久米さんの科学映像便り
rijityoo.exblog.jp
カテゴリ
ブログジャンル
ランキング参加してます♪
記事ランキング
最新の記事
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
プロフィール
科学映像館理事長の久米さん。映像遺産を守り、生かすための日々!
ファン
画像一覧
<   2014年 12月 ( 46 )   > この月の画像一覧
スマホは便利だが・・
先日、行きは新幹線、帰りは飛行機の神戸への一泊旅行。夫婦、家族旅行している人たち、座席に座った途端、それぞれがスマホに夢中。折角の家族旅行はと感じる。ここ数年、スマホの普及は社会生活を一変したようだ。

今晩のテレビ番組で、30歳前半の女性タレントが宅配便の受け取り以外、1週間全く喋ることがなかったと。高齢者ばかりでなく、若者も孤独な生活を。寂しい限りである。

[PR]
by rijityoo | 2014-12-31 00:01 | 活動の蔵(1、208) | Comments(0)
本年度のジムは終了、その結果は如何?
約6年前、体重は86キロ、ウエストは96センチ、心臓に不整脈もあり、埼玉県循環器センターで精密検査の結果、冠動脈に40%程度の狭窄、自動の運転は禁止との医者から。以後、2、3種類の薬投与で経過観察。中腰はきつく、片膝をついて草取りも。地下鉄の階段は相当きつく、ときに痛みを感じたこともあった。

約4年前、昔の研究仲間が埼玉医大川越リハビリセンターに赴任され、ご挨拶に。家内を含めて診察を受けた後、要介護のための運動教室に週2回通う。とともに間食をやめ、食事も野菜中心にかえる。徐々に体重は減少し始める。

3ヶ月の運動教室後、公民館のストレッチ教室に週1回通う。体重も減り、80キロを下回り、日頃の生活も楽になる。

昨年4月、埼玉医大国際医療センターで心臓の検査を3ヶ月かけて行う。狭窄とか硬化は見られるが、年相応であり、日常生活に問題なしとの診断が下る。

とうとう本年9月からジム通いを始める。9、10月は週1回、11月から週2回、約1時間半のトレーニング。

今日で本年は終了、その結果は、体重が75キロ(以前86キロ)、ウエストが87センチ(96センチ)、体脂肪が23.8(27、6)まで下がる。体調が良くなれば、頻繁に出かけ、春は桜、秋は紅葉と追っかける。先日姪の娘の結婚式で神戸へ、羽田から川越の自宅までも池袋から霞ヶ関まで立ちぱなしで疲れもなく、翌日はジムへ。少しは効果が出始めているようである。



[PR]
by rijityoo | 2014-12-30 14:06 | 活動の蔵(1、208) | Comments(0)
12月の理事長ブログの記事ランキング
ブログの記事ランキングはJR北海道配線路線とカテプシンKが圧倒的でした。ユウロ光で基本料金が2、500円安くとのなるとの話題も割合多いですね。悩まされたかと多いようで、知り合いの電話でも。

ポルポト事件以前の8mm映画は1月第2週に配信予定です。

ブログ掲載記事ランキング
1幌内線と広尾線の映画には多くの方が・・17.36 %105
2カテプシンK物語~初めに~17.02 %103
3先行配信「さよなら広尾線 夢をありがとう...13.88 %84
4先行配信「さらば栄光の幌内線―その104...12.40 %75
5ポルポト事件以前のカンボジアの8mm映像12.40 %75
6光ファイバーの基本料金が2、500円安く...6.61 %40
7カテプシンK物語が未だに多くの方が6.28 %38
8竹内センター長辞任も彼女は・・・5.45 %33
9近々、JR北海道の廃線路線映画を配信予定4.46 %27
10ロートレックはカテプシンkの遺伝病と想定...4.13 %25


[PR]
by rijityoo | 2014-12-30 07:21 | 活動の蔵(1、208) | Comments(0)
2015年元旦の配信予定映画は「Capital City of Snow」

Capital City of Snow
http://www.kagakueizo.org/prehd/movie.html?0688/yukinomiyakohe-en.mp4

Planned by Sapporo City

Producedby Tokyo Cinema

Color19 min.

b0115553_23413640.png

Abstract:

Thisfilm was produced as part of a PR initiative promoting Sapporo as the venue forthe 1972 Winter Olympics. Around 11 minutes into this

film,we can see curious and valuable footage of artificial snow production at theInstitute of Low Temperature Science, Hokkaido University.


