久米さんの科学映像便り
rijityoo.exblog.jp
カテゴリ
ブログジャンル
ランキング参加してます♪
記事ランキング
最新の記事
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
プロフィール
科学映像館理事長の久米さん。映像遺産を守り、生かすための日々!
ファン
画像一覧
<   2012年 09月 ( 79 )   > この月の画像一覧
科学映像館物語3.「科学映像館」誕生へ~ハードルを乗り越えて~
「科学映像館物語」、第三回はいよいよ設立に向けた具体的な準備へと話が移ります。今回も貴重なお話を伺えればと思います。先生、どうぞ宜しくお願いいたします。

前回は、貴重な価値を持つ科学映画をデジタル化して配信し、広く後世に伝えていこうという考えを持つに至った三つの出会い、いわば背中を押してくれた出会いについてお話ししました。今回は2006年末から2007年初めにかけての設立準備と、設立までに越えなければならなかった幾つかのハードル、そしてそれを乗り越える手助けをしてくれた出会いについてお話しします。

まず組織の立ち上げには何と言っても資金が必要でした。どうしようかと考えていたところ、大学の同級生でもある河田照茂徳島大学名誉教授が、徳島のある企業が支援してくれるのではないかとのことで企画書を提出してみるようにと提案してくれました。2006年末頃のことです。支援は数千万円規模で、急いで企画書をまとめて提出したのですが、企業側の目的とこちらの目的が必ずしも一致しない部分もあり残念ながらこの話もまとまりませんでした。

しかし「骨の健康づくり委員会」でウェブサイトを運営したり、試験的に科学映画20編を配信するなどして培った経験からNPO法人というかたちで立ち上げようということで、2007年初頭に関係者の方と結論を出し、2007年4月1日の設立に向けて準備を進めることとなりました。

第一のハードルは組織の名称をどうするかです。「科学映像館」の名前に決まるまでは多少紆余曲折がありました。まず考えたのは「生命科学映像館」。これは私が「The Bone」、「The Bone Ⅱ」など生命科学分野の科学映画に深く関わっていたことから考えた名前でしたが、ある程度分野が限られるとのことで見送りとなりました。次に考えたのは「映像館」。これは逆に範囲が広すぎるとのことで見送りに。そして最終的に「科学映像館」に決まりました。アナログフィルムをデジタル化して配信するこの科学映像館のロゴは、アナログフィルムとデジタルのDVDをあしらったものとなっています。

現在の「科学映像館」のほかにも候補があったのですね。

2007年1月下旬に無事名称も決まりましたが、次にまとめなければならなかったのは如何にしてフィルムをデジタル化し配信するかでした。

フィルムのデジタル化については複数の企業に見積もりを依頼しましたが、当時は「デジタル化」の捉え方も様々だったようで、映写した映画をそのままデジタルカメラで撮影し「デジタル化しました」というようなところもありました。しかしこれもデジタル化ですね。そんな風に手探りで準備を進めていたのですが、ここでも優れた才能と熱意を持つ人たちと出会ったことでハードルを乗り越えることができました。

一人は株式会社東京シネマ新社の岡田一男氏です。以前からフィルムのデジタル化に強い関心を寄せていた氏に株式会社東京光音を紹介してもらいました。東京光音は当初映画制作会社として出発しましたが、後に日本国内のサクラカラー(後のコニカカラー)の8mmフィルム現像を一手に引き受けるようになったほか、日本テレビ放送網株式会社のニュース映像現像も行っていた会社です。日本で唯一企業とも言える東京光音がアナログフィルムのデジタル化を一手に引き受けてくれることとなりました。

アナログフィルムのデジタル化にあたって、どのような点が大変だったのでしょうか。

アナログフィルムのデジタル化にあたって何が大変かと言うと「フィルムの復元」です。テレシネ作業についてはCINTEL社のテレシネシステム機器などが活躍しますが、作業前にカビや汚れが付着したフィルムを綺麗に復元する必要がある。これは大変な仕事で、決められたフォーマットもなく一本ずつ手作業で行わなければなりません。一本の復元に半年を要することさえあるようです。復元の模様をデジタル復元への挑戦に描いています。身近に貴重な映画をお持ちの方は、ぜひデジタル化して下さい。

