久米さんの科学映像便り
rijityoo.exblog.jp
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
ブログジャンル
ランキング参加してます♪
記事ランキング
最新の記事
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
プロフィール
科学映像館理事長の久米さん。映像遺産を守り、生かすための日々!
ファン
画像一覧
68の車輪を観て感じたこと
 
  日本通運が日立製作所の変圧器を東京東変電所まで運んだ記録(68の車輪)を再び見る機会が。コンピュ-ターもまだなく、計算尺を使って細心の計画と準備の後、時速2kmで運搬。最近の日本に欠けている一面を垣間見た感じ。最近の中央官庁、政府などに欠けている認識と対応。特にイージス艦の対応と事故後の処理。なんかおかしいのでは。

科学映画 科学映像館で検索してみると、科学映像館が、多数のサイト、ブログ、HPに取り上げられていることにびっくり。2月に入り、総視聴者数、時間は少々下降気味。しかし68の車輪、花開く日本万博の視聴は、他の作品に比べ依然として圧倒的である。
[PR]
# by rijityoo | 2008-02-25 13:15 | Comments(0)
ドキュメンタリ映画の父、小林米作氏は現新潟市秋葉区小須戸の生まれ

  小林米作氏は、1905年7月新潟県小須戸の生まれ。小学4年まで地元の学校で学んだとのこと。先日、小須戸公民館の松原氏から、こすど地区公民科報(3,000部発行)に小林さんを紹介したいゆえ、原稿の依頼が。小林さんの紹介(詳細は\こちらhttp://www.yoneproduction.jp/infoyonesaku.html以外に科学映像館活動、配信中の映画の観方、古いフィルムをお持ちの方は当映像館館への呼びかけなど、丁寧に掲載していただいた。

  松原氏によると、市町村合併の際、各公民館、図書館が保存していた16mmフィルムを各地区の施設に分配、保管したのこと。小須戸公民館には、新潟にふさわしく米に関するフィルムが2編保管されているが、見る機会もないらしい。科学映像館での配信は可能だろうかとのこと。素材の保管状態、内容を検討した後、先方のご期待に沿いたいと考えている。

  最近、科学映像館も次第に評価され、多くの方からの期待感が。小須戸のように各地から、古い貴重なフィルムに関する情報が、もたらされている。内容を精査の上、映像遺産としての保管の期待に沿いたいと。その際、フィルムの版権、管理者の意向を充分くみした対応をしていきたいと。最近、品格のない対応が、IT、特に画像の世界では、まま行われているとか。

  当館で現在、掲載中の各映画は、制作者、企画会社などと充分話し合い、無償での配信の承諾をえた作品である。そのため、作品の掘り起しから正式にご承諾をいただくまで2,3ヶ月を要した作品もあることをご承知いただければ幸いである。
[PR]
# by rijityoo | 2008-02-23 11:58 | Comments(0)
小林さんの第一作、生きているパン、来週配信
 
 小橋さんのドキュメンタリ映画の第一作,生きているパンが日本映画新社、山内様のご理解とご協力で来週から配信。1948年の作である。昨日、初めてDVDを観て大感激。パンがイースト菌の働きでふっくらと焼きあがる様子を見事に捉えた本格的な作品。次作、ミクロの世界、の原点がここにあったのかと。何はともあれ作品をご覧いただきたい。戦後、小林さんがドキュメンタり映画に挑んだ第1作である。

  この作品から、制作者の意向もあり、会社のマークを添付することに。今後、作品ごとに提供者とご相談の上マーキングを。
[PR]
# by rijityoo | 2008-02-22 10:49 | Comments(0)
科学映像館、多くのHP、ブログに

  科学映像館活動の内容が、最近、HP,ブログに取り上げられている。感謝。

  ブログ:Sightsongでは沖縄久高島のイザイホウ、科学の目、ニコンなどについて
はてなブックマーク、Newsing,科学映像特捜隊(山形国際ドキュメンタル映画祭事務局)
NPO法人事務局、玉野建設業務日誌など。

  HP:東京シネマ新社,東京光音

  最近の話題映画は、68の車輪、花開く日本万博は一息ついたかな。
話題のインターフェロン療法、原子力発電の夜明け、エイズ’68などが脚光を。
生活に密着した生活と寸法、ビールの誕生、ガソリンなど。115編の配信、視聴者は
ゆっくりと全編を観ていただいているようである。科学映像館全体が落ち着き、これからは
週一作品ペースにと。
[PR]
# by rijityoo | 2008-02-20 10:15 | Comments(0)
道路の建設に59兆円も
  
  筆者は四国の中央、さわやかイレブンで有名になった池田の近くの生まれ。確かに20前に比べ道路は整備され、埼玉県川越からも2,3時間早く帰れる。しかし帰るたびに道路はよくなるが、高速道路を走る車も、歩いている人も少ない。道路は過疎化を防ぎ、活性化するとは道路族のまやかし。徳島なんかは、公共事業で食べている典型的な田舎。知事が代われば半分の土建業者は開店休業。したがって選挙は激しくなる。生きるために。

  四国と本土に3本の橋がすでに架かっており、年間すごい赤字とか。便利になればなるほど末端は過疎になることをご存知かな。徳島の人は、徳島市でなく神戸、大阪へ買い物にでかける。人は上りは好きだが、下りは嫌い。なおさらに和歌山と九州とも橋でとの話。勿論まだどうしても必要な道路もあるが。政治屋は箱物が大好き、目立つから。もっと道路以外に投資をすることがあるのでは。
[PR]
# by rijityoo | 2008-02-19 16:57 | Comments(0)