久米さんの科学映像便り
rijityoo.exblog.jp
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
ブログジャンル
ランキング参加してます♪
記事ランキング
最新の記事
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
プロフィール
科学映像館理事長の久米さん。映像遺産を守り、生かすための日々!
ファン
画像一覧
<   2017年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧
配信映画は「デザインの勉強」

デザインの勉強
関連ページ
教育 | NPO産業技術資料保存調査会
受賞歴
文部省選定
作品概要
制作:新世界プロダクション 管理: NPO産業技術資料保存調査会
一部カラー 29分
映像収録当時のデザインについて解説した作品。抽象的なデザインが多い印象を受ける。
監修
東俊二
協賛
東京都小学校図画工作研究会
東京都中学校図画工作研究会
スタッフ
製作:矢野新一
脚本/監督:小津淳三
撮影:浦島進
音楽:日暮雅信
解説:浜田すみ子
[PR]
by rijityoo | 2017-03-23 23:01 | 新配信映画 | Comments(0)
東日本大震災から6年、その時科学映像館は・・
2011年3月11日午後2時過ぎ、私は大学時代の同級生から電話で居間に。その時この大地震が発生、川越は震度4強、東京の息子の家族に電話するもつながらず、不安に。テレビが続々と地震の被害状況を。

翌日から科学映像館サイトが騒がしくなる。2010年11月配信を始めていた「黎明」「福島の原子力」にアクセスが殺到。配信時、2,3度メタデータのため映画を閲覧するも、これらの映画には特別の思いもなかった作品である。3日目、4日目になると、福島の原子力発電所が危険な状態に。Twitterを介して多くの方がこれらの映画を。この映画は東電が企画した作品、いわばプロパンガンダ映画。この映画の配信はいいのか、どうか?反対の電話もあったが、これぞ将に負の遺産であり、そこに配信する価値ありと判断、配信を続行して今日に至る。
b0115553_10264027.png

その後、これらの作品は在京テレビ局の目に留まり、突如、当館は渦中に・・・。NHKを始め民放各局が30回以上、2次使用。即日使用の申し入れもあり、製作会社を説得して交渉は当館が行い事後承諾に、使用料は無料に。しかも、これまで2次使用であいまいであった点を指摘し、出典を明らかにすることを放送局に提言、番組HPにURL記載も。1か月後にサーバーがパンク、関連映画のみを隔離することに。

さらに、海外にも飛び火、BBCを始め5か国、8番組がこれらの映画を2次使用。ウェストストリートジャーナル電子版での紹介、ドイツ労働組合からのDVD使用の申し入れとうとう。こういったときに
よくあることだが、英語版を作ってはとか、You Yubeに掲載してはとか、いろんな申し入れも。
b0115553_10274323.png

6月に入り、宮古出身者から1枚のDVDが届く。これが「東日本大震災巨大津波」。宮古市市役所広報課職員が市庁舎3階ベランダが津波の模様を30分間撮影した無編集の映像。音は津波とスタッフの声のみ、これが返って津波の恐怖と教訓を。この映画も多くの方からの反応、各地の催しで使用された。
これらの映画以外に当館は「目で見る福島第一原子力発電所」「原子力発電の夜明け」「半歩、立ち上がる人達」「大震災を乗り越えて」を配信している。お暇の際、これらの作品をみて大震災をもう一度想い起こしていただきたい。

少し落ち着き、私達でできることは何だろう?何かないかと自問の日々。東北地方の映像を被災者に贈り、明日への元気になればと。助成金を申請、幸い2件が採択され、秋から翌年の春に向けて準備にかかる。その一つは「東北の記憶」東北祭り、よみがえる金色堂など13編を2枚のDVDに収録、500セットを製作。もう一つは「日本の記憶」日本の祭り等12作品。これらは盛岡市の「SAVE IWATE」を介して主として岩手県の仮設住宅居住者に配付。その際、少しで地元の復旧に繋がればと災害を被った釜石市の電気店でビデオを購入、配付。大変感謝される、TVは支給されるも再生機がなかったようである。

