久米さんの科学映像便り
rijityoo.exblog.jp
カテゴリ
ブログジャンル
ランキング参加してます♪
記事ランキング
最新の記事
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
プロフィール
科学映像館理事長の久米さん。映像遺産を守り、生かすための日々!
ファン
画像一覧
<   2010年 09月 ( 72 )   > この月の画像一覧
「よみがえる金色堂」を近日配信予定
10月半ば配信予定。国宝金色堂は数少ない12世紀の建築としてまた優れた工芸技術の作品として我が国文化財の至宝である。建築以来始めて解体修理が昭和37年から7年間にわたって行われた。この映画は、その修理の記録である。

6ミーター足らずの小さい建物であるが、総工費1億5千万円余り(昭和39年)、わが国一流の学者
専門家の総力を結集し、優れた技術者の努力と執念によって、困難な修理事業を完成させ、ついに850年前の、藤原三代の栄華の昔をよみがえらしたのである。

こうして修理された金色堂は、そのまま後世に至るまで、格調高い平泉文化を伝えていくだろう。

中尊寺金色堂の詳細はこちらから

企画:中尊寺/ 協力:文化庁/製作:日映科学映画製作所/製作協力:中尊寺修理工事事務所、東京国立文化財研究所/指導:国宝中尊寺金色堂保存修理事務所

カラー 44分30秒

(スタッフ)
製作:片田計一/脚本:中村麟子/演出:中村麟子/撮影:中山博司、石原保/
照明:藤江良代/音楽:長澤勝俊/解説:平光淳之介

(受賞)
70'教育映画祭最高賞/優秀映画鑑賞会特別推薦/文部省選定/東京都教育映画コンクール金賞
[PR]
by rijityoo | 2010-09-30 13:39 | Comments(0)
教育委員会が配信映画に関心を
最近、各教育委員会が科学映像館の配信映画、特に教育映画に強い関心を。歓迎すべきこと。毎日数件のアクセスがある。輪を広げ、大いに活用してもらえればと期待。
[PR]
by rijityoo | 2010-09-30 13:03 | Comments(0)
本日新作品が・・・・
つたえるー情報通信企画:科学技術庁 製作:東京文映(1984年)カラー16分 FAX,テレビジョンで画像をつたえる仕組み。信号方式、アナログ信号とデジタル信号の特徴やつたえる仕組みなどについて分かりやすく説明。


発明されたばかりの古い電話機で会話をする女性。
~つたえる -情報通信-より

[PR]
by rijityoo | 2010-09-30 09:42 | Comments(0)
先日のラジオ番組で感じた事・・・
我々の発信は、いつもながらひとりよがりのことが。インタービユアーから、川越にあった昔ながらの映画館を建て直し、運営しているの?科学映像館を設立した当初から、同様の質問は。ロビーにパンフレットを置かしてくれないかとか。上映施設とか。いつも空間劇場であり、上映の施設は全くありませんと、言っているつもりだが。

フィルムの再生はどこまでできるのとの質問をよく受ける。まだまだデジタル化は不可能と判断し、廃棄しされているフィルムを多いようである。もったいない。

そんな前から映画は製作されていたの?まだまだ我々の役割は・・・・・。
[PR]
by rijityoo | 2010-09-30 09:36 | Comments(0)
映画の保存で活躍するグループの紹介
各地でフィルムの保存をと懸命に活動されている機関、グループ名が見付かる。科学映像館もリストアップされている。ご参考に。

京阪電車の歴史
「映像フィルム救出作戦(前編)」
http://www.keihan100thweblog.jp/2010/05/12_093300.html
「映像フィルム救出作戦(後編)」
http://www.keihan100thweblog.jp/2010/05/13_181744.html

★フィルムの収集・保存
「東京国立近代美術館フィルムセンター」収集・保存・復元
http://www.momat.go.jp/FC/hozon.html
「記録映画保存センター」
http://kirokueiga-hozon.jp/index.html
「記録映画アーカイブ・プロジェクト」
http://www.kirokueiga-archive.com/index.html
「近代歴史資料緊急調査(映像フィルム・映画関係分野)実施要項」文化庁平成19年7月20日(こういう調査もあるということで)
http://www.bunka.go.jp/bunkazai/chousa/eizou/jissi_youkou.html

★市民によるフィルム保存運動
「映画保存協会」
日本で具体的な草の根的な映画保存活動をしている団体です。家庭に眠るフィルムの発掘・保存にむけてさまざまな取り組みをされており、フィルム調査や機器の貸し出しなど非常に具体的な活動もされています。

http://www.filmpres.org/
「第8回ホームムービーの日」
http://www.homemovieday.jp/
「remo NPO法人 記録と表現とメディアのための組織」
http://www.remo.or.jp/ja/project/aha/
「NPO法人20世紀デジタルアーカイブ仙台」
http://www.d2.dion.ne.jp/~clip/20thcas.html/
東海大学 文学部 広報メディア学科 水島研究室 パテ・ベビー研究プロジェクト
http://pathe.kitanaka-school.net/index.html