デジタル化の仕事を引き受けてくれた東京光音には、優れた才能を持つだけでなく仕事や映像が心底好きというスタッフが数多くいました。その一人が松本一正氏(現:株式会社東京光音フィルム/ビデオ/サウンド/デジタル修復・復元センター所長)です。彼は若い頃から家業の写真館の手伝いをして腕を磨き、20歳の頃に上京しました。そこで門を叩いたのが東京光音だったのです。ここで彼はその経験と才能を遺憾なく発揮することとなるのですが、このような優れたスタッフによる高いレベルの仕事によって、アナログフィルムのデジタル化が可能となったわけです。

昨年の東日本大震災でも数多くのフィルムが海水で汚損するなど大きな被害を受けましたが、同社はこれらのフィルムについても無償で復元を行っています。

また、デジタル化した映像の配信にあたってはレンタルサーバーも必要でしたが、こちらも北海道から沖縄まで何社もの企業に打診しました。郷里の徳島にも二社候補がありましたが、最終的に徳島にあるみの電子産業株式会社に依頼することにしました。お願いした当時の美野健司社長は31歳でしたが、何度も上京して打ち合わせするなど、私の要望にとにかく丁寧に対応してくれました。彼も実家が電器店で、ビデオ映像のデジタル化を趣味として行っていた。やはり映像が好きだったのですね。東京光音の松本氏と美野氏はお互いに相通じるものがあり、びっくりしました。同社は現在1,000社を超える取引企業を抱え、音楽コンサートやライブのストリーミング配信なども手掛けています。

このように優れた才能と熱意を持つ人たちの支援を得たことに加えて、私自身も「骨の健康づくり委員会」でウェブサイト運営や映像配信のノウハウを培っていたこともあり、2007年4月1日の科学映像館設立に向けて、着実に歩みを進めていったのです。

映像が本当に好きで、貴重な価値を持つ科学映像を復元、デジタル化して後世に伝えていきたいという純粋な想いでつながった人たちによって科学映像館ができたのですね。次回も引き続き、科学映像館設立に向けた準備について貴重なお話を伺えればと思います。先生、どうも有難うございました。
[PR]
by rijityoo | 2012-09-30 22:21 | 科学映像館物語(18) | Comments(0)
科学映像館物語第3回目の電話取材
今日の予定は、2007年科学映像館の準備。デジタル化の企業とレンタルサーバーの選定、ネーミング、NPO法人定款と理事のお願い及びWebサイトの企画とデザイン化などを2か月半で行った推移、とくに舞台裏に焦点を。
[PR]
by rijityoo | 2012-09-30 06:28 | 活動予定(395 ) | Comments(0)
昨日3回目のカメラを
一年ぶりに大腸にカメラを入れてもらう。ポリープが2個あり、摘出したとのこと。ポリープができやすい体質の様である。胃カメラを飲んでもいつもポリープが。でもすっきりした78歳。
[PR]
by rijityoo | 2012-09-30 06:17 | 活動の蔵(1、208) | Comments(0)
仮配信。「花と昆虫」と「ピアノへの招待」
花と昆虫
制作:日映科学製作所 1957年 カラー 20分

<概略>
朝もやにかすむ雑木林。やわらかい朝の光に誘われて、蛹からかえったアゲハ蝶が翔を展げ、タンポポ,ケシ、チュウリップの花が次々に咲き始める。

多くの植物と昆虫たちはお互いに助け合って生きている。自分が動くことのできない植物は美しい色や甘い蜜、高い香りなどで昆虫を誘っている。蜜標はそうしたしるしのひとつだ。