大震災を介して映像遺産の保存、公開と共有化の大切さを痛感するとともに、その中で私達「科学映像館」が少しでも社会に貢献できたことは、貴重な経験であり、財産であり、以後の活動の大きな糧となっている。
[PR]
by rijityoo | 2017-03-12 10:28 | 活動報告 | Comments(0)
本日の配信映画は「電気を送る 英語版」

電気を送る(英語版)
関連ページ
教育 | 工業・産業 | 東京文映
電気を送る(日本語版)
b0115553_23105090.png

英語版製作について
この作品は著作権者の許諾のもと、教材用として製作したものである。その作業は美馬市在住の元教員の優れたPC技術力と地元中学校英語担当者のご協力により行なった。ここに感謝の意を表する。なおプレーヤーの機能で再生速度を調整することができますので、ご活用下さい。

英語版製作に関するメタデータ資料
まず 「電気を送る-日本語版」から日本語のテキストを作成し、Googleの翻訳サイトを用いて英語に翻訳、その後地元中学校の外国人を含む英語担当者の協力により修正する。その後、英語テキストを読み上げソフトに乗せて音声に変え、 動画編集ソフトを用いて日本語に当たる部分を英語に置き換える。背景音が使用可能部分は新たなに作曲した音楽を用いた。

作品概要
制作:東京文映 企画:科学技術庁 1971年 カラー 16分
明治初期の低圧市中配電に始まる送電の技術から昭和の超高圧遠距離送電網の形成までの道まで、わずか数十年。
この著しい進歩は時に先進技術の輸入も不可欠としたが、各時代の技術者は国産化に励み、日本の送電技術は世界のトップレベルに。
明治・大正の遠距離高圧送電の黎明期を振り返り、
技術の進歩と努力の跡をたどる。
参考活用例
教科:中学校理科【第1分野】
指導領域:電流とそのはたらき【電流のはたらき】
活用ポイント:
電流や電力について理解した後でこの映像を見ると、
実際に送電する際の考え方などが理解できやすい。
ユーモアがあり身近な送電線についての説明があることから、
電流・電力についての学力定着に有効と思われる。
協力
国会図書館、電気事業連合会、東京工業大学、
東京電力、関西電力、古河電工、日本碍子、
コア・クリエイション、イメージサイエンス、樋口弘、
国立科学博物館工学研究部 青木国夫
スタッフ
製作:土屋祥吾
脚本・監督:米内義人
助監督:高橋美知子
撮影:松本俊世
助手:木下真
音楽・効果・録音:磯山次雄
解説:伊藤惣一
[PR]
by rijityoo | 2017-03-09 23:10 | 新配信映画 | Comments(0)
「振動の世界」と「電気を送る」英語版は再生速度を選べます。
今回、私たちは著作権者の許可をえて「振動の世界」と「電気を送る」の英語版を作成しました。これらの作品は、再生速度を選びご覧いただけます。
b0115553_2254434.png

[PR]
by rijityoo | 2017-03-02 23:11 | 活動報告 | Comments(0)
本日の配信映画「東京湾横断道路」

東京湾横断道路 中央トンネル川人北工事
関連ページ
工業・産業 | 東京文映
作品概要
制作:カンノン社・東京文映
企画:西松建設株式会社/戸田建設株式会社/株式会社錢高組
1992年 カラー 18分
東京を中心とした千葉・埼玉・神奈川幹線道としての東京湾横断道路の役割の他、アクアトンネルの構造や施工法などを解説した映像作品。
収録当時建設中だった東京湾横断道路は1997年開通、東京湾アクアラインと名付けられた。
協力
東京湾横断道路株式会社
[PR]
by rijityoo | 2017-03-02 12:51 | 新配信映画 | Comments(0)