久米さんの科学映像便り
rijityoo.exblog.jp
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
ブログジャンル
ランキング参加してます♪
記事ランキング
最新の記事
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
プロフィール
科学映像館理事長の久米さん。映像遺産を守り、生かすための日々!
ファン
画像一覧
【1】科学映像館設立までの背景 ・・・つづき・・・
 2004年頃でしょうか、映画をインターネットで配信できるようになりました。今まで描いてきた科学映画の活用に役立つのではと、早速、私は骨の健康づくり委員会のホームページから、生命科学映画を中心に20数編の映画の配信を始めました。科学映画の制作に拘わったプロダクション、製薬会社のサイトからも配信され、ネット化されれば、誰でもが、何時でも、何所でも科学映画を観ることができ、活用できるのではと、精力的に働きかけましたが、あまり反応はよくなく、大きな広がりはありませんでした。

 これには、いくつかの原因があると思いました。動画配信が、時期尚早で理解されなかったこと。初期はサーバー代などの経費が高かったこと。しかし、最も大きかった壁は版権の問題。配信でビデオが売れなくなるのでは、とプロダクションの反応。また企画した会社は版権のみを主張。使用していないのであれば、社会還元すればとの呼びかけもむなしく、ネットの拡大は予想以上に困難でした。書籍の場合、売れなければ、そく絶版。映像の版権にも柔軟な考えが、新しい科学映画映画の制作と活用に繋がるのではと。

 先日、こんな面白いできごとがありました。ある会社の支店から、私たちの事務所に自社製作のビデオを貸して欲しいとの申し入れ。会社の制作の意図と活用方法が明確でないです。フィルム時代ならばコピー代も大変でしょうが、ビデオであれば名刺代わりにすればと。

b0115553_10185772.jpg ところが昨年夏、1つの転機が訪れました。
小林米作さんのフィルモグラフィー出版記念会が、永年住んでおられた茅ヶ崎で開かれ、生命誕生など3作品が上映されたのです。会場の反応は予想以上で、まだまだこれらの作品は現役で、今日でも通用すると思われた。朝日新聞がこの模様を取り上げた翌日、配信中の映画に約20倍のアクセス数が見られたのです。とにかく知られていないのです。また、東京シネマ新社代表の岡田さんから、当日、高画質のデジタル化が可能との話を伺いました。岡田さんはフィルムの保存と活用に永年、デジタル化、特に高画質のデジタル化に取り組んで来たとか。

 記念会後、再度科学映画の保存、活用について呼びかけを始めました。徳島の大手某企業からの反応。そこで高画質のHD化を視野に入れた企画書を提出。2ヵ月後、芳しくない返事となりましたが、その間、テレビ朝日映像を初め、映画関係者、その他専門家に意見を求め、何とかなりそうの結論。財団などの援助を受けるためにも、小規模でも具体化することがな大切との結論に達し、また企業に協賛金を得るにはNPO法人形式が好ましいと。

 以前からの賛同者と相談の結果、私達が空間劇場の名称は将来のことを視野に入れ、科学映像館が最適であろうと。この決断は2月に入ってのこと。しかも設立は3月末と設定。NPO法人の申請準備、ホームページの企画と発注、ロゴマークの制作、フィルムの選定と提供者との供与条件についての申し合わせ、総会の準備と理事の就任依頼などなど。それぞれの歯車が見事に作動し、予定の4月1日、ホームページを開示、空間劇場、「科学映像館」の誕生となったのです。
b0115553_105618.jpg

 しかし、その間、予算の目途もなく、一見順調なスタートに見えるでしょうが、山あり、谷あり、谷ありの骨健の事務所の間借りと借金でのスタートでありました。小林米作氏のご子息、小林健治氏からのHD化の経費をなんとかしますよとの一言。また金沢名誉館長からは、ご自分の作品は何とかしましょうとの申し入れ。さらに家内からの援助があり、科学映像館設立へ一歩を踏み出すことが出来ました。

