さん。映像遺産を守り、生かすための日々!
ファン
画像一覧
<   2008年 09月 ( 32 )   > この月の画像一覧
東京新聞 ショッパーで科学映像館が紹介

  上記タウン新聞(15万6千部)で添付資料のごとく、科学映像館が紹介される。先日も触れた様に、配信映画視聴者数は3日間、倍増である。
b0115553_10302429.jpg

[PR]
by rijityoo | 2008-09-29 10:17 | Comments(0)
やはり紙媒体の効果が

  9月25日東京新聞ショッパー、さいたま浦和版(15万6千部)が科学映像館を紹介。
HP,配信映画の視聴者数が倍増。いつもながら紙媒体の力に感心。ネット時代と言われるが、
まだまだ紙媒体力も捨てたものでは。科学映像館を取り上げ、紹介してくださる新聞、雑誌に感謝している。

  勿論、2チャンネルの「68-の車輪」効果は抜群。配信翌日、同映画を500人が鑑賞され、配信側としては想定外。視聴者にご迷惑をおかけしたことも。紙媒体、ネットコミ、口コミがあいまって科学映像館は皆さんに知っていただき、古い映画を観ていただけるのだと。

  今朝も去年の今頃の視聴状況はとサーバーからのデーターを見てびっくり。今月の視聴者数は昨年の  13倍、回数は10倍、視聴時間はなんと27倍。本当に沢山の方が配信映画に関心を持っておられるのだと、感激。

  7月8日信濃毎日新聞が、野尻湖ナウマン像発掘映画を記事に。それ以来、長野県庁との交渉が始まり、ついに来年度予算化し、古い映画の配信を始めるとのこと。長野県小谷村(「怒りの大地」、「ああ、野麦峠」の企画者が在住)でも60周年を記念し、保管映画のデジタル化を行っている。科学映像館活動が、これらの1つの切っ掛けになったすれば、大変嬉しく思う。
[PR]
by rijityoo | 2008-09-27 14:28 | Comments(0)
第5回「 日本の花き産業について」ご報告された伊藤氏ご逝去

  昨年5月第5回の三水会便りで「日本の花き産業について」ご報告された伊藤 公胤氏、昨日東京女子医大病院で亡くなられる。以前から腎機能が思わしくなく、中国で移植、見事に復帰されていた伊藤氏、6月の三水会でお会いしたのが、最後となった。心からご冥福をお祈りしたい。
伊藤氏の三水会便りはこちら
[PR]
by rijityoo | 2008-09-26 09:24 | Comments(0)
科学映像館で、最近配信している映画の内容?

  科学映像館で配信している映画について、いろいろなご意見をいただく。その中に科学映画のみの配信でいいのではとのご意見も。筆者自身、科学映像館の配信映画で、ここまでジャンルを広げていいのかと思うこともある。

  科学映画のみにとのご意見ももっともである。しかし、最初から、生命科学、自然科学映像館でもなく、科学映像館と命名。幅広いジャンル映画を配信し、観てもらいたいと。

  またブログで以前も書いたように、配信出来る映画数に、版権問題と制作者、企画者それぞれのお考えもあり、配信できる映画数に限度があること。また配信数が少ないと、科学映像館の普及もかんばしくなく、配信映画を観ていただけるチャンスが少ないことも予測。

 
   そこで両者のご意見を勘案し、科学映画の配信を原則とし、少しそのハードルを下げ、出来る限り幅広い貴重な作品を配信すること。 さらに配信映画を細区分したリストをつくり、目的の映画を見分けやすくすること。さらに理事長ブログで、新規配信映画、話題の映画、作品の背景などをお伝えし、出来る限り多くの方にご満足いただける科学映像館にしたいと、考えている。
[PR]
by rijityoo | 2008-09-25 14:53 | Comments(0)
ドキュメンタリー ドリーム ショウ山形in東京、開催のご案内

  上記映画祭が9月20日から11月14日までポレポレ東中野とアテネフランセ文化センターで開催されると言う。その間129編のドキュメンタリー映画が上映される。お問い合わせはシネマトリック、03-5362-0671またはmail@cinematrix.jp

なお10月14日5時からアテネ フランセ文化センターで「小林 米作、ミクロの探求者」として4作、「マリン スノー」、「潤滑油」、「選ばれた乳酸菌」と「ぜんそくを探る」が配信される予定。ちなみに[ぜんそくを探る」以外の3作は科学映像館で配信中、ご参考に。
[PR]
by rijityoo | 2008-09-25 09:53 | Comments(0)
東京新聞さいたま浦和版で科学映像館が紹介

  明日発行される「東京新聞ショッパーズさいたま浦和版(15万6千部)」で科学映像館が紹介される。NPO法人科学映像館を支える会が、貴重な映像を35mmネガフィルムから高画質でデジタル化しインターネットで無料配信していると。