[PR]
by rijityoo | 2014-12-29 23:33 | Comments(0)
科学映像館活動の一年を振り返って



皆様、健やかに新春をお迎えになられたとお慶び申し上げます。本年も貴重な作品を保管して後世に贈る活動を続けて行きたいと思っていますので、皆様のご理解、ご支援をお願いします。

b0115553_08323540.png
元旦午前7時埼玉県川越市入間川橋からの富士山

作年は多くの方のご理解とご協力により、順調に貴重な作品を収集、デジタル復元して皆様にお届けすることができました。主な作品はホンダ株式会社の初期の作品


This is HONDA,話題の多かった理化学研究所の創設期から1985年まで描いた「理化学研究所1985」、北海道映像記録社のJR北海道廃線路線を描いた「さらば栄光の幌内線」他一編と東京文映作品の教育映画と「山ノ辺の道」等であります。お時間があれば、お正月休みにでもご覧下さい。

b0115553_11133899.png

本年も235作品を国立国会図書館に納品いたしました。来年度にこれらの作品は公開される予定です。3年間で257作品を納品することができました。関係者の皆様に感謝致します。


2
月、例の大雪の日に始めて沖縄に1泊で行ってきました。東アジャ映画祭に招待され、ご挨拶の機会があり、沖縄テレビでも紹介されました。この訪問では、シネマ沖縄の「東アジア映像館」とのネットライブラリ化に関する打ち合わせを行いました。


平成
25年度年賀寄付金の助成を受けて、ふくい科学学園との共済により、映画上映と関連実験を3回(合計12回)行いました。この理科実験は高く評価され、朝日新聞と福井新聞で紹介されました。

11月24日骨の研究で私共が発見したカテプシンKについて久しぶりに講演の機会があり、多くの方とお会いしました。

ゆふいん文化・科学映画祭、岐阜県高山の上映会、越前市の上映会と串間市観光協会 都井岬ビジターセンターの上映会に作品を提供しました。その他NHKなごや等数社のテレビ番組制作に協力しました。

b0115553_11122062.png

1021日には、京都の一主婦の540作品の8mm映画が立命館大学に寄贈された件で大学と打ち合わせを行いました。


最後に今年も多くの方から、
55,000円のご寄付をいただいたことをご報告し、心から感謝申し上げます。


補足データ

総配信数:718作品

配信待ち映画:38作品

本年度の再生回数:1,922,128

創設以来の延再生回数:4,418,206


[PR]
by rijityoo | 2014-12-29 11:14 | 活動の蔵(1、208) | Comments(0)
年賀状が終わり、居間等の大掃除を
3日前から年賀状の準備にかかり、やっと400枚の印刷が終了。投函してきました。

年に1回のご挨拶,筆者の近況と来年の抱負(?)を書き添え、宛名の顔を浮かべながら1枚、1枚、心を込めての作業はいいもんです。しかし、年々、少なくなっているのは寂しい限りです。
b0115553_16264410.png
午後、久しぶりに居間の大掃除、玄関に鏡餅とお飾りをつけてお正月を迎えるのみです。

[PR]
by rijityoo | 2014-12-28 16:27 | 活動の蔵(1、208) | Comments(0)
科学映像館へようこそ

科学映像館へようこそ。


戦後まもなく、報道カメラマンであった小林米作氏らは、東京シネマ代表の岡田桑三氏とともに数多くの科学映画を製作されました。これらの科学映画は世界の科学映画界に驚嘆と畏敬の念で迎えられ、日本のそして世界の宝とも言える作品です。科学の真理と美を融合したそれらの作品は、現在でも色あせることなく我々を魅了します。


