久米さんの科学映像便り
rijityoo.exblog.jp
カテゴリ
ブログジャンル
ランキング参加してます♪
記事ランキング
最新の記事
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
プロフィール
科学映像館理事長の久米さん。映像遺産を守り、生かすための日々!
ファン
画像一覧
<   2016年 09月 ( 23 )   > この月の画像一覧
最近1か月のブログについて
最近1か月の訪問者数:968件
     アクセス数:1,925件

「アメリカ占領下の日本」、「名神高速道路」とフィルムのデジタル化の記事に関心が。ちなみにトップ10は以下の通り。
掲載記事トップ10
1 先行配信「アメリカ占領下の日本」のお知らせ             231
2 映画フィルムのデジタル化について                  75
3 「名神高速道路」のDVDが届く                    58
4 先行配信のお知らせ「子供の四季」など3作品              55
5 日本道路公団企画、日映新社製作の「名神高速道路」について交渉中   50
6 創設以来の視聴回数トップ10作品                  43
7 9月29日の配信映画は「アメリカ占領下の日本ー大日本帝国解体」を配信 42
8 デジタル復元後もフィルム素材は保管を                39
9 科学映像館6~8月の活動報告                    38
10 最近1か月の話題作トップ                      36
[PR]
by rijityoo | 2016-09-29 23:42 | 活動報告 | Comments(0)
本日の配信映画は「アメリカ占領下の日本」

アメリカ占領下の日本 第1巻 大日本帝国解体

b0115553_13736100.png


企画・制作:ウォークプロモーション 制作協力:エヌ・ツー
1995年 一部カラー 45分

1945年8月14日、大日本帝国は連合国のポツダム宣言を受諾し、翌日、天皇の玉音放送によって国民に降伏の意志が伝えられた。ドイツが激しい国内での戦闘により、殆どの戦力が壊滅して終戦を迎えたのとは異なり、沖縄を除く国内での戦闘を回避した日本は、国内ばかりでなく、中國をはじめ海外にも、大きな戦力を保持しての降伏であった。

このため、8月末から日本占領を開始したアメリカを主体とする連合国軍の最大の課題は、日本の戦力を徹底的に除去することから始まった。この作品は、米軍による撮影素材を使用して、8月下旬の占領軍先遣隊の到着に続く、最高司令官到着、大部隊の上陸、9月2日の東京湾上での降伏儀式のあと、徹底した戦力除去の過程をつぶさに紹介していく。

歴史的に貴重なシーンが網羅されているが、背景解説は映像作品という限界もあって不足感が否めない。ウィキペディアの項目「連合国軍占領下の日本」を参照されることをお勧めしたい。

スタッフ

脚本:石井健次 
音楽:国本佳宏 
ナレーション:澤木郁也
監督・編集:石黒典生 
制作総指揮:林良久

アメリカ占領下の日本 全5巻概要

大日本帝国は1945年8月14日に、アメリカが主体となった連合国のポツダム宣言を受諾し、無条件降伏による長く続いた戦争の終結への道を選択した。アメリカを主体とする連合国は、戦後処理のため、占領軍の最高司令官にアメリカのダグラス・マッカーサー元帥を任命し、講和条約発効までの執行機関として、GHQ/SCAPと呼ばれる連合国軍最高司令官総司令部を組織した。

この作品は、GHQによる占領の主体を担ったアメリカ軍が撮影した膨大な映画フィルム、主として16mm反転フィルム、(部分的にはカラーフィルムを含む)により、連合国軍による占領と再生して行く日本を、1952年4月28日のサンフランシスコ講和条約発効の日まで紹介していく。

