久米さんの科学映像便り
rijityoo.exblog.jp
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
ブログジャンル
ランキング参加してます♪
記事ランキング
最新の記事
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
プロフィール
科学映像館理事長の久米さん。映像遺産を守り、生かすための日々!
ファン
画像一覧
<   2016年 03月 ( 16 )   > この月の画像一覧
配信映画の分類は?
科学映像館では配信映画が800作品を超え、訪問者が配信映画を見付けやすくするにはどうすればいいのか?その表示に苦労している。4年前からジャンル、年代、タイトル、制作会社に分類して表示している。最近1か月のログ解析は以下の通りで、ジャンル別が最も多い結果となっており、順当かも。


ジャンル    20,389(件)
製作社     10,130
年代       2,766
タイトル      768
[PR]
by rijityoo | 2016-03-31 17:35 | 活動報告 | Comments(0)
本日の配信映画は「生きものは動く 第2部 原形質流動(フルHD) 」
生きものは動く 第2部 原形質流動(フルHD)
受賞歴

1979年:第33回国際科学映画協会大会・映画祭特別名誉賞

1980年:
第17回ANZASS国際科学映画エキジビショングランプリオルビット賞

1982年:
第9回ブラッセル自由大学国際科学技術映画祭
グランプリおよび同細胞生物学賞

文部省特選
作品概要

制作:東京シネマ新社
企画:下中記念財団EC日本アーカイブズ、東京シネマ新社
カラー 16分 あばかれた自然の秘密シリーズ

当館で現在配信中の同映画を、マスターフィルムから新たにフルHDでのデジタル化したもの。

高度に進化した動物の筋肉の収縮運動も原始的な植物細砲の原形質流動も、共通してATPによるエネルギー供給とアクチン、ミオシンという2種類の蛋白質の相互作用によって引き起こされます。これは、ごく最近まで生物学者にとってさえ想像を絶することでした。

生きものの基本的な構成単位である細胞の中で、生きている部分-原形質-が流動している事実は、極めて幼稚な顕微鏡しかない時代にもすでに観察されていました。しかし細胞運動の研究が急速に進み、原形質流動の仕組が明らかにされたのは、ここ十数年のことです。

日本の科学者たちは、その解明において世界をリードしてきました。このフィルムはアクチンとミオシンの働きを筋肉で説明したあと、その相互作用を車軸藻類のフラスモと粘菌変形体を使ったさまざまな実験によって観察し、最先端の研究成果を紹介していきます。

それらは、いずれも我国が世界に誇る研究成果であり、その映像化は内外の科学映画祭において、最高の注目と評価を受けることとなりました。
制作協力

放送文化基金
スタッフ

製作:岡田桑三、岡田一男
脚本・演出:後藤雅毅
演出:岡田一男
撮影:谷口常也、草間道則
音楽:ブライアン・イーノ
ナレーター:草野仁
ネガ編集:川岸喜美枝
[PR]
by rijityoo | 2016-03-31 10:59 | 新配信映画 | Comments(0)
先行配信のお知らせ「忍者のふるさと」など6作品
1.忍者のふるさと

2.雛さま

3.明日香

4.嫌気性菌をめぐる複数菌感染


5.細菌とたたかう ―MICとMBC―


6.抗菌作用を探る

[PR]
by rijityoo | 2016-03-30 07:58 | 先行配信映画(107) | Comments(0)
再生回数の多い作品
最近1か月のトップ10作品の再生回数

  作品名                         再生回数
「東日本大震災巨大津波」宮古市市役所職員2011年撮影79,585 (45%)
「68の車輪」 東京シネマ1965年製作         7,601 (4.2%)
「美しき国土 その生い立ち               4,230 (2.4%)
「蒼い記憶」山岸豊吉製作委員会製作         4,007 (2.2%)
「日本誕生」日映科学映画製作所製作         7,172 (4.0%)
「伝承の技と心 越前打刃物」越前打刃物協同組合製作    3,174 (1.8%)
「つばめを動かすひとたち 」日映科学映画製作所1954年製作3,348 (1.9%)
「目でみる福島第一原子力発電所」日映科学映画製作所1991年製作3,291 (1.8%)
「沖縄730 道の記録」シネマ沖縄1977年製作        2,750 (1.5%)
「雪に挑む」日映科学映画製作所1961年製作        1,888 (1.1%)
[PR]
by rijityoo | 2016-03-28 22:57 | 活動報告 | Comments(0)
今日の配信映画は「生きものは動く-微小管の機能-(フルHD) 」