しかし、色あせない内容とは裏腹に、年月の流れとともにフィルムの劣化が進行し、また管理の難しさから消滅の危機に瀕しています。そこでこのたび、それら珠玉の作品を保存し未来社会に伝承するべく、NPO法人科学映像館を設立いたしました。


当科学映像館では、原版フィルムから高画質のデジタル化(HD化)を押し進め保管するとともに、忘れ去られようとしているそれらの科学映像をウェブにより無料配信します。科学映像館に収められている作品から、生命そして科学の不思議・神秘・美しさ・巧妙さをご堪能していただければ幸いです。どうぞお楽しみください。


[PR]
by rijityoo | 2014-12-27 23:41 | 活動の蔵(1、208) | Comments(0)
本日の配信映画は「平成25年度日本郵便の年賀寄付金の助成を受けた事業」

平成25年度日本郵便の年賀寄付金の助成を受けた事業
b0115553_1091645.png

作品概要

企画/製作:ふくい科学学園/科学映像館
2013年 カラー 16分17秒

NPOふくい科学学園と科学映像館が合同で行った、小学校高学年を対象にした科学実験教室の模様を収録したもの。室内のプロジェクターで映画「科学の祭典」を観賞後、理科実験「人工雪の実験」の模様を収録、編集し、映像化されている。同時録音のためバックの音が気にかかる。
[PR]
by rijityoo | 2014-12-25 10:09 | 新配信映画 | Comments(0)
昨晩、一本の電話が・・・・
喪中のハガキを整理していた時、一本の電話。我が教室で採用3人目、筆者の最初の席仲人でもあったK先生からの電話。実はと切り出した話は、残酷で痛まし内容、12月18日家内がなくなったとのこと。6月ころ、すい臓がんが発覚、4度で手術も不可能,化学療法のかいもなく。

当教室に3年在籍後、Y大学へ、更に筆者の紹介でY製薬会社で研究生活、その後、学術部門で活躍。退社後、色々と交流があり、お世話になったことも。彼が68歳、奥さんは63歳。子供さんも自立、これから2人の生活との時、襲った悲劇であり、あまりにも残酷。彼自身があまり健康ではなく、日々悩みの多かった10年。昨晩も自分が先と考えていたがと。本当に痛ましい、ご冥福を祈る。

[PR]
by rijityoo | 2014-12-25 08:34 | 活動の蔵(1、208) | Comments(0)
病院もいろいろ
高齢者夫婦、色んな持病もあり、色んな病院でお世話になっている。最近の病院は、それなりに施設もよくなり、対応も素晴らしい。その中で、特に印象に残っている病院がある。昨日、2ヶ月毎に家内がお世話になっており、アッシー君で病院に。

川越市内の胃腸を専門にした中規模病院である。4回建で3、4階が入院病棟,2階が検査室、1階は受付、外来診察室(7個室)とレントゲン検査等である。内視鏡検査器具等は最高レベル、専門医が診断にあたっている。(技師任せ病院も)

小生は1、2階のしか見ていないが、まず清潔。観葉植物と鉢植えの季節の花にあふれ、要所には胡蝶蘭も。狭いながら中庭にはバラ園もあり、外来患者を楽しませている。病院長の各地の季節の写真が待合室のデスプレイで流れている。

患者の予約は20分単位、でも検査等は2ヶ月待ちである(患者の信用度大か)。対応は番号制ではなく、フルネームを様で呼ばれる。(通常さん、ときに面倒くさそうに)看護師、掃除のおばさん、売店の店員まで必ず患者への挨拶で出迎え、見送り。おもてなしが行き届き、旅館かホテルの感じ。

昨日から、掛毛布のサービスが各所に。そしてネスカフの飲料水が自動販売機で80円とは驚きでもあり、やれば出来るんだと感心。

[PR]
by rijityoo | 2014-12-20 09:43 | 活動の蔵(1、208) | Comments(0)