久米さんの科学映像便り
rijityoo.exblog.jp
カテゴリ
ブログジャンル
ランキング参加してます♪
記事ランキング
最新の記事
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
プロフィール
科学映像館理事長の久米さん。映像遺産を守り、生かすための日々!
ファン
画像一覧
<   2015年 02月 ( 16 )   > この月の画像一覧
当館が「デジタル・アーカイブの最前線」で紹介される

現東京総合教育研究センター非常勤講師。前愛知大学文学部教授時実象一先生の「デジタル・アーカイブの最前線ー知識・文化・感受性を消滅させないために」と題するブル-バックスが講談社から発刊された。

その中で当科学映像館が「よみがえった科学映画」(57~59ページ)として紹介される。

b0115553_16290600.png


[PR]
by rijityoo | 2015-02-28 16:29 | 活動の蔵(1、208) | Comments(0)
科学映像館のあゆみ

科学映像館の歩み

年次

事業

備考

2002
3

明海大学定年退職。

4

骨の健康づくり委員会を設立。

2004
4

Webサイト「骨の健康づくり委員会」により、生命科学映画17篇の無料配信を開始。

ADSL普及
YouTube
誕生

2006
8

NPO法人科学映像館の準備を始める。

小林米作氏を偲ぶ会が開催

2007
4

NPO法人科学映像館を支える会」を設立。

ニコニコ動画

5

35mmネガフィルムからデジタル復元を行い、「生命誕生」の無料配信を開始。

6

1回上映会を「SKIPシティ」で開催。

9

東北映像研究会が「昭和初期 9.5mm映画」などを提供。

11

映画「68の車輪」の配信を行う。

再生回数急増

2008
4

事務室を自宅へ移転。

CATV普及

5

ウェブサイトを改造、英語版を追加。

6

野尻湖関係映画の配信を行う。
信濃毎日新聞が科学映像館を紹介。

2009
6

学研小川氏が、小林米作氏の作品で十字屋制作の教育映画5作品を提供。

9

朝日新聞が科学映像館を紹介。

2万回再生/

2010
8

日本のドキュメンタリー第4巻に執筆。

岩波書店発刊

10

徳島県美馬市文化祭で講演。

科学映像館とは

2011
1

埼玉県NPO大賞1次審査で1位に。

3

平成23年度年賀寄付金の助成を得る。

JSFにて科学映像館について話し合う。

東日本大震災

4

薬学図書館に記事掲載される。

5

「福島の原子力」が脚光を浴びる。

Twitterが媒介

国立国会図書館長と第1回の会合。

山元孝二氏同席

6

文化庁次長にご挨拶。

7

West Street Journalで紹介される。

8

イギリスBBC等から「福島の原子力」使用許可願い。

WAM福祉活動支援事業の助成金を。

図書館長に久米川理事長私案を提出。

9

国立国会図書館長と第2回の話し合い。

東大副総長同席

11

文化庁次長と第2回の話し合い。

関係者8名同席

12

NHKおはようニッポンで紹介される。

2012
2

赤い羽根助成事業に採択される。

国立国会図書館長と第3回の話し合い、映像の納品が認められる。

4

映像のフォーマットを変更。

Windows 65%

6

国立国会図書館納品に関する骨格完了。

担当事務官来室

9

情報管理に執筆。

JST発刊

2013
2

国立国会図書館に科学映画を納品。

国立国会図書館新館長にご挨拶。

館長交代

3

平成25年度年賀寄附金の助成を得る。

9

科学映像館Webサイト第2回の改造。

カテゴリを追加

2014
2

東アジア映画祭に出席し、挨拶。

テレビ沖縄放映

4

iTunesUに作品を提供。

5

本田技研工業株式会社から配信許可。

This is HONDA

6

Facebook科学映像館を開始する。

映画の収集に効果的

11

理化学研究所作品の配信許可。

理化学研究所 1985

北海道映像記録社が作品を提供。

カテゴリ:北海道映像記録

2015
1

熊本県が作品を提供。

球磨川を拓く

熊本県五木村が作品を提供。

五木の里

愛媛県宇和島が作品を提供。

吉田の秋祭り

徳島県三好市が作品を提供。

池田ダムなど

   雜誌取材               メデイカルサイエンス

     視察                 ハーバード大学

                        ライシャワー研究所


[PR]
by rijityoo | 2015-02-27 13:20 | 活動の蔵(1、208) | Comments(0)
本日の配信映画は「川とともに 池田ダムのあゆみ 徳島県池田町 第一部」

