久米さんの科学映像便り
rijityoo.exblog.jp
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
ブログジャンル
ランキング参加してます♪
記事ランキング
最新の記事
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
プロフィール
科学映像館理事長の久米さん。映像遺産を守り、生かすための日々!
ファン
画像一覧
「一世の素顔」に寄せられたメッセージから
一世の素顔に寄せられたメッセージ

国見武男氏
祖国を離れて6000マイルアメリカは 天国ほど遠かった。1868年 明治元年 100人余りの日本人が アメリカ移民第1号として、ハワイに向かった。
以来110年たった現在 400000人以上の日系人がアメリカ本土に住んでいる。

お金は いつでも足らない。 ほれでも親からもらいましょうということは考えなかった。
アメリカに住んでいることをちっとも後悔していません。とかの言葉が 語る人の中に飛び出してくる。

また、記録映像の中に「娘身売りの相談は 当相談所へ 伊佐澤村相談所」など
当時の 厳しい生活状況も感じさせられる・

村一番の金持ちにならなんだら、故郷には戻らんぞ

写真結婚など 当時の記録写真とともに 心意気を感じ取れる、
歴史を感じ、今ある自分に照らし合わせ、心に響く作品です。

伊藤公博氏
「1世の素顔」素晴らしい作品だと思います。国家間の戦争が外国で築いた個人の努力を台無しにすることの無常は、私も旧満州からの引揚者としての私の背中に見て育ちました。父と共に見たい作品です。ありがとうございました。

久米川正好
今はなき一世は私たちよりひと世代古い方の証言、重みがあり、貴重。次世代に送りと届けることが大切ですね。実はこのビデオテープは保管が悪くてリメイクが大変であったようです。東京光音のデジタル復元にかける気持ちでやっとここまでリメイクを。お暇なとき、是非ご覧ください。

梅林氏
「一世の素顔」作品を拝見しました。薄くぼけた映像に色が付くと、こんなにも大きな感動が得られるのかと感動しました。復元前の映像に比べ深く映像の意味が感じられました。

日本人とは何か。日本人の感じ方、物のとらえ方、事象への対処の仕方。古から引き継がれてきた、日本人の持っている構造が鮮やかに表現されました。

今後、20年、30年先あるいは100年先の人々がこの映像証言を見た時、日本人の根源的な部分を想い出すと思います。NPO法人科学映像館の役割・意義の重要性を改めて理解できました。ありがとうございました。

長妻氏
冒頭に、貴重な映像に巡りあえた感謝を久米川先生と完成させていただいたstaffの皆様に敬意を表します❗当事者自身の肉声で当時の生活や貧困を語ってくれていました❗しかも偏見と差別、矛盾を呑み込んで運命を切り開いた其々の方々の本心が何とも言えない。
日本人の鏡のような人達でした。

運命を受け入れ矛盾を呑み込み、日本人への差別と偏見。努力を無にする戦争の理不尽。国策の間に巻き込まれ忠誠を求められ、戦線地もそれによって、、、。家族をも引き裂かれなお、日本への恩とアメリカへの感謝を述べる一世の方々の日本人らしさに涙が出ました。

それにしても、女性の皆さんのたくましさ❗
忍耐の連続、苦労と生活苦を乗り越え、頑張り通した不屈の母性には頭が上がりません。子供には苦労をさせまいと懸命に家族を支え、どん底を這い上がっていました。夫を支える内助は当に日本の母。日本人以上の日本人ですね❗...

此の時代に移民でアメリカに渡った一人一人に焦点を当て、人々の生の声を映像に残し、今に再現された事は素晴らしいの一言に尽きます❗偉大な労作ですね。本当にありがとうございました。

淡々と語る。時に笑顔で、涙で、言葉も飾ることなく平常心のように語られるのが何とも言えない。編集者の真実に迫る努力を讃えたいと思います。

みなさま大変にご苦労さまでした。ありがとうございました。
[PR]
# by rijityoo | 2017-08-13 17:23 | 活動報告 | Comments(0)
「一世の素顔」公開までの経緯について
一世の素顔公開には数奇な運命がありました。2,3か月前、梅林様からこの作品をデジタル復元し、後世に贈りたいと熱いメールをいただき、科学映像館活動に通じたものであり、心が動きました。鷲巣氏から送られてらてきた作品資料を検討し、デジタル復元に踏み切った次第です。梅林氏の一通のメールから、この作品は蘇ったのです。

しかし送られてきたビデオテープの劣化は激しものでしたが、東京光音の技術力と熱意で公開の運びとなった訳です。仲介者の梅林様から当館に紹介までの経緯が届きましたので紹介します。

