久米さんの科学映像便り
rijityoo.exblog.jp
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
ブログジャンル
ランキング参加してます♪
記事ランキング
最新の記事
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
プロフィール
科学映像館理事長の久米さん。映像遺産を守り、生かすための日々!
ファン
画像一覧
The Bone II 撮影の舞台裏 その2
 1980年前半、破骨細胞の起源と形成様式は、まだ明確ではなかった。そこでこれらの課題に真正面から取り組んだのが今回の映画。ラットまたはヒヒの骨髄細胞または肺胞マクロファージにビタミンDを加えて培養すると、多角細胞が形成されるとの報告が。これらを参考に資料作成の準備に。しかし、ラットの骨髄細胞を用いた系では、形成期間に長時間を要し、頻度が低い。また破骨細胞であるとの確証がないことで、撮影の対象として疑問符が。

 ところが予期せぬ展開が。たまたま動物舎に適齢期のラットがいなかったため、スタッフはマウスを用いる。3,4日後には、シャーレ一に多数の多角細胞を発見、しかも再現性があるとのこと。スタッフの報告に嬉しくもあり、不勉強さに恥ずかしい思いを。以後、破骨細胞に関する研究は、マウスが用いられることに。

 そこでこの多角細胞の形成様式と破骨細胞の同定に取り掛かる。まず形成様式の観察.融合によるのかどうか?スタッフとともに観察を重ねた結果、融合によるのではとの結論を。次いで破骨細胞の同定。この多角細胞の染色性とかカルシトニンのリセプターの存在だけでなく、骨破壊能力の有無が、最も適切と考え、本格的試料の作成へ。

 形成の実証には高いハードルが。どの細胞が何所で多角化するのか?スタッフは丸1週間ぐらい観察に観察を重ねる。デジタル時代の今日であれば、試し撮りも可能だろうが。35ミリフィルムの時代、当然、確実性が求められる。下左の写真は即本番の映像である。神がかり的なカット。しかし、この映像はスタッフの長時間にわたる観察力と洞察力から生まれたもので、決して偶然の結果ではない。

b0115553_11535654.jpgb0115553_1294345.jpg
 


 




 一度分離し、遠く離れた細胞を引きつれ元の細胞と再融合。細胞表面に特異性を示唆する映像である。しかもこれらの細胞は骨吸収能を発揮『下右の写真』、すなわち破骨細胞であることが明らかに。骨吸収評価系がチャンバーズ博士によって提唱され、本格化されたのは、この映画の完成4年後のことであり、小林さんとスタッフの先見性と洞察力に頭が下がるのみである。
[PR]
# by rijityoo | 2007-09-12 11:34 | Comments(0)
The Bone II 撮影の舞台裏 その1
 この映画は、The Bone の疑問点を明らかにしようと企画したものである。まず会社の説得から始まった。イタリアで開催されたビタミンDワークショップに出席した際、会社の担当者を説得。フィレンツェのホテルのロビーで、シェフィールドへ向かう列車の中でも。彼らにとっては迷惑な話であったと思う。前述した欧州骨代謝学会に出席していたマーチン博士を始め、多数の外国人研究者からのThe Bone評価の手紙が、制作の切っ掛けとなったことは間違いない。いわゆる逆輸入である。

 第二作では前回と異なり、制作目標がある程度明確に。その一つは第一作で問題となった破骨細胞は何細胞から出来るのでしょうか?即ち破骨細胞の起源と形成である。もう一点は動物での骨形成の映像化。この2点に絞られ、検討が続いた。

 今回は骨形成について。異所性の石灰化を誘導する骨形成因子(BMP)を用いて骨形成をと。当時阪大でおられた高岡先生に資料などで大変お世話になった。その映像化のため、腹筋に窓を持ったチャンバーを植え込み、2個のプリズムを使って腹腔側から照明し、顕微鏡で観察しようとの仕組み。スタッフは、まずチャンバーの試作、全て手作りである。腹筋にMBPを含んだチャンバーをセットし、動物を仰向けに固定。この状態で長期間の飼育と観察、大変ユニークな発想。残念ながら、骨形成までにはいたらなかった。


b0115553_14503364.jpg
 初期の目的、骨形成の映像は得られなかったが、予期せぬ映像、血管の新生像が。筋組織から血管が新生し、赤血球が血管をこじ開け、管腔を形成するといった珍しい映像が撮影された。写真はその映像である。