生きものは動く-微小管の機能-(フルHD)
制作:東京シネマ新社
企画:伝統文化財記録保存会、下中記念財団EC日本アーカイブズ
カラー 26分 あばかれた自然の秘密シリーズ
当館で現在配信中の同映画を、マスターフィルムから新たにフルHDでのデジタル化したもの。
※PCのブラウザIE、Firefoxでのみ視聴可
[PR]
by rijityoo | 2016-03-24 11:18 | Comments(0)
川越中院の垂れ桜が見頃
b0115553_7324510.jpg
川越中院の枝垂れ桜を紹介しましょう。今日は天候にも恵まれ、最高でした。
中院は喜多院の直ぐ南方にあり、正式には天台宗別格本山中院といい、閑静な佇まいが趣のある寺院。
古くは星野山無量寿寺仏地院と呼ばれ、鎌倉時代の終わり頃、無量寿寺から分かれたとされる天台宗の寺で、喜多院に天海僧正が来往するまではこの地の中心的な寺院であったといわれている。
中院は島崎藤村ゆかりの寺院として知られており、境内には川越市の文化財に指定された島崎藤村ゆかりの茶室・不染亭があり、現在は茶道を楽しむ人々に利用され、保存伝承されている。
また、境内には藤村の義母加藤みきの墓があり、藤村も度々足を運び墓石の「蓮月不染之墓」という。一度訪れてみては。
b0115553_732226.jpg

[PR]
by rijityoo | 2016-03-24 07:32 | 活動報告 | Comments(0)
ニコン大井製作所がまもなく解体
世界的名機を産んだ中心施設 二コン大井製作所「101号館」がまもなく解体されるようです。
ニコンヘローの鈴木誠氏が詳しく報告しています。 詳細はこちらから


この製作所が生み出した光学機器が科学映像館配信中の
科学の眼 ニコンでご覧になれます。
b0115553_754199.png

[PR]
by rijityoo | 2016-03-21 07:05 | 活動報告 | Comments(0)
4K映像アーカイブの可能性 について
近年「4K」という単語をニュースや新聞、広告などで目にするようになりました。4K映像や4K放送など、すっかり身近になりつつあるこの「4K」とは、いったいどのようなものでしょうか。

4Kとは「4K解像度」ともいい、横4,000×縦2,000前後の解像度に対応した映像に対する総称とされています。現在の主流であるフルハイビジョン(フルHD)の画素数は横1,920×縦1,080、合計207万3,600画素ですが、4Kの画素数は横3,840×縦2,160で合計829万4,400画素となり、フルHDの約4倍となります。(参照:http://www.macxdvd.com/blog/smart-what-is-4k.htm)

この4K、インターネットによる映像アーカイブである科学映像館には関係のない別の世界の話だろうと当初は考えていました。しかし今年の2月、当法人の映像デジタル化処理を一手に引き受けていただいている東京光音株式会社(http://www.koon.co.jp/)から「第2回4K報告会」の案内が届いたこともあり、さる3月10日に初台にある東京光音の営業所まで足を運んでみました。その内容をご報告するとともに、4K映像に対する当法人の今後の対応についても触れてみたいと思います。

今回の報告会は主に関係者のみを対象としたもので、3日間で合計9回開催され約100名が参加したとのことです。前半はパワーポイントを用いてこれまでの経緯や導入機種の性能、また映像データや今後の展望についての報告がありました。

東京光音による4Kへの取り組みはすでに5年前から行われており、4K映像用機材についても現行市販されている十数種類の機種から4種に絞り込み、約1年を掛けて提供された映像サンプルを検討した結果Lasergraphics社のScanStation Film Scannerを選定・導入したとのことです。映像アーカイブの世界でも5年以上前から話題にあがっていたことに驚きました。

映像処理の専門家ではないため、小生が理解した範囲で導入機材ついての説明を試みます。今回導入された機材は従来機種とは異なり4K解像度での復元が可能であること、また8mmおよび9.5mmから35mmまでのネガ・ポジを最大60fpsで高速処理できること。また2D optical pin-registration機能により、映像のブレが極めて少なくなること。さらに汚れや5.5%までのフィルム歪みも補正処理されるなど素晴らしい性能となっています。またスキャン中のフィルムへの傷害も極めて少ないとのことです。もちろん、一度4Kで処理された映像は4K、2K、1K、HD、SDなども映像としても取り出せます。