「一世の素顔」のデジタルリマスタリングは数奇な運命を持って完成しました。制作者鷲巣 敏さんが当時のフジテレビジョン(日本人向けのテレビ制作)ディレクターとして、日系人協会からの依頼で制作したのが1984年。サンフランシスコの公共テレビ局(Public Broadcasting Station KQED)にて放映されました。その後、30年間地下倉庫に放置されたままでした。

2014年UCLAアジア系アメリカ人の研究学部(Asian American Studies Department)の平林教授(Lane Hirabayashi)から突然鷲巣さんに連絡があり、「この映画は貴重な歴史の記録で、将来の世代のためにも修復保存をすべき」と、簡易修復し、教授のご尽力で大学図書館、日系人保存博物館等で公開しました。実は平林教授は1984年のテレビ放送を録画した方から、この映画の存在を知り、コピーを取り、自身の授業で長く教材として使われていたとのこと。

教授は劣化の激しくなってきた映像を修復する必要性を感じ、制作者を探し出し、鷲巣さんに連絡されたとのことです。ところが、修復にはお金がかかるので、あらゆる基金に申請しましたが、足りません。2年前日本へ帰国した際、修復協力してもらおうとNHKプロデューサー等各方面にアプローチしましたが結局あきらめることとなりました。

本年(2017年)たまたま、私(梅林)の友人に相談したところ、NPO法人科学映像館を知っていて、半信半疑でしたが久米川理事長にメールにてお願いし、今日の運びとなりました。かなりの年月と紆余曲折の経緯がありました。NPO法人科学映像館のご尽力・ご支援。それに、この作品を世に広めようとする様々な後押し、力それに宿命を感じる次第です。」
b0115553_86728.jpg

梅林美晃氏プロフィール                     
1952年大阪生まれ
1976年明治大学文学部卒業
1980年サンフランシスコ州立大学
美術学映画学科修士卒業
※当時、鷲巣 敏さんと知り合いになりました。
帰国後、フリーで映画会社にて制作携わるが、
1983年から㈱ニチベイ(ブラインドと
間仕切りのメーカー)にて勤務。
2012年同社定年退職。
以後、パートタイムで各種仕事に携わっています。
[PR]
# by rijityoo | 2017-08-12 23:03 | 活動報告 | Comments(0)
一世の素顔の製作者鷲巣敏氏のプロフィール
一世の素顔 製作者

〇鷲巣 敏氏プロフィールを紹介
b0115553_23223336.jpg

<A> 所属機関名称: 国立日系アメリカ人歴史協会(設立年:1980年)
年間支出:$541,080 (¥65,719,577)
活動分野:日系アメリカ人の歴史的情報を収集・保存し、共有する活動。

<B>経歴(受賞・出版・寄稿歴) :
学歴:1983年、サンフランシスコ州立大学美術学修士
1983年~1988 年、フジテレビジョン プロジェクトディレクター

<C>監督映画一覧:
(1)1984年, 2014年
Issei: The First Generation [ドキュメンタリー]
サンマテオ美術・映画コンペティション金賞
アジアン・シネヴィジョン アジア系アメリカ人国際映画祭
サンノゼ日本町映画祭
批評記事: カリフォルニア大学ロサンゼルス校国際研究所(ウェブサイト) 、羅府新報、日米タイムズ、アメリカ民族誌報、U.S. FrontLine(週刊誌)

(2)1992年You Can Choose [連続ドキュメンタリー] WNET(放送局)ニューヨーク 1988年Bone,Flesh Skin: The Making of Japanese Lacquer [ドキュメンタリー]
CINE 金鷲賞
シカゴ国際映画祭国際交流映像・双方向メディアコンペティション銀盤賞
サンマテオ美術・映画コンペティション金賞
アジアン・シネヴィジョン アジア系アメリカ人国際映画祭

(3)1988年The Power of Choice [連続ドキュメンタリー] WNET ニューヨーク

(4)1985年 Mr.Oh.A Korean Calligrapher [ドキュメンタリー]
全国教育映画祭銀林檎賞
コロンブス国際映画祭クリス銅賞
シカゴ国際映画祭国際交流映像・双方向メディアコンペティション
マリン郡映画コンペティション第一位
サンマテオ美術・映画コンペティション金賞

(5)1986年Five Walnuts [教育劇]
米国教育映画祭銀林檎賞

<D>出版物: [詩集]
The Chalk Circle(『白墨書きの円周』); Sun rise from Blue Thunder (『青き稲妻より 日出づ』); Family Matters( 『家族が大事』 ); In Other Words(『言い換えるなら』 );
Forum( 『公論』); Poets11(『11 人の詩人』); Noe Valley Voice(『ノアの谷に木霊す る』); The Walrus(『海象』 )

