「ほっ」と。キャンペーン
久米さんの科学映像便り
rijityoo.exblog.jp
カテゴリ
ブログジャンル
ランキング参加してます♪
記事ランキング
最新の記事
以前の記事
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
プロフィール
科学映像館理事長の久米さん。映像遺産を守り、生かすための日々!
ファン
画像一覧
<   2009年 05月 ( 25 )   > この月の画像一覧
ユニ通信、東京シネマ新社企画「作曲ー柳慧 短編科学映画集」紹介

  先日、本ブログでも紹介した一柳慧作曲の科学映画短編集をユニ通信(5月28日号)が取り上げる。この短編集には、生命誕生など6偏が収録。35mm原版からデジタル化されており、画像も一新されたもの。科学映像館で配信されているが、DVDでじっくり鑑賞されては如何。

  この記事でも、東京シネマ新社代表の岡田氏は、作品は観てもらうことが先決。したがって積極的に科学映像館に資料を提供したと述べている。ウェブ上の公開で初めて観られ、科学映画が再認識されているのではと思う。

  昨日も述べたが、配信で売れなくなるのではとか、上映会の参加者がいなくなるのではとか、版権保持者をはじめとする関係者のご心配もわかる。しかし、秘蔵化しつつある、科学映画を観てもらい、活用していただくのは、関係者の責務であると思う。仮にウェブ上で配信しても、版権を守り、営業を妨げない道はあると思うが如何。
[PR]
by rijityoo | 2009-05-31 07:39 | Comments(0)
映画は観てもらわないと

  科学映画は、最盛期には年間、数百本制作されていたと言う。しかし、時代と共に観る機会も少なくなり、忘れさられ、倉庫の片隅に転がっている作品も少なくない。勿論制作会社によっては、新しいシステムを取り入れ、フィルム作品を転換し、大切に保管しようとつめている関係者もいる。しかし記録映画の制作業界は厳しいく、保管がままならないのも現状である。

  一方、インターネット上で多くの画像が配信され、簡単に見られる今日、これを活用しようと考えている人と慎重な人もいる。版権等の問題もあり、一概にどちらが正しいとは言えない。しかし、映画は観てもらって初めて評価され、活用されて始めて本当の価値ある作品にと筆者は考える。

  科学映像館活動を始めて、多くの作品をデジタル化、ウェブ上で無料配信。多数の方が鑑賞されている。しかし、本当に忘れ去られて現状にはびっくり。あるセミナーで数回、科学映画を上映、ご覧いただいた。大変高い評価をいただくが、ほとんどの方(95%)は初めて観たとのこと。それほど観る機会がないのである。

  先日、ある新聞社の記者の取材を受けたが、その際も記録映画の実態と配信が進まない原因はの議論が。版権、制作への思い、営業問題もあるが、もっと総合的にウェブ配信を考えてもとは、彼の素朴な疑問。

  科学映像館の開設には、東京シネマ新社代表の岡田一男氏の先見性と英断が大きな支えになった。彼は、フィルムを大切に保管、多くの方に観てもらおうと常に考えている。まず彼はほとんどの作品を提供、配信の許可を進んで行なってくれたことでgo発進が。

  勿論配信しDVDが売れなくなるとか、上映会の参加者が少なくなるのではとの考えもある。小生の偏った考えかもしれないが、まず作品が秘蔵化して一般のかたにはもう知られていないこと。会場に足を運ぶ人と
ネットで作品を観る人は別であること。しかし、ウェブ上で観て作品を知って、DVDを買おうとか、教育に使用したいとか、作品の宣伝効果も大きいのではと考えられる。配信しても版権、映像権が失われるわけではない。関係者は大いにウェブ配信を見直し、活用し、多くの方に貴重な作品を提供し、観てもらっては如何?
[PR]
by rijityoo | 2009-05-30 14:21 | Comments(0)
大正から昭和初期に撮影された「美しき日本」の映画

  ベンジャミン・ブロッキーが大正(関東大震災前)から昭和初期にかけて日本各地を旅し、撮影した[Beautiful Japan]を米国国立スミソニアン協会が所有している。東京シネマ新社の岡田氏が許可をえ、上映用に編集した作品が(有)シネマテックから配信されていた。昨年末、配信が中止され、残念ながら現在、観ることができない。その内容は全11巻、初めに、京都、出初の式、弁天祭り、浅野造船所、浅野セメント、散水車、運動会、鵜飼東京、相撲、プロローグとなっている。モノクロ、無声である。古い貴重な映画であり、しかも外国人がとらえた日本。大変興味深い作品である。