 周辺の人からは「さすがですね!」と、励ましとお褒めの言葉をいただきました。一見外から見るほど、順調ではなく、山あり谷ありの2ヶ月でした。多分、骨健のスタッフはいつ切れるのかと、はらはらの毎日であったと思います。20数年の思いと、自分が皆さんにお願いしたこと。また皆さんが思いのままにやらしてくれ、積極的に協力してくれたこと。本当にありがたかったです。またこの活動は環境的にも期は熟していました。大型動画の配信が可能、大容量のサーバーとその費用が2,3年の間に大変安くなり、東京光音の技術力と誠意ある対応など本当に幸運に恵まれました。




           次回は、「 開館から今日まで 」をお話しましょう。

   
           ではでは、
[PR]
# by rijityoo | 2007-07-17 10:14 | Comments(0)
はじめに・・・

 たくさんの方に支えられ、4月1日にオープンした空間劇場、「科学映像館」も順調で進行、
現在HD化作品6編、SD化17編を配信しています。

 予算面でも会員のご支援に支えられ、何とかこの3ヶ月間仕事を進めることができました。
そこで今回、少し余裕ができたので、堅苦しいホームページとは別に、「科学映像館」設立までの舞台裏をお話をしてみましょう。

今回は科学映像館設立までについて、述べてみたいと思います。

b0115553_15224775.jpgb0115553_15225566.jpgb0115553_15231077.jpgb0115553_15231956.jpg




【1】科学映像館設立までの背景

 戦後、報道カメラマンであった小林米作氏が、東京シネマ代表の岡田桑三氏と一緒に世界に冠たる科学映画、特に「生命科学映画」を制作しました。

 しかしながら、時代の変遷とともにこれらの映画は全く秘蔵化され、ほとんどの人がこの映画の存在を知らない状態となっています。

 先日開催された「骨の健康づくりセミナーin札幌」(340名参加)で、代表作である「生命誕生」を上映したところ、私の予想に反して誰一人観たことがないという結果に大変びっくり。こういった映画を何とかして世に残し、教育や研究の現場で活用してもらいたいとの考えが、設立の原点です。


 また私は、1970年の後半から小林米作氏と骨に関する映画を制作する機会に恵まれました。小林氏の映画はもうすでに分かった内容を映像化するのではなく(教育映画)、まだ未知の生命の神秘、謎への挑戦、いわいる科学映画の制作でした。私達は15年間、骨に関する3編の映画制作に関わりましたが、新たな多数の情報を得ること、映像の力を常に実感しました。すなわち映画の製作は研究そのものでした。

 映画から得られた情報を元に破骨細胞の起源と形成、骨溶解に関わる新しい酵素の発見へ、また骨細胞の研究の糸口をも作ってくれました。第2作、「THE BONEⅡ」を米国骨代謝学会で映画を上映すると、「君の名は」現象も起こり、隣の会場は全く空っぽとなりました。三回ものアンコール。

 20年に亘って、各地の大学で特別講義をさせて頂きましたが、映画の上映を始めると、今まで寝ていた学生も息を飲んで、映像に見入ってました。彼らの感想文から色々な要望もあり、骨折からの治癒過程における細胞たちの働きを映像化したものが「骨折~治癒の記録~」であります。

 若い先生方からは、「この貴重な映画を残すのは先生の責務である」とも言われ、本当にその気になったとも思えます。したがって私からすれば、科学映像館の設立は20数年前から芽生えたとも言えるのでしょうか。

 こういった科学映画を活用し保存には大きな組織が必要でしょう。しかし、日本では新しいものには目を向けるが、過去には非常に冷たい、特に科学映画には冷たい感じがします。色々な文化財団を調べても新しい映像の制作のカテゴリーはありますが、フィルムの保存に関するものは全く見当たらない。日本財団で日本の伝統文化を継承の支援というカテゴリーを見つけましたが、その内容は踊りや太鼓などとのでした。

 したがって私達は、「過去の映画の保存」の新しいカテゴリーを設けてもらうのが活動の第1歩です。我々の科学映像館の活動が関係者の目に留まれば、留まってほしいとの気持ちです。

次回は実際、オープンに至るまでについてお話します。

 ではでは、理事長
[PR]
# by rijityoo | 2007-07-13 13:55 | Comments(0)