川とともに 池田ダムのあゆみ 徳島県池田町 第一部

b0115553_10404959.png

作品概要

制作:馬宮謙一郎 8mm カラー 35分

徳島県吉野川の中流に位置する池田町に建設された池田ダムの建設記録。その第一部では池田町の俯瞰図、吉野川清流と人の生活との関わり合い、そしてダム建設基礎工事の模様を描く。素晴らしいカメラワークで建設前後の模様が見事に記録されている。

池田ダム(国交省のダム管理事務所の資料より)

池田ダムは、吉野川総合開発計画の要(かなめ)として、洪水調節、低水流量の調整、吉野川北岸用水ならびに香川用水に必要な取水位の確保及び発電を行っています。

●洪水調節
池田ダム地点において、計画高水流量11,300m3/sのうち、200m3/sの洪水調節を行います。

●流水の正常な機能の維持
流水の正常な機能を維持するため、早明浦ダム地点から池田ダム地点間の到達時間の変動などによる低水時の流量の変動を、EL.87.5mから88.1mまでの調節容量80万m3を利用して調節し、早明浦ダムの操作とあわせて下流既得用水の取水の安定化を図ります。

●取水位の確保
池田ダム貯水池から吉野川北岸用水及び香川用水を取水するために、最低水位EL.87.5mを確保します。

●発電
ダム右岸側の発電所(四国電力)において、最大出力5,000kwの発電を行います。
[PR]
by rijityoo | 2015-02-26 10:40 | 新配信映画 | Comments(0)
先行配信「池田ダムのあゆみ第二部」
川とともに 池田ダムのあゆみ 徳島県池田町 第二部
制作:馬宮謙一郎 8mmフィルム カラー 30分

第二部はダム建設の推移とダム湖。香川県の供水口も描かれている。なお池田ダムについて国交省のダム管理事務所の資料には以下のように記されています。

池田ダムについて

池田ダムは、吉野川総合開発計画の要(かなめ)として、洪水調節、低水流量の調整、吉野川北岸用水ならびに香川用水に必要な取水位の確保及び発電を行っています。

●洪水調節
池田ダム地点において、計画高水流量11,300m3/sのうち、200m3/sの洪水調節を行います。

●流水の正常な機能の維持
流水の正常な機能を維持するため、早明浦ダム地点から池田ダム地点間の到達時間の変動などによる低水時の流量の変動を、EL.87.5mから88.1mまでの調節容量80万m3を利用して調節し、早明浦ダムの操作とあわせて下流既得用水の取水の安定化を図ります。

●取水位の確保
池田ダム貯水池から吉野川北岸用水及び香川用水を取水するために、最低水位EL.87.5mを確保します。

●発電
ダム右岸側の発電所(四国電力)において、最大出力5,000kwの発電を行います。
池田ダム

●工期
昭和43年9月から昭和50年3月

●総事業費
約74億円

b0115553_20151917.png

b0115553_20155818.png

b0115553_20165253.png

b0115553_20172038.png

[PR]
by rijityoo | 2015-02-20 20:17 | 先行配信映画(107) | Comments(0)
池田ダムのあゆみを先行配信

川とともに 池田ダムのあゆみ 徳島県池田町 第一部
制作:馬宮謙一郎 カラー 35分

吉野川中流池田町に建設された池田ダムの建設記録。第一部では池田町の俯瞰図、吉野川清流と人の生活との関わり合い、そしてダム建設基礎工事の模様を描く。素晴らしいカメラワークで建設前後の模様が見事に再現されている。
b0115553_1914973.png

b0115553_19145036.png

b0115553_19151862.png

[PR]
by rijityoo | 2015-02-20 19:15 | 先行配信映画(107) | Comments(0)
本日の配信映画は「県政ニユース特集 熊本県大水害記録」

県政ニユース特集 熊本県大水害記録
b0115553_1114267.png
作品概要

企画/撮影:熊本県広報渉外課 製作:東京映画技術研究所
1954年 白黒 15分42秒


1953年(昭和28年)6月25日から29日かけて九州北部を襲った大水害、特に白川の洪水とその被害状況を収録した記録である。熊本県から頂いた映像はVHSに変換されていたため、最初の数分は上映時の幕面の傷で画質は良くないが、貴重な記録映像である。現素材のフィルムが残っていないのは残念である。

昭和28年西日本水害(Wikipediaより)

「昭和28年西日本水害(しょうわ28ねんにしにほんすいがい)は、1953年(昭和28年)6月25日から6月29日にかけて九州地方北部(福岡県・佐賀県・熊本県・大分県)を中心に発生した、梅雨前線を原因とする集中豪雨による水害である。