  現在、岡田氏とどう配信するか検討中である。配信でき皆さんにお届けできる日が楽しみである。

  なおこれと関連した催し物、「美しき日本-大正昭和の旅」が2005年東京都江戸博物館で開催された。その内容はこちらからご覧いただける。ご参考に。


http://www.edo-tokyo-museum.or.jp/kikaku/page/2005/0830/200508.html

 
[PR]
by rijityoo | 2009-05-30 09:28 | Comments(0)
わかやま新報、科学映像館を紹介

 わかやま新報、編集部から、我々の活動に関する記事がをとの一報をいただく。科学映像館の活動と配信中の「那智の扇祭り」を紹介していただいているとのこと。記事を介して、多くの方に科学映像館を知っていただき、古い貴重な作品を観ていただければと思う。

  先日の宮崎日日新聞の効果は大きく、「御崎馬」は大変多くの人が鑑賞。視聴時間は「68の車輪」とほぼ同じ、60時間観ていただいている。天然記念物である御崎馬を再認識し、宮崎にはマンゴだけではないことを。天然馬であるが、管理には多くの方のご苦労のあることも知っていただければと願う。
[PR]
by rijityoo | 2009-05-29 16:44 | Comments(0)
郵趣をご存知ですか?

 5月の三水会は2004年と2006年の日本郵趣協会主催「全国切手展」で金賞を受賞された大沼幸雄氏の郵趣に関するお話。切手収集と言えば、古い、貴重な、まれな切手を集めること。さにあらず、公式に発売された切手を用いてテーマを深く掘り下げた作品を、公式の場で発表し、内容を競うことらしい。先日のリポートは切手が伝えるベートーヴェンとその時代とのテーマ。趣味の王様と言われる所以がここに。詳細は近々骨の健康づくり委員会の三水会便りをお楽しみに。
b0115553_20421644.jpg

[PR]
by rijityoo | 2009-05-25 17:36 | Comments(0)
我が家の庭にアジサイが

  2,3日前から、アジサイが花をつけ始める。従来の品種以外に、大型の房状のカシワバアジサイが見事に咲いている。このアジサイにも数種あるようで、大型のもの、中型の花。品種改良は激しく、毎年店頭に新種が顔をみせる。これからの長雨とアジサイ,欠かせない。
.
b0115553_17531048.jpg

[PR]
by rijityoo | 2009-05-24 16:55 | Comments(0)
一柳慧さん作曲の科学映画作品集がHD版で発売
 

  フィルム時代の科学映画は産学との三位一体で制作される。科学映画は映像だけでなく、総合芸術ととらえ、当時の新進作曲家、黛敏郎、武満徹。一柳慧、間宮芳生氏らが作曲、映像と音楽の総合化がはかられている。今回、東京シネマ新社から一柳慧さんの作曲、HD化した6作品が発売されるとのこと。東京シネマ新社岡田一男氏からのメイルが届きましたのでご紹介。


「かつて1960年代は企業スポンサード科学映像の黄金時代でありました。この時代、一定の予算がある映像作品は、作曲家に音楽を作曲してもらい、録音スタジオで演奏を録音と言うことがごく普通に行われていました。

東京シネマの作品には、1960年代初めから半ばにかけて、一柳慧さんの作曲になる科学映像が6作品ありました。最近、新たに幾つかの作品を35mm原版からハイビジョンテレシネしたり、テレシネを行う機会の無かった作品にチャンスが訪れたり、6作品の全てのデジタル化が実現しました。

それをチャンスにDVD-R2枚組にまとめて頒布することになりました。あえて高画質のハイビットレートで2枚組としました。これらの作品はいづれもNPO法人科学映像館を通じて、一定のブロードバンド環境があればウェブ上で、無料でいつでも、どこでもごらんいただけるようになっていますが、できれば、もっと高画質なかたちでご鑑賞いただければと思うのです。
http://tokyocinema.net/ichiyanagi-dvd-presssheeta4-2.pdf


頒布価格は、税込7,000円、送料200円です。お振り込みいただく場合は、振込手数料をご負担いただきますが、PayPalの場合は、無料で手続き可能です。ご購入いただく場合は、〒番号、ご住所、お名前、連絡のつくお電話番号を、直接、k-okada@tokyocinema.netあてにメーラされるか、PayPalのサイトから、同じメールアドレス宛に後手続きお願いいたします。」