★産業・技術系の映像アーカイブ
「戦後産業史を描く産業映像500」
http://www.dcaj.org/d-con/lib/sangyou/
「産業技術の心と技 産業映画暫定100選」
http://sts.kahaku.go.jp/sts/main.htm
「科学映像館」
http://www.kagakueizo.org/
「先端技術館@TEPIAビデオライブラリー」
http://www.stream.tepia.jp/osusume_contents.html?cateClass2=10200

地域映像アーカイブ(まだまだあると思います。でも動画はまだ少ない?)
「せんだい教材映像アーカイブ」
http://archive-www.smt.city.sendai.jp/kyozai/
「NPO法人 厚田・岩波映像資料センター(愛称『えい・あい館』)」
http://www.a-i-kan.org/index.html
「彩の国ビジュアルプラザ映像公開ライブラリー」
http://www.eizou.pref.saitama.jp/library/contents/contents.html
「上田市デジタルアーカイブポータルサイト」
http://museum.umic.jp/sakuhin/eizou.html
「山形県デジタルコンテンツ利用促進協議会ビデオアーカイブズ」
http://www.archive.gr.jp/video/index.html
「Wonder沖縄」
http://www.wonder-okinawa.jp/movie/jp/index.html
「信州デジくら」
http://digikura.pref.nagano.lg.jp/
「沖縄県公文書館沖縄戦中・戦後映像」
http://www.archives.pref.okinawa.jp/films/
[PR]
by rijityoo | 2010-09-30 07:23 | Comments(0)
先日の録音インタービュウアーは田原ひろみさん
先日ラジオ番組のインタービュウアーのプロフィールが明らかに。幅広く活動されているようである。

(田原ひろみさんのプロフィール)

ハードロック・ヘヴィメタルに影響を受け、学生時代よりバンドを結成。関西でライヴ活動。ヴォーカリストの実力をつけるためにヴォイストレーナー福島英氏、テノール歌手佐藤時彦氏に師事。 1999年にはこれまで活動してきたロックとは一転し、より歌の心を学ぶため作・編曲家竹田喬氏に師事。2000年、キングレコードより「別れの前奏曲(プレリュード)/ばれないように・・・」(作詞 高橋直人 / 作曲・編曲 竹田喬)でデビュー。その親しみやすいキャラクターを活かし個性ある司会やMCもこなす。 2002年、ニュープロジェクトとしてロックバンドAGLAIAを結成。ハードロック&ヘヴィメタルを基盤としたそのスタイルやレパートリーは幅広い年齢層に支持されている。 現在はバンド活動をこなしながらも、歌手・女優・MC・パーソナリティで活躍中。ゲストの個性を引き出すパーソナリティとして才能を発揮。NPOイベントに多数出演し、「NPOのマドンナ」と称される。
[PR]
by rijityoo | 2010-09-29 17:40 | Comments(0)
「ビール誕生」が・・・・・・・
ビール誕生4,5日前から急に多くの鑑賞者。9月のランキング3位。しかも再生回数では第一とは。作品はなかなかのもの。スタッフは最高・・・・・・。季節はずれの感もするが、お楽しみに。

1954年 イーストマンカラー 製作:東京シネマ 提供:日本麦酒株式会社

(作品解説)太陽の恵みをたたえて結実する健康なビール麦のいのち。さわやかな高原に開く可憐なホップの花のいのち。たくましく繁殖する酵母のいのち。これらのいのちが、科学の力で合成されてビールができます。つまりビールは、この三つのいのちに溢れた健康な飲料なのです。そして、それらがつめられたビール壜の大行進がはじまります。

(制作スタッフ)
製作:岡田 桑三      脚本:吉見 泰
撮影:小林 米作      演出:柳沢 寿男
特写:木村伊兵衛      特技:武田兼之助
解説:高島 陽
[PR]
by rijityoo | 2010-09-29 07:30 | Comments(0)
午前に収録終了
約20分の収録、近日インターネットとコミュニテイーラジオで放送。来月30件に対する郵送とメイルに投票が開始される。12月8日までの長丁場の投票・・・・。

漫才の様に楽しい内容になったと思う。さて如何?本日小生の76歳誕生日、これもうまく絡まし、スタッフからおめでとうの拍手を。
b0115553_21324240.jpg
埼玉NPO大賞ラジオ用の収録
[PR]
by rijityoo | 2010-09-28 15:47 | Comments(2)
これからラジオ番組の収録で浦和へ
埼玉県は首都圏とは名ばかり、東京へは便利であるが、横の連絡は不便。浦和まで1時間半かかる。
「埼玉NPO大賞2010」のラジオ番組の収録が10時半から行われる。エントリー番号が1番、勝手も分からず、どうしてよいのか、思案中。他の団体の収録を参考にするのも、返って・・・・・。
[PR]
by rijityoo | 2010-09-28 07:07 | Comments(0)
Sightsongが「廣重」を紹介
Sightsongが「廣重」を紹介。早速その効果が見られえます。Sightsongはこれまでに20作品を紹介していただきました。感謝あるのみです。
[PR]
by rijityoo | 2010-09-28 06:47 | Comments(0)