 このシステムを考案、試作したのは、九州大学文学部フランス語学科出身者で、科学映画製作に取り組む物静かな青年であった。小林さんを幅広い分野の人たちが支え、根気よく各カットの映像化にそれぞれの工夫と仕組みを。次回は破骨細胞の形成について。
[PR]
# by rijityoo | 2007-09-10 11:20 | Comments(0)
映画配信を始めて4ヶ月
 5月1日、HD化生命誕生の配信を始めて丸4ヶ月が。その間、HD化作品7編、SD化作品28編を配信。1,000余名の方が視聴し、その回数は2,639回、74時間と驚くほど多くの人が。各映画では、生命誕生が抜群で、実に、800視聴回数、23時間の視聴時間となっている。誰でもが、いつでも、どこでも科学映画を観ていただきたいと始めた科学映像館活動、一応成功ではないかと。そして私たちの一層活動が期待されている感じている。

 2,3年前から、骨の健康づくり委員会で科学映画の配信を始めた時から、配信映画の選定は、慎重に行ってきた。その基準は、商品名が入っていない映画で、受賞暦、推薦、学術指導体制などの資料審査。その後、各映画をDVDで視聴、配信へと。科学映像館でも同様の方針で選定。大きな選定ミスはないと確信しているが、各映画の視聴傾向から選定の難しさも感じる。所詮一人の選定には限度があることを実感。なんでこんな映画がと、言われるかもしれないが、視聴者の感心も色々、評価も色々である。

 また過去の名作も学問の進歩、環境の変化、撮影技術の進歩などで、色あせることもあるようだ。しかし、これらの作品の評価が決して低くなったのではない。したがってこれらの作品を映像遺産として管理保存し、後世に贈ることは関係者の責務であると思う。

 唐突であるが、科学映像館の英語名が、まだ決まっていなかった。山形国際ドキュメンタル映画祭担当者からの問い合わせがあり、岡田一男本会副理事長と相談、Sicence Film Museumと決定。

 7日金曜日は、ブログと映画の配信はお休み。10日からThe Bone II制作の舞台裏を。お楽しみに。
[PR]
# by rijityoo | 2007-09-05 12:42 | Comments(0)
撮影後日談
 骨組織に取り組んだ今回の映画は、全く初めての課題であり、小林さん自身も大学に泊まり込んでの撮影。上記の様に、各々のカットはそれぞれの材料調整と観察法に工夫を重ねて撮影されたものである。頭蓋の血流に始まり、長骨の形成、細胞レベルでの形成と吸収。骨の生きた営みを見事に編集。生素材そのものに迫った映像が故、今回の映画には計り知れない情報が。26年後の今日でも、科学映像館で配信32編のSD化作品中、生命誕生に次ぐ高い視聴回数と視聴時間があり、関心の深さが。いまだに本映画が現役であることを物語っている。

 長期間の撮影には、予期せぬハプンニングも。その間、米作さんとは幅広い話し合いが。映画の制作論、教育論などなど。その中に米作さんの健康管理への話題にも及ぶ。夜、走ることもの返答に、そこで小生も。ところが11日目の夜、河原で見事に転倒し、右ひじの骨折で5ヶ月のギブス生活。骨分野への研究は、遅まきながら奇しくも骨折と映画の制作でのデビュウへと。またスタッフと研究室の補助者とのロマンもあり、The Boneは思いで深い作品となった。

b0115553_1094490.jpg 新薬について全く触れていない今回の作品は、企画した
製薬会社には必ずしも歓迎されなかったと聞く。板ばさみとなった担当者の苦労は痛いほど感じられた。しかし、この映画の国内外での学術的評化は予想以上に高く、とくに海外では。イギリス、シェフィールドのカニス博士にこの映画を観て貰う機会があり、2日後に開催される欧州の骨代謝学会で上映しないかとの急遽の要請。しかし、帰国後の予定もあり、映画を託して帰国。その学会では世界各国の出席者から、絶賛されたと聞く。海外での予期せぬ評化が第2作、The Bone IIの企画へとも。またThe Boneの帝人は、活性型
ビタミンDの製造、販売会社と海外の骨関係者に強い印象を。よくある逆輸入の話。