  「1940年代から1980年代に制作された科学映画を中心に社会科学、産業 、工学など幅広い映画が配信されている」。また配信映画には「東北地方の農村の暮らしを描いた昭和初期の9.5mm映画、1980年代の野尻湖発掘の記録など大変貴重な映像も配信されているので科学映像館をご覧になり、自然の神秘や謎に是非触れていただけるのではと」。

  このように紙媒体による科学映像館の紹介は、我々の活動を知っていただき、また古い時代の貴重な作品観ていただく切っ掛けになる。ショッパーズのご紹介に感謝する。なお10月13日には「徳島新聞が県出身者遠くでトーク」欄に美馬市出身の筆者が取り上げられる予定。
[PR]
by rijityoo | 2008-09-24 15:00 | Comments(0)
最近のペット事情、後期高齢者医療制度1年以内に見直しが1日で完全ほごに

  我が家には現在2代目のビーグル、ボニーが、我々夫婦の朝晩の散歩になくてはならない存在。初代のビーグルは、骨の研究をしていたことから、英語の骨、ボーンと命名。骨の健康づくり委員会HPのマスコット、骨犬君として活躍。残念ながら肺に腫瘍が出来、8歳で。

  本日彼岸の中日、遺骨を預けている霊園にお参り。この霊園、年々立派になり、新しい霊安室も完成。多くの方がお参りに。お墓がなんと64万円。しかし、お墓の数は増える一方。ボーン君の仏壇も10数万円とか。少しおかしいのでは。
 
  勿論、ペットはいろいろな面で、なくてはならない存在かもしれないが、毎週末の買出し、ペットへの費用が多いこともある。

  麻生さんと桝添さん、福田さんを抜きに後期高齢者医療制度、1年以内に見直すと確か日曜日にTVで言明。ところが公明との連立合意には、完全に抜け殻。選挙目当ての政策変更どころか、1日で180度転換。これでも桝添さん、厚労大臣にすがりたいとは、情けない。何を信じたらいいのだろうか。大いにおかしな話。やはりすべて公明主導政権、ここにいたるか?
[PR]
by rijityoo | 2008-09-23 18:58 | Comments(0)
本日から科学映像館の会員以外の方に情報を

  今まで科学映像館の会員および賛同者(約100名)にグループメイルで本館の活動状況、配信映画などをお知らせしてきた。このメイルから新規配信映画をご覧になっているとのご返事をいただく。またメイル配信日には、理事長ブログをご覧いただくことが多い感じもする。


 そこで今回、以前からお会いした時いただき、保存していた名刺で、メイルアドレスが記載されている方に、科学映像館に関する情報をお届けする備備にかかる。最終的には300人前後の方に科学映像館の活動状況、新規に配信する映画をメイルでご案内の予定。一人でも多くの方に昔の貴重な映画を観ていただければと。
[PR]
by rijityoo | 2008-09-22 14:04 | Comments(0)
9月20日間の視聴動向


  9月20日間に配信映画を鑑賞いただいた方、視聴者数、2,125人;回数、5,826回;
視聴時間、369時間と先月並み結果である。視聴者数に比べ視聴回数が少ない、各作品を
じっくりご覧いただいている。ではどんな作品をご覧いただいたか。作品別のランキングは下記のとおりである。

            作品別ランキング(9月1日-20日)

           視聴者数          視聴回数        視聴時間
  
     1  科学の眼 ニコン     科学の眼 ニコン      科学の眼 ニコン
     2  子供の物語にあらず   子供の物語にあらず    68の車輪
     3  68の車輪         昭和初期 9.5mm映画 子供の物語にあらず
     4  イザイホー1        68の 車輪          イザイホー1
     5  春になったら        イザイホー1         イザイホー2

以上の映画以外に[葵祭」、「いきの時代」、「昔の農業」、[カルピス」、[太平洋ケーブル」
            [尾瀬」、「原子力発電の夜明け」、[鋳物の技術」などに関心が。

ちなみに『科学の眼 ニコン」の視聴者数は;276人、749回、55時間。
「子供の物語にあらず」が170人、422回、24時間。また「昭和初期」は420回と、依然として
多数の関心が。     
[PR]
by rijityoo | 2008-09-21 10:48 | Comments(0)
生まれて初めて大腸の内視鏡検査

  本日、初めての大腸の内視鏡検査。お陰で小さいポリープが2個あり、即時に内視鏡を使って除去。まずまず無罪放免か。胃カメラの検査結果もOKとのこと。科学映像活動、今後も続行出来る喜びを。皆様のご理解、ご協力を。
[PR]
by rijityoo | 2008-09-20 16:58 | Comments(0)