第1巻 大日本帝国解体
第2巻 最高司令官マッカーサー
第3巻 東京裁判
第4巻 アメリカン・デモクラシー
第5巻 総集編 大日本帝国崩壊
[PR]
by rijityoo | 2016-09-29 13:07 | Comments(0)
「名神高速道路」の配信は保留に
「名神高速道路」の配信は残念ながら、著作権の問題で中止になりました。道路公団が保管していたカラー版が著作権者にはモノクロ版しか保存されたいなかった。しかもそのデジタルや化が最悪、いまだにこれでデジタル復元とは。しかし、カラー版の配信は許されず、そこで配信できない結果となりました。著作権者はもしフィルムがあれば、デジタル化をし直し、いいものを保管してください。いや保管する義務がありますね。
b0115553_22573284.png


b0115553_2258275.png

モノクロであり、タイトルの文字の辺縁がギザギザ。
[PR]
by rijityoo | 2016-09-27 22:46 | 活動報告 | Comments(0)
国立国会図書館デジタルコレクションに科学映像館の映画も
国立国会図書館デジタルコレクションに私たちの「科学映像館」も登録されています。2011年当時の図書館長長尾真先生と初めてお会いし、当館の活動を聞いていただきました。先生のお勧めで当時の文化庁次長と2回お会いしましたのち、久米川試案もお送りし、一年後この作業が本格しました、著作権問題の処理に3か月、映像の納品手付きの原案作り半年を要した厳しい仕事でした。
国立国会図書館デジタルコレクシン

当時の担当者とかわしたメールは実に200回を超えていたと思います。担当者は川越の事務所と東京光音にも足を運んでくれましたね。2012年3月、第一回の納品が終わり、4年間9回の作業で313作品を納品、国立国会図書館の4施設での閲覧とデータベース検索ができるまでこぎつけました。私にとっては大変な4年間でありましたが、充実した4年間でもありました。
b0115553_714516.png

担当者と町工場と大企業がコラボレートすると、意外な成果をもと、電話での会話。それは先生の一方的な思いでしょうと一蹴、担当者にとっては迷惑な4年間であったのかもしれません。
[PR]
by rijityoo | 2016-09-26 07:14 | 活動報告 | Comments(0)
You Tubeの視聴回数トップ12
. 1.…「東日本大震災巨大津波」宮古市市役所職員2011年撮影
•視聴回数 417,328 回

2.…「68の車輪」 東京シネマ1965年製作
•視聴回数 299,955 回

3.…「日本誕生」日映科学映画製作所製作
•視聴回数 240,404 回

4.…「生命誕生」東京シネマ1963年製作
•視聴回数 117,839 回

5.…「美しき国土 その生い立ち」  東京シネマ製作
•視聴回数 103,146 回

6.…「蒼い記憶」山岸豊吉製作委員会製作
•視聴回数 96,173 回

7.…「カブトムシの研究」学研製作
•視聴回数 93,527 回

8.…YS-11 ~新しい日本の翼~
•視聴回数 89,675 回

9.「つばめを動かすひとたち 」日映科学映画製作所製作
•視聴回数 86,213 回

10.…「新しい鉄道力 」日映科学映画製作所製作
•視聴回数 79,102 回

11…「日章丸」 東京シネマ1963年製作
•視聴回数 77,257 回

12.…「伝承の技と心 越前打刃物」越前打刃物協同組合製作
•視聴回数 74,267 回

.
[PR]
by rijityoo | 2016-09-26 07:01 | 活動報告 | Comments(0)
埼玉県日高市の巾着田の彼岸花
巾着田の彼岸花は自然に増殖したもので、高麗川の河畔に約500万本の彼岸花が咲き誇り、あたかも
真っ赤な絨毯。壮観です。最近は観光バスのルートにも。来週が見ごろ、一度是非。

b0115553_17293433.jpg
b0115553_1729955.jpg
b0115553_17284487.jpg

[PR]
by rijityoo | 2016-09-22 17:29 | 活動報告 | Comments(0)
本日の新配信映画は「女性と着物」
女性と着物 WOMEN IN KIMONOhttp
b0115553_12474647.png


作品概要

製作:古賀プロダクション 企画:国際観光振興会
1972年 カラー 11分

日本の着物の特色は、豊かに変わる自然を巧みに取り入れて、柄としている。日本の風物を背景として、着物と日本女性の風情を映画詩としてうたいあげた音楽映画でもある。
[PR]
by rijityoo | 2016-09-22 12:47 | Comments(0)
9月29日の配信映画は「アメリカ占領下の日本ー大日本帝国解体」を配信
アメリカ占領下の日本 第1巻 大日本帝国解体
b0115553_1975743.png

