「ほっ」と。キャンペーン
久米さんの科学映像便り
rijityoo.exblog.jp
カテゴリ
ブログジャンル
ランキング参加してます♪
記事ランキング
最新の記事
以前の記事
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
プロフィール
科学映像館理事長の久米さん。映像遺産を守り、生かすための日々!
ファン
画像一覧
<   2009年 12月 ( 57 )   > この月の画像一覧
配信映画が10万人突破でお祝いのメイルが
昨日創設以来の視聴者数が10万人を突破。多くの方からお祝いのメイルをいただく。337編の配信許諾と多くの方のご支援の結果である。最初の半年、月200人程度の視聴者数。10万人なんて予想もしなかったこと。

その間、朝日新聞をはじめとするメデイアによる紹介。またインターネットの力も凄いと感じる。あるブログの紹介は、1,000人の方を。そして遠藤日記などのメルマガも。来年はもっともっと多くのいい作品をお届けしたい。

今年も2時間となり、仕事も片付いたのでしょうか?配信映画の視聴者数が急激に増加。つまらぬTVより配信映画を楽しんでいるのかも。
[PR]
by rijityoo | 2009-12-31 20:06 | Comments(0)
「68の車輪」の視聴者数?
「68の車輪」の配信を始めたのは、2007年11月2日である。配信前、月300人前後であった視聴者数が翌日何と302人。検索によると、2-チャンネルで話題になったことが明らかとなる。以来の延べ視聴者数は12,576人、再生回数は36,719人と驚くべき評価である。

最近のブログで撮影の状況などを見てみたい、知りたいとの方もいたようである。カメラマン春日友喜氏に制作の舞台裏を書いていただいた。詳細は科学映像館サイトでご覧いただきたい。
「68の車輪」の撮影
[PR]
by rijityoo | 2009-12-30 14:06 | Comments(0)
視聴者数が10万人(’09/12/29)
2007年5月1日HD化した「生命誕生」を配信して以来、昨日('07/12/29)視聴者数が10万人を突破。正確には100,320人が244,177回再生し、15,948時間、配信映画を鑑賞。ここ2,3日100数十人の視聴者数で、年内の10万人に黄信号も出始めていたが、昨日の447人でいとも簡単に突破。
「生命誕生」

「68の車輪」鑑賞者数の増加が主因である。昨日206人が545回再生。これは多分、1昨日からの2-チャンネルでの話題であろう。今月上旬の「笑って大往生」との相加効果がこの結果を。
「68の車輪」
「笑って大往生」
[PR]
by rijityoo | 2009-12-30 07:40 | Comments(0)
「笑って大往生」の朝日先生に病魔が
骨の健康づくり委員会では、朝日先生に広島と札幌のセミナーでご講演をいただく。広島での講演を収録したのが、科学映像館で配信している「笑って大往生」。セミナーの出席者のみならず、配信映画の鑑賞者にも多大な感銘を。12月だけで900人近い方が鑑賞している。その朝日先生に病魔が。

「笑って大往生」が12月、多くの人に観られたのは、ブログ「さとなお」で「朝日俊彦先生の講演音声ファイル」として紹介されたことによる。このブログの前身はすでに1995年に始まり、2005年には2000万人を越えたとのこと。その詳細は
[さとなお」
[PR]
by rijityoo | 2009-12-30 00:03 | Comments(0)
「68の車輪」が年末に再び脚光を
「68の車輪」が再び2-チャンネルで話題になる。
「前スレにて超重量物を運ぶトレーラーに関わる人について聞いた者です。
あのときも面白い話を聞けたのですが、今日ものすごい映像を見つけた。
日本でもやってたんだな。
しかも舗装もされてない田舎道。