東京シネマ新社 
岡田一男

--
OKADA Kazuo
Chief Executive & Producer
#2-101, 31 Hakusan-2, Tokyo-112-0001 JAPAN
phone: +813-3811-4577 fax: +813-3811-4576
http://TokyoCinema.net/
[PR]
by rijityoo | 2009-05-24 07:46 | Comments(0)
宮崎日日新聞、科学映像館を紹介

  5月20日、宮崎日日新聞が「御崎馬」を文化欄で、都井岬の野生馬の記録映画をネット上で埼玉のNPOが配信と紹介。その結果、この2日間で140名が、この映画を48時間鑑賞。この鑑賞時間は大変驚くべき数値。68の車輪、5月の20日間の鑑賞時間と同じ時間数である。作品をじっくりとご覧頂いている様である。自然馬の管理、出産シーンなどの生態を1年間かけて撮影した秀作である。ゆっくりご覧いただければと思う。
b0115553_21153465.jpg

[PR]
by rijityoo | 2009-05-22 21:27 | Comments(0)
5月20日間の視聴者数
この20日間の視聴者数は、2,182人、視聴時間332時間で平均並みである。大型連休を考えれば多くの方にご覧いただいたのかとも思う。昨日、宮崎日日新聞が「御崎馬」を紹介。54人が156回、19時間鑑賞、新聞の効果は大きいと言える。


WindowsMedia 2009年05月 オンデマンドコンテンツ配信統計 Help

■ WindowsMedia オンデマンドコンテンツ視聴情報 〔Back 1/7 Next〕
順位 リクエストのあったオンデマンドコンテンツ 視聴者数 視聴回数 視聴時間
1 68の車輪   188 人 597 回 46:12:21
2 子供の物語にあらず   137 人 187 回 03:57:29
3 御崎馬     110 人 374 回 34:27:36
4 春になったら    82 人 91 回 01:34:42
5 日章丸     71 人 218 回 12:40:08
6 かえるの話    51 人 76 回 03:53:51
7 川崎重工業    51 人 180 回 11:52:35
8 川崎航空機    50 人 99 回 05:54:42
9 科学の目 ニコン     48 人 129 回 11:02:39
10 沖縄久貴島のイザイホー1     47 人 195 回 10:33:50
11 生命誕生    45 人 108 回 04:51:26
12 新幹線物語    44 人 87 回 04:57:35
13 花開く日本万博   38 人 168 回 08:35:46
14 鋳物の技術    36 人 52 回 03:19:33
15 日立の車輌 鉄道の故郷へ     35 人 50 回 02:02:30
16 潤滑油    32 人 82 回 04:03:57
17 熱帯の食べ物   31 人 107 回 03:20:16
18 太平洋ケーブル   28 人 102 回 07:40:45
19 太陽と電波     28 人 74 回 05:24:23
20 イザイホー2    24 人 135 回 06:37:13
21 粟野村   22 人 64 回 02:18:32
22 昭和初期 9.5mm映画   21 人 75 回 01:16:34
23 ガソリン   20 人 56 回 04:04:22
24 葵祭    20 人 53 回 03:10:45
25 尾瀬   19 人 49 回 03:55:38
26 免疫を探る   19 人 34 回 01:02:56
27 東京のカワウ   19 人 40 回 06:24:01
28 ナウマン像発掘の記録   18 人 28 回 02:03:11
                       御崎馬から
b0115553_722304.jpg


                  
[PR]
by rijityoo | 2009-05-21 06:56 | Comments(0)
明日、理科映画大系の試写に

  1938年に制作された「かえるの話」の姉妹編、「モンシロ蝶の話」と「地蜂」の試写に東京へ。さらに2編の作品が持ち込まれるとの話。科学映像館としては、貴重な作品。70年前に制作され、当時、小学校の理科教材として活用されていた映像が。

  またこれらの作品は小林さん、鈴木さんにより撮影された科学映画。戦後の科学映画の制作の原点であり、大きく影響した映画であろう。

東京光音、麹町から初台に移転。広々とした仕事場で、機器類の最終調整が終われば、本格的に作業の再開がとの感じ。
[PR]
by rijityoo | 2009-05-19 20:17 | Comments(0)