作品概要
企画・制作:ウォークプロモーション 制作協力:エヌ・ツー
発売:コニービデオ 1995年 5巻組構成各話約45分

大日本帝国は1945年8月14日に、アメリカが主体となった連合国のポツダム宣言を受諾し、無条件降伏による長く続いた戦争の終結への道を選択した。アメリカを主体とする連合国は、戦後処理のため、占領軍の最高司令官にアメリカのダグラス・マッカサ―元帥を任命し、講和条約発効までの執行機関として、GHQ/SCAPと呼ばれる連合国軍最高司令官総司令部を組織した。

この作品は、GHQによる占領の主体を担ったアメリカ軍が撮影した膨大な映画フィルム、主として16mm反転フィルム、(部分的にはカラーフィルムを含む)により、連合国軍による占領と再生して行く日本を、1952年4月28日のサンフランシスコ講和条約発効の日まで紹介していく。


スタッフ
脚本:石井健次 
音楽:国本佳宏 
ナレーション:澤木郁也
監督・編集:石黒典生 
制作総指揮:林良久

このシリーズについていまだ本シリーズの著作権は消滅していないが、制作を担ったプロデューサー林良久は他界し、1995年に作品制作の母体となったウォークプロモーション、販売を行ったコニ―ビデオも解散しており、演出担当者とも連絡ができないため、詳細不明な点が多々ある。

この作品シリーズは、最終的には5部構成となっているが、1995年にVHS版が販売された当初は、3巻組であったようで、次いで第4巻が追加された。また別に5巻目にあたる総集編も制作販売が行われている。DVD版は、2005年に販売が始まった。ウォークプロモーションの解散後は、制作会社プロジェクトチームが諸権利を継承して、DVD販売を2014年のコニ―ビデオ解散まで続けた。

生前の林プロデューサーから作品マスター類を託された、TTサウンドワークス鈴木利之は、東京シネマ新社岡田一男の協力のもと、本作品が、末永く、有効に活用されていく道を模索してきた。NPO法人科学映像館を通じてのウェブ上での公開は、その一環である。

保存マスターは、D2とベータカムとあり、NPO法人科学映像館のウェブ公開用デジタルデータ抽出は、東京シネマ新社がベータカムから行い、配信は科学映像館の「TMFAプロジェクトに」よる経費で行っています。賛同者に感謝です。











(公式)サーバーならWADAX
[PR]
by rijityoo | 2016-09-19 19:08 | 先行配信映画(107) | Comments(0)
配信映画の視聴端末
当館配信映画はどの端末で観られているのか?お示している図の如く、パソコンは50%以下に。当館は2012年にPCから、すべての端末での視聴を。
b0115553_7432475.png


上から、PC,携帯、タブレット、TV,その他
[PR]
by rijityoo | 2016-09-16 07:43 | 活動報告 | Comments(0)
デジタル復元後もフィルム素材は保管を
先日、フィルムのデジタル復元について東京光音の松見所長にまとめてもらったが、デジタル復元には高度な技術が必要であることをあらためて痛感。いまだに投影した映像をデジタルカメラで撮影しデジタル化と称している店もあるとか。一応スキャナーで取り込んでも、取り込み前のフィルムの人的と機械的な洗浄、修復、さらにデジタル化後の修復や色補正などが十分でないと映像が不鮮明であったり、ぱらごみがちらつくことが。今回その差異を示す実例を身をもって体験。

東京の一日

子供の四季


今回当館で企業委託した作品で、映像に大きな差が出た実例をお示したい。作品管理上の問題で「子供の四季」は東京光音、「東京の一日」はある企業でデジタル復元。同一作品ではないが、制作は古賀プロダクシオン、35mmネガからSDのデジタル化。「東京の一日」の映像はご覧のように鮮明でなく、ちらちらとパラごみが見られる。

デジタル化も企業の技術差があり、さらにデジタルフォーマットも発展途上中である。したがって、貴重な作品は源素材を捨てないで保管してほしい。また貴重な素材の保管は著作権者の責務でもある。フィルム中の情報量は4Kと言えどもすべてを取り出しているとは言えない。
[PR]
by rijityoo | 2016-09-15 23:43 | 活動報告 | Comments(0)