<E>協賛者・団体:
・歴史・人文科学アドヴァイザー兼コメンテーター カリフォルニア大学ロサンゼルス校
アジア系アメリカ民族研究科 レイン平林荒谷基金主任教授
・歴史学アドヴァイザー兼コメンテーター 歴史家 飯野正子津田塾大学前学長
・技術顧問 ディジコラブズ合同会社 デイヴィッド・ワイスマン
[PR]
# by rijityoo | 2017-08-11 23:22 | 活動報告 | Comments(0)
「一世の素顔」の先行公開
一世の素顔
制作: ワシズフィルム  企画: 米国日語協会
共同制作: 米国日語協会 フジテレビ・サンフランシスコ
配給: Center for Asian American Media Washizu Films, washizufilm@gmail.com
1984年 カラー 54分 (2017年 デジタル・リマスター)
b0115553_6493273.png

受賞歴
1. サンマテオ美術・映画コンペティション金賞
2.アジアン・シネヴィジョン国際映画祭 サンホゼ映画祭

公開歴
Public Broadcasting Station KQED San Francisco
The UCLA Trans-Pacific Symposium The Japanese American National Museum T
he National Japanese American Historical Society
The Steinbeck Institute The Japanese American Citizens League

作品概要
20 世紀初頭、カリフォルニアに渡米した日本人一世のインタビューが中心の、 全 54 分のドキュメンタリー映画。 撮影当時、ほとんどが 80 代、90 代の一世が、愛知、広島等の出身地の方言豊 かに、写真結婚、農園季節労働、人種偏見、1942 年の日系人の収容所隔離など、 自分たちの人生について、アメリカ生活の苦労体験について、それぞれの生き方 を個性豊かに証言。

スタッフ
スタッフ プロデューサー: 石崎五郎 /クリストファー広瀬/ 庄司幸雄
脚本 監督 撮影 編集: 鷲巣とし
音楽: ジェイミー・キブン アルビノーニ
ナレーション: 池田徳夫

協力
放送文化基金 UCLA Aratani Endowed Chair Grant National Archives American Studies Central, Inc. Steven Okazaki KQED TV California First Bank, History Room California Historical Society Visual Communications/Asian American Central, Inc.

批評記事
UCLA International Institute
日系新聞 Rafu Shimpo
日米タイムズ
The Journal of American Ethnic History
San Jose Mercury News
U.S. FrontLine
[PR]
# by rijityoo | 2017-08-09 22:44 | 先行配信映画(107) | Comments(0)
「一世の素顔」の先行公開
「一世の素顔」http://www.kagakueizo.org/pre/movie.html?0687/isseino-sugao2.mp4
制作: ワシズフィルム  企画: 米国日語協会
共同制作: 米国日語協会 フジテレビ・サンフランシスコ
配給: Center for Asian American Media Washizu Films, washizufilm@gmail.com
1984年 カラー 54分 (2017年 デジタル・リマスター)

受賞歴
1. サンマテオ美術・映画コンペティション金賞
2.アジアン・シネヴィジョン国際映画祭 サンホゼ映画祭

公開歴
Public Broadcasting Station KQED San Francisco
The UCLA Trans-Pacific Symposium The Japanese American National Museum T
he National Japanese American Historical Society
The Steinbeck Institute The Japanese American Citizens League

作品概要
20 世紀初頭、カリフォルニアに渡米した日本人一世のインタビューが中心の、 全 54 分のドキュメンタリー映画。 撮影当時、ほとんどが 80 代、90 代の一世が、愛知、広島等の出身地の方言豊 かに、写真結婚、農園季節労働、人種偏見、1942 年の日系人の収容所隔離など、 自分たちの人生について、アメリカ生活の苦労体験について、それぞれの生き方 を個性豊かに証言。

スタッフ
スタッフ プロデューサー: 石崎五郎 /クリストファー広瀬/ 庄司幸雄
脚本 監督 撮影 編集: 鷲巣とし
音楽: ジェイミー・キブン アルビノーニ
ナレーション: 池田徳夫

協力
放送文化基金 UCLA Aratani Endowed Chair Grant National Archives American Studies Central, Inc. Steven Okazaki KQED TV California First Bank, History Room California Historical Society Visual Communications/Asian American Central, Inc.

批評記事
UCLA International Institute
日系新聞 Rafu Shimpo
日米タイムズ
The Journal of American Ethnic History
San Jose Mercury News
U.S. FrontLine
[PR]
# by rijityoo | 2017-08-09 22:43 | 先行配信映画(107) | Comments(0)