阿蘇山・英彦山を中心に総降水量が1,000mmを超える記録的な豪雨により、九州最大の河川である筑後川を始め白川など九州北部を流れる河川がほぼ全て氾濫、流域に戦後最悪となる水害をひき起こし死者・行方不明者1,001名、浸水家屋45万棟、被災者数約100万人という大災害となった。この水害により筑後川など九州北部の河川における治水対策が根本から改められることになり、現在においても基本高水流量の基準となっている。

この九州北部を襲った水害は気象庁による明確な災害名が付けられておらず、熊本県では「白川大水害」または「6.26水害」、北九州市では「北九州大水害」など、地域によって様々な呼称が用いられているほか、諸文献によっても災害名称が異なっている。本記事名は土木学会西部支部の調査報告書に準拠し、「昭和28年西日本水害」と呼称
[PR]
by rijityoo | 2015-02-19 10:58 | 新配信映画 | Comments(0)
「池田ダム」のネット配信が徳島新聞で紹介される
徳島県三好市の馬宮さんが池田ダムの建設記録を8mmに収録、今回関係者の許可を得て科学映像館で配信予定である。この内容を徳島新聞が県版で紹介。その内容は以下のとおりである。
b0115553_10345325.jpg

[PR]
by rijityoo | 2015-02-19 10:35 | 活動報告 | Comments(0)
カテプシンKに関する総説を紹介いたします。
カテプシンK物語に多くの方が関心を頂いています。カテプシンKに関する詳しい内容は電子版によりご覧いただけますのでご紹介いたします。

総説はこちらから
[PR]
by rijityoo | 2015-02-16 09:17 | 活動の蔵(1、208) | Comments(0)
カテプシンK物語はまだまだ
カテプシンK物語は今月も掲載記事トップ10に3件も。1年半過ぎてもこのアクセスは?
1科学映像館は2004年に活動を始めました 21
2雪の観察会が・・・ 14
3カテプシンK物語~おわりに 13
4カテプシンK物語~初めに~ 10
5ハーバード大学ライシャワー日本研究所の坂口氏とお会いする
6本日の配信映画は「科学技術教育シリーズ 製図編第一部 製図の基礎」
7カテプシンK物語~その阻害剤
8作品の収集,デジタル化、エンコードして初めてご覧になれます
9(有)アサヒプロダクツ(東北文化財映像研究所) 代表 阿部武司からのお知らせ
10貨車に氷をつめた冷蔵車が生の魚を運ぶ列車を描く作品「ごちそう列車」



[PR]
by rijityoo | 2015-02-15 08:06 | 活動の蔵(1、208) | Comments(0)
先行配信のお知らせ「県政ニユース特集 熊本県大水害記録」
県政ニユース特集 熊本県大水害記録
企画/撮影:熊本県広報渉外課 製作:東京映画技術研究所
1954年 白黒 15分42秒
b0115553_1626666.png

概要
昭和28年6月25日から29日かけて九州北部を襲った大水害,特に白川の洪水とその被害状況を収録した記録である。熊本県から得られた映像はVHSに変換され、最初の数分は上映時の幕面の傷で見づらいが、貴重な記録である。現素材のフィルムが残っていないのは残念である。

なおウィキペデアはこの洪水を以下のように記載している。
「昭和28年西日本水害(しょうわ28ねんにしにほんすいがい)は、1953年(昭和28年)6月25日から6月29日にかけて九州地方北部(福岡県・佐賀県・熊本県・大分県)を中心に発生した、梅雨前線を原因とする集中豪雨による水害である。

阿蘇山・英彦山を中心に総降水量が1,000mmを超える記録的な豪雨により、九州最大の河川である筑後川を始め白川など九州北部を流れる河川がほぼ全て氾濫、流域に戦後最悪となる水害をひき起こし死者・行方不明者1,001名、浸水家屋45万棟、被災者数約100万人という大災害となった。この水害により筑後川など九州北部の河川における治水対策が根本から改められることになり、現在においても基本高水流量の基準となっている。

この九州北部を襲った水害は気象庁による明確な災害名が付けられておらず、熊本県では「白川大水害」または「6.26水害」、北九州市では「北九州大水害」など、地域によって様々な呼称が用いられているほか、諸文献によっても災害名称が異なっている。本記事名は土木学会西部支部の調査報告書に準拠し、「昭和28年西日本水害」と呼称する。なお本文中の自治体名は1953年当時の自治体名(括弧内は現在の自治体名)を用いる。」
[PR]
by rijityoo | 2015-02-14 16:22 | 先行配信映画(107) | Comments(0)