また、蜜の少ない花は、花粉を多く持っている。昆虫は、生命の糧の蜜や花をもらう代わりに、花粉をはこんで花の受精の仲立ちを果たしている。

平和な花園に演じられる虫と花とのやり取りから、私たちは自然の持つ巧みさ見ることができる。

<指導>
昆虫:千葉大学 野村健一
    玉川大学 岡田一次
花:千葉大学 浅山英一

<スタッフ>
制作:石本統吉
脚本:岡野薫子
演出:奥山大六郎
撮影:後藤 淳
照明:鈴木忠一
音楽:飯田信夫
解説:宮田 輝
録音:大橋鉄矢

ピアノへの招待

制作:日映科学映画製作所 企画:日本楽器製造 1959年 26分

<作品概要>
アラスカや北海道から集められた木材を使って、一台のピアノが作られていく工程を映像化した秀作。

<スタッフ>
監督:奥山大六朗

<受賞歴>
文部大臣奨励賞 
キネマ旬報短編第7位
教育映画祭特別賞 
日本紹介映画コンクール通産大臣賞などを受賞
[PR]
by rijityoo | 2012-09-29 17:38 | 先行配信映画(107) | Comments(0)
昨日運動教室が無事終了
数値の改善より、こういった活動に参加することの大切さを知った喜び。昨日78歳の誕生日を参加者に祝ってもらい、大きな思い出の一日となりました。
b0115553_9292561.jpg

[PR]
by rijityoo | 2012-09-29 09:09 | 活動の蔵(1、208) | Comments(0)
ストレッチ教室を見学
2時間みっちりのコース。来週金曜日から参加予定。今回のコースは相当きつそう。マー頑張るか。
[PR]
by rijityoo | 2012-09-28 11:36 | 活動予定(395 ) | Comments(0)
本日で運動教室が終わる
本日で3か月通った運動教室が終了。早速次の教室の見学へ。自分だけでは十分な運動維持は難しい。

9月28日は誕生日で78歳に。あちこちからお祝いのメールが届く。どこで知ったのかな。
[PR]
by rijityoo | 2012-09-28 08:37 | 活動予定(395 ) | Comments(0)
科学映像館物語3.のため、東京光音に確認の電話を入れる
科学映像館物語も次回は第3回になる。科学映像館の立ち上げには欠かせないことがある。デジタル化と映像配信である。設立以来お世話になっている、東京光音とみの電子産業に電話を入れ確認をとる。

折しも、富士フィルムがフィルムの製造から完全撤退とのニュウスが流れており、業界では大きな話題になっている。時の流れとは言え、さびしい一面も。一方、貴重な映画のデジタル化と保存も重要に。
[PR]
by rijityoo | 2012-09-27 13:37 | 活動の蔵(1、208) | Comments(0)
今朝はこれからアッシー君
家内を病院までのアッシー君です。午前中に帰宅予定、最近出歩くことが多い。これも生活に変化があり、いいのかも。

明日は運動教室の最終日。ちょっとしたお礼とおしゃべりの集いを計画。
[PR]
by rijityoo | 2012-09-27 07:50 | 活動予定(395 ) | Comments(0)
データーべース化について2時間の話し合い
Webサイトに詳しい平松氏と2時間話し合いを行い、種々ご指導をいただく。科学映像館の規模、1,000件以下の場合、大々的にプログラムを組みデータべース化の意味はとの結論を得る。費用の点も問題である。

しかも現在のサイトにはすでに相当のデーターが収録されており、これらのデーターをサイトでどう生かすかと、平松氏今後もご検討いただくことに。

管理者の願いは、配信映画を見出しやすくし、活用していただくかである。具体的には映画のタイトル名で検索しえるシステムを導入が一つの課題に。

科学映像館をご覧いただき、お気づきの点があれば、ぜひお教えいただきたい。多くの方に貴重な映画を知って、生かしてほしいと願い。
[PR]
by rijityoo | 2012-09-26 17:43 | 活動の蔵(1、208) | Comments(0)