次いで、この機材で処理された映像の試写も行われましたが、これが本当に驚きの連続でした。昭和初期の9.5mmフィルム映像を処理したものでしたが、海岸の風景では岩の表面までもが鮮明に蘇り、機関車を映した8mm映像も実に鮮明な映像となって蘇りました。特にこの機関車の映像では、SDでは見ることができなかった機関手の挙動までが復元されておりびっくりしました。他にも16mmフィルムの映像では自然な街並みや美味しそうなランチも鮮明に映し出されていました。最新技術を駆使した映像処理機材の性能に驚くとともに、フィルムの持つ情報量、フィルムの素晴らしさも再認識した次第です。

もちろん、この機種による映像も、東京光音の20年に及ぶフィルム修復のノウハウは不可欠であり、その技術と相まってアナログ映像の映像アーカイブが確立することは間違いないことを実感しました。

この報告会で目にした映像の違いや今後の映像方式の潮流などをふまえて考えると、やはり貴重な映像が劣化してしまう前に4Kで映像を保管すべき(予算や映像内容の兼ね合いもあるが)と痛感した一日でした。

もちろん、これらの映像の二次使用については、いつも周辺環境の整備が間に合っておらず、直ぐに4K映像を活用できないのは残念ですが、今後これらの課題も解決し環境整備も進むものと確信しています。

4K映像の素晴らしさに接した現在、科学映像館としてはこの潮流にどのように対応すべきでしょうか。報告会後、東京光音の担当者と個別に話し合いをもった結果、まずは試験的にフィルムを4K処理して保管するとともに、HDまたはSD映像として配信してみる、との結論に達しました。処理データの保管、そして必要なコストの問題については相互に歩み寄り、解決されると思っています。
[PR]
by rijityoo | 2016-03-20 16:59 | 活動報告 | Comments(0)
同級生から送られて来たお母様の遺品、高級補綴物
大学時代の同級生が高度の技術と誠意を持って母様のために作られた遺品、高級補綴物が下記のメールとともに送られてきました。大変ありがたい話。科学映像館活動に活用させていただきます。
b0115553_22515743.jpg


「私も協力したかったのですが、10年前に引退してしまったので、息子に頼むわけにも行かず協力できませんでした。先日、片付けしていたところ、母の補綴物が出て来ました。歯科技術革新時代の所謂、高級補綴物です。遺品として保存していたものですが、貴兄の活動の一助になればと思い、別便で「NPO法人科学映像館を支える会」宛に送ります。」

歯科医のご協力以外に、各自が保存されている入れ歯、食器、宝石類ながあればTFMAプロジェクトにご賛同してご寄付ください。そして皆様とご一緒に貴重な映像を保管して後世への贈り物にしましょう。
[PR]
by rijityoo | 2016-03-18 22:52 | 活動報告 | Comments(0)
本日の配信映画は「市電ものがたり」
市電ものがたり
b0115553_1043219.png


作品概要

撮影/制作:中山富美子
無声 8mmフィルム撮影 カラー 23分33秒

京都市電を撮影した珍しい作品。

京都市電(京都市交通局の資料より)

京都市電は明治45年6月11日、壬生車庫前~千本丸太町~烏丸丸太町~烏丸塩小路間および四条西洞院~四条小橋間の計7.7キロメートルに営業を開始したことが始まりです。これよりさき、明治28年2月1日には京都電氣鐵道株式会社が我が国最初の路面電車の営業を始めていましたが、大正7年7月1日京都市は市内交通一元化の方針からこれを買収し「わが国初の路面電車」を受け継ぎ順次路線を拡大、大正・昭和にかけて「市民の足」として、活躍しました。

京都市の発展に伴って営業規模を拡大し、昭和30年代には隆盛期を迎えます。最盛時の市電は路線長74キロメートル、367両の車両で一日約60万人の人々に利用されました。しかし急速な経済成長にともなう自動車の急増によるモータリゼーションの発展、人工のドーナツ化など、路面交通にも都市化の波が押し寄せ、年々厳しさを増しました。これにより市電の利用者が漸減し、路面交通事業の財政は年々悪化したため、市街地の軌道上を走る市営電車はその影響をまともに受け、昭和45年の4月の伏見・稲荷線の営業廃止を皮切りに,逐次廃止されていき、昭和53年9月末日をもって、京都電氣鐵道以来83年の歴史を閉じました。
[PR]
by rijityoo | 2016-03-17 10:04 | 新配信映画 | Comments(0)