久米さんの科学映像便り
rijityoo.exblog.jp
カテゴリ
ブログジャンル
ランキング参加してます♪
記事ランキング
最新の記事
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
プロフィール
科学映像館理事長の久米さん。映像遺産を守り、生かすための日々!
ファン
画像一覧
<   2011年 02月 ( 66 )   > この月の画像一覧
今週の配信映画は「魚沼の酒造り」2010を予定
この配信映画「魚沼酒造り」2010年の巻末に以下の言葉が添付されており、トップ企業ならではと強く感じる。魚沼の酒造り2010はこちら。

「八海醸造は特選大吟醸酒を造る目的は、技術の伝承であり、蔵人一人一人の技術と意識の一層の向上である。
 
最高の原料を使い、最高の環境で,最高の技術を駆使して酒を造ることで、蔵人一人一人が、自分達ができる最高の酒造りを知る。

そうして身に着けた技術は特選大吟醸酒に留まることなく、普通酒、本醸造など一般酒にも広がり、八海醸造がが造るすべての酒質の向上につながる。

八海醸造はすべての酒を特選大吟醸酒に近づけることを目標にしている」と。
[PR]
by rijityoo | 2011-02-28 08:17 | 活動予定(395 ) | Comments(0)
「魚沼の酒造り」2008年への反応
以下のコメントは魚沼の酒造り2008年をご覧になった方が、遠藤日記でおなじみの帝京大学名誉教授遠藤浩良先生に寄せられたものです。今週3日配信予定の2010年版を見られると、さらなる反応が。今週配信の2010年度版

新しい「魚沼の酒造り」の映画のご紹介、有難うございました。前
   の版のものと比較して鮮明で美しい画像でしたが、さらにはこの会社
   の徹底した機械化と品質管理のために莫大な投資をして新しい酒造
   りに挑戦している様に感心しました。

   糖化とアルコール発酵を同時に行う日本酒造りはワインやウイス
   キー造りに比べてはるかに技術を必要としています。これだけ自動化
   しても酒母造りなどにはやっぱり人間の力が必要なことを面白く思い
   ました。

   「八海山」のお酒が高いのも仕方ないですね。酒好きの私でもこの
    ような高いお酒はめったに飲みません。今夜は、先日家内と旅をした
    際に旅先で買った地酒の南総里見八犬伝ゆかりの館山の酒を飲みま
    す。

    父がこれを見て何と云うか知りたいものです。有難うございました。
    ____________________________________________________________

  上記の終わりに出てくる ”父” とはかって大蔵省醸造試験所長を務めら
れ、危うくなりつつあった伝統的な日本酒製造技術の維持に奮闘された方で、
残念なことに既にお亡くなりにならました。

  その息子さんである筆者は小生の研究室で学位をとった薬学出身者です
が、後に東大農学部の勢力圏にあった応用微生物学研究所で教授を務めた
人間です。それだけに感慨深いものがあったのでしょう。
[PR]
by rijityoo | 2011-02-27 12:41 | Comments(0)
「つばめを動かす人たち」が第4位
「68の車輪」の再生回数は6万回を越えてだんとつの第一である。次いで「沖縄久高島のイザイホー1」が1万数千回の第2位。「川崎航空機」が第3位。次いで第4位はなんとつばめを動かす人とたちで6,880回とは。確かに単なる鉄道映画ではない。岩波映画の「ある機関助士」にも劣らない秀作かも。一度是非見て欲しい映画である。

次いで8mm映画名田橋架設工事記録新しい鉄道動力が続いている。

魚沼の酒造り2008年は配信3日間で83人が294回再生と、まずまずの出足。
[PR]
by rijityoo | 2011-02-27 08:10 | 活動の蔵(1、208) | Comments(0)
2月25日の視聴者数
5,906人が15,407回再生し、679時間視聴。1万5千回の再生回数は昨年10月以後続いており、しかも平均が1万8千回。科学映像館の配信映画の視聴も一段とアップ・・・・・。
http://www.kagakueizo.org/2011/02/post-337.html

作品ランキング10位以内に大きな変動はないので、28日にまとめてお知らせしたい。なお魚沼の酒造り2008年が配信2日で56人が209回再生と多くの関心を呼んでいる。
b0115553_10331068.jpg