出発前に神主さん呼んで御祈祷してるのが日本らしいとちょっと和んだ。
この映像は1965年とのことだが今でも出発前はやってるのだろうか。
牧歌的な田園風景に可愛らしい化け物が悠然と進む光景がシュール。
日常的な生活の場と怪物トレーラーとの対比が克明に記録されていた。
技術者が民家にお泊りして打合せする場面がほのぼの。
この光景をリアルタイムで見ていた人の話も聞いてみたい。
事前の準備や道路や橋などの補強に関わった人の話も聞いてみたい」
[PR]
by rijityoo | 2009-12-29 23:42 | Comments(0)
本日、大学時代同級生の訃報が
小生は阪大歯学部卒、29名のこじんまりとしたクラス。昭和35年卒から、同窓会の名前は三十五会。毎年の同窓会にも20数名集る、何時までも学生気分の抜けきらない、元気なクラスメイト。

今回で3人目の旅立ち。席順も近く、明るくて、親しみ一杯の学兄。訳本の出版の際は、彼の大きな助けを。その彼が先に旅立つとは。合掌。
[PR]
by rijityoo | 2009-12-29 14:18 | Comments(0)
「68の車輪」と「花開く日本万・・」は2チャンネルの話題に
「68の車輪」と「花開く日本万国博覧会」が、トラックマニアーの大きな話題のようである。「68の車輪」がよく見られるのは、やはり2チャンネル?
[PR]
by rijityoo | 2009-12-26 07:38 | Comments(0)
最新映像にスクロールバーを導入
トップページの中央左枠に最新映像をお知らせきたが、これまで3作品のみであった。今回スクロールバーを導入、少なくとも数ヶ月間、最新映像をトップページで確認できるようにしました。ご利用下さい。

配信映画も337作品となり、作品の同定が難しくなっています。皆さんに目的の作品を見つけていただくには、どうすればいいのか、苦慮しています。リンク元から判断すると、会社別よりカテゴリ別からのアクセスが多いようです。

今後、制作年次、作品名、製作者などの区分も考えられますが、決め手がない感じ。あえて言えば制作年代別の区分化でしょうか?要するに大中項目の仕分けですよね。
[PR]
by rijityoo | 2009-12-25 14:11 | Comments(0)
この1年もやはり「68の車輪」
この1年間トップを飾った作品は、やはり「68の車輪」。だんとつの1位である。なんでこんなに多くの人を引き付けるのだろうか?上位には、「川崎航空機」、「新幹線物語」、「川崎重工業」なども顔を見せている。作品もよいものが多いが、自動車、飛行機などのロマンと魅力?
68の車輪
川崎航空機
新幹線物語
川崎重工業

他のジャンルでは、「生命誕生」がコンスタントに上位にランクされている。他の生命科学映画もいい作品を配信しているが、鑑賞者数に限度が。今後、トップ写真を考慮したい。
生命誕生

十字屋および学研の作品には多くの鑑賞者が。「みのむしの生活」など、中々もの。しかし「現在の学校教育の題材には?」と学研関係者の話。みのむしの生活

その他、「沖縄久高島のイザイホー1」、「昭和初期 9.5mm映画」などもコンスタントに観られている作品。神事とか昔の懐かしい映像は人を引き付けているようである。
沖縄久高島イザイホー1
昭和初期 9.5mm映画

今年の傾向の一つは、ある時、突如脚光をあびる作品があったこと。一月の「中高年健康設計」、秋の2,3ヶ月「春になったら」と今月の「笑って大往生」など。多分twitterなどによる紹介らしい。これも時代の流れか。
中高年の健康設計
春になったら
笑って大往生
[PR]
by rijityoo | 2009-12-25 09:33 | Comments(0)
本年最後の配信映画は「こん虫の冬ごし」
「こん虫の冬ごし」をお届けします。科学映像館もトップ写真を交換。科学映像館サイトの更新は本日で終わり、当分、冬ごもり。しかしブログは時により発信します。クリスマスをお楽しみ下さい。
「こん虫の冬ごし」:http://www.kagakueizo.org/2009/12/post-278.html
[PR]
by rijityoo | 2009-12-24 10:44 | Comments(0)