 NHKを初めとする国内外メデイアでこの映画を使用。また教材としても。大阪大学医学部を始め、国内外の大学から使用希望願いが相次いだと聞く。本年春にも東京大学教養学部からの購入希望が。各企業は費用対効果のみでなく、中身の濃い後世に残る映像の制作、そして過去の名作を保存し、活用することにもっと目を向けてもらえればと。社会への還元、よい意味の道楽も。
[PR]
# by rijityoo | 2007-09-03 09:29 | Comments(0)
科学映像撮影の舞台裏、生物資料の提供 その3
 最大の課題は骨形成であった。小林さんは最初から細胞レベルでの骨形成と、考えておられた。骨形成の映像を撮らざるを得なかった。還流培養装置は骨形成として最高と考ていたが、骨吸収が先行。その原因は培地の還流圧が原因ではと考え、ポンプから培養器をはずしての培養。生後マウスの骨片を3週間培養後、偶然、新しく形成された骨組織らしい構造を発見。しかし観察を続けるも構造に大きな変化が見られない。20分に1駒で撮影したが、ほとんど動きがなく、映像の対象にはならないと判断。

 材料を若くすればとの意見のもと、胎児マウスの骨片を。しかも出来る限り若い胎生12日目で骨形成が始まったばかりの骨片を用いた。1週間前後で何とか網状の新しい骨組織が得られる目途が。b0115553_11164949.jpg撮影開始後、実に6ヶ月目で本番へ。他の組織に比べ形成速度が遅いため、最低1週間の連続撮影が必要と考え、点滴用セットで栄養の補給と酸素の管理。4分に1駒の割合での撮影に入った。撮影は機械的に制御できるが、フォーカスの調整にはスタッフの力が。数駒ごとに顕微鏡をのぞきながらの徹夜の連続撮影。しかもフィルム時代のため、現像、ポジにプリント後に初めて結論が。スタッフは、夜中、単車で五反田の現像所へ。出来上がった16mmのフィルムを、翌朝、大学へと。この作業の後にやっと使用可能な3カットが得られたのである。

 しかし1カットは残念ながら、途中から細菌の感染があり、1部の使用のみ。一場面は新に形成された骨組織に吸収が起こる。まさに骨改造を捉えることが出来たのである。大変感激の場面である。他の映像では、若い細胞が盛んに分裂、分化後、細胞の周辺にコラーゲンなどからなる骨基質を形成。最終的には、基質が骨小腔を形成、細胞自身は骨細胞となる一連の骨形成像を始めて捉えることが。b0115553_11225548.jpgb0115553_1121973.jpg









b0115553_11334529.jpg 本の表紙とも言える映画のプロローグとエピローグに制作者の意図が。小林さんは、ここに骨表面の血流を使用。この映像はスタッフが苦労に苦労を重ねて編み出したものである。頭蓋の内部からグラスファイバーを使って照明、普通速度で撮影したものである。心臓の拍動を伝える動物の動きと血流の動態は、ダイナミックな骨の生きた営みを伝える迫力一杯の映像である。

 小林さんの生命科学映画では、新しい題材に挑むことが多いため、毎回その準備に大変な苦労が。今回の骨組織の撮影は小林さんにとっても初めてのことである。ガラス内での骨形成は、文献的報告もなく、全くゼロからのスタートであった。しかも骨の形成にはある程度の厚さが必要。しかし厚いと、当然、細胞の観察はできない。しかも他の組織に比べてゆっくりとした代謝。そのため特有な培養法の工夫とスタッフの根気ある撮影で生まれた力作と思う。以上の記載が視聴者に何かの参考になればと。次回はほぼ1年かけたこの映画の制作後談。ご期待を。
[PR]
# by rijityoo | 2007-08-31 11:12 | Comments(0)