                      再生回数の推移

2007年5月配信を始めたが、数ヶ月間は数百程度の再生回数。2007年11月「68の車輪」を配信すると、一挙に1万回近い再生となる。以後ほぼ数千回を維持していたが、2009年9月朝日新聞科学欄で取り上げらて、2万4千回に。さらに昨年11月2万3千回となり、そして今日に至る。配信を始めた5月、満4年で50万回達成も。
[PR]
by rijityoo | 2011-02-26 07:19 | 活動の蔵(1、208) | Comments(0)
「魚沼の酒造り」2008がまずまずの出足
昨日配信を始めた魚沼の酒造り2008年度版、15人が63回再生とまずまずの出足。繊細な日本酒作りも伝統の技術を生かしながらここまで機械化しているとは驚きである。

昨日は動物の冬みんにも15人が53回・・・・・・。
[PR]
by rijityoo | 2011-02-25 08:27 | 活動の蔵(1、208) | Comments(0)
本日の配信映画
魚沼の酒造り 2008年 企画:八海醸造株式会社 製作:中島映像教材出版 カラー 第2浩和蔵の構造とそこでの本当の手作りと同様の酒造りを・・・。
[PR]
by rijityoo | 2011-02-24 10:16 | 活動の蔵(1、208) | Comments(0)
埼玉県文化振興基金の報告書
報告書と決算書が完了。なんと60数頁の資料となる。チェックする事務処理も大変なことと思う。お察しする。
[PR]
by rijityoo | 2011-02-23 19:54 | 活動の蔵(1、208) | Comments(0)
配信映画をもっと生かせないだろうか?
これまで映像遺産を発掘しデジタル化して、配信し多くの方に見ていただいきた。配信を開始して以来の再生回数も45万回を越えている。5千回を越えている作品も少なくない。

特に「68の車輪」は6万回、「沖縄久高島のイザイホー1」は1万2千回と凄い再生回数である。鉄道関係の映画にも多くの関心が見られる。生命科学映画も2,3千回を越えている作品もある。

よい作品の発掘は当然な活動、しかし配信映画をどう生かすかが、今後の課題であろう。例えば他のサイトを巻き込んだネットライブ化。教育現場での活用を初め、子どもの育成、社会福祉事業などに取り組んでいる団体との連携も今後の活動であろう。そしてもう一段進んだ組織的な活動が出来ればと願う。
[PR]
by rijityoo | 2011-02-23 08:14 | 活動の蔵(1、208) | Comments(0)
科学映像館は幅広くTweetsされている
以下の様に科学映像館はTwitterでもつぶやかれている。

①37Tweets  科学映像館 自然の神秘に触れる感動...
②15      潤滑油
③13      68の車輪
④11      制作会社アーカイブ
⑤10      生命誕生 (フルHD)
⑥ 6      パルスの世界 - エレクトロニクスと生体と
⑦ 4      沖縄久高島のイザイホー(第一部)
⑧ 4      ビール誕生
⑨ 3      新しい鉄道動力
⑩ 2      蒸気機関車‐Hitachi Steam Locomot
[PR]
by rijityoo | 2011-02-22 17:31 | 活動の蔵(1、208) | Comments(0)
製作会社アーカイブ11Tweets
11
tweets tweet

(1)「科学映像館」、最近ごぶさたでしたが、貴重な映像がたくさんあります。http://bit.ly/g3hYGc

(2) NPO法人・科学映像館 http://bit.ly/eeQJ9V 甦った昭和の科学映像を無料配信
hengsu Dec 21, 2010 retweet
NPO法人・科学映像館 http://bit.ly/eeQJ9V 甦った昭和の科学映像を無料配信

(3)これから毎日科学映像館見ようぜ! http://www.kagakueizo.org/movie/ でゲソ!「勉強しなイカ!」

(4)科学映像館で大昔の科学映画を見まくる夜 昔は表参道のTEPIAとか行かないと見られなかったんだ 良い時代だ http://ow.ly/2Gh8e

(5)科学映像館は、けっこう面白い科学映画が見られる。けっこう芸術だ。卵がニワトリのもとにどんどん変化するこれなんかサイケ。http://www.kagakueizo.org/movie/


(6)生命の不思議 科学映像館 http://www.kagakueizo.org/movie/

(7) 科学映像館 http://www.kagakueizo.org/movie/ ここで配信している東京シネマ社の1950年代60年代のドキュメンタリーおすすめ。野田真吉作品はとくに好きです。
[PR]
by rijityoo | 2011-02-22 16:46 | Comments(0)