久米さんの科学映像便り
rijityoo.exblog.jp
カテゴリ
ブログジャンル
ランキング参加してます♪
記事ランキング
最新の記事
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
プロフィール
科学映像館理事長の久米さん。映像遺産を守り、生かすための日々!
ファン
画像一覧
本日の公開映画は「マリン・フラワーズ(フルHD)]

マリン・フラワーズ-腔腸動物の生活圏-(フルHD)
関連ページ
動物 | 東京シネマ新社
通常版
b0115553_12445954.png

作品概要
製作・企画:パナソニック映像、大広、東京シネマ新社、松下電器産業
カラー 40分
マリン・フラワーズは、現在は刺胞動物と呼ばれるクラゲ、サンゴ、イソギンチャクなど腔腸動物の世界を紹介するもので、1975年に沖縄国際海洋博覧会で、3面マルチスクリーン版として海洋博ホールで公開された。
1966年に東京シネマが直面した経営破綻にもめげず、プロデューサー岡田桑三は会社創立以前から暖めていた企画構想を一部ではあれ、遂に実現した。その晩年期における最も重要な作品であると同時にこの作品をもって、後継会社である東京シネマ新社は出発したのであった。
1973年の制作スタートから海洋博以外での公開形態が綿密に検討され、海洋博用3面マルチ版22分、1面ポピュラーサイエンス版31分が、35mm版と16mm版で用意された。学術研究教育用セグメントフィルム数本がまず制作された。
そしておよそ20年を経て、1994年にハイビジョン試験放送用として40分版が、35mmカラーネガ原版から若干の未使用ネガも加えられて、ハリウッドに世界で初めて設置された、シンテル社のハイビジョン対応テレシネスキャナー初号機によってハイビジョン化された。このリメイクにあたって、音楽やナレーションなどは大きく変更された。
学術指導・監修
日本学術振興会会長 茅誠司理博
腔腸動物研究グループ
代表 北海道大学名誉教授 内田亨 理博 
北海道大学教授 玉重三男 理博
北海道大学教授 山田真弓 理博 
北海道教育大学釧路分校助教授 長尾善 理博 
東北大学元浅虫臨海実験所長 平井越郎 理博 
東北大学前浅虫臨海実験所長 鳥海衷 理博 
東北大学浅虫臨海実験所長 長内健治 理博 
東北大学浅虫臨海実験所 柿沼好子 理博 
東北大学学長 加藤陸奥雄 理博 
生物学御研究所 富山一郎 理博 
お茶の水女子大学教授 柳田為正 理博 
独協大学教授 杉浦靖夫 理博
東京家政大学教授 江口元起 理博
江の島水族館長 広崎芳次 理博
京都大学名誉教授 内海富士夫 理博 
京都大学瀬戸臨海実験所長 時岡隆 理博 
海中公園センター錆浦研究所 内田紘臣 理博 
海中公園センター錆浦研究所 辰喜洸
岡山大学玉野臨海実験所長 吉田正夫 理博 
川崎医科大学教授 川口四郎 理博 
琉球大学教授 山里清 理博 
琉球大学助教授 西平守孝 理博
[PR]
# by rijityoo | 2017-06-08 12:45 | 新配信映画 | Comments(0)
先行配信「この一筋の煙に」ら4作品
1.この一筋の煙に*大日本除虫菊研究所
製作:東京文映  企画:大日本除虫菊KK
1969年 カラー 21分

作品概要
夏の風物詩蚊とりせんこうがいかにして日本で創り出されたか、殺虫成分を煙にのせて長時間空中に拡散させる線香形成が蚊に対していかに効果的な科学的殺虫法であるか、などを多様な研究を織りこんでわかり易く描く。

スタッフ
製作:土屋祥吾
脚本:米内義人
演出:米内義人
撮影:川崎龍彦
作曲:愛場俊彦
b0115553_10141032.png

2.胃の血管構築と微小循環
b0115553_10143820.png

製作:東京文映
1971年 カラー 22分
作品概要
日本の胃の研究は、近年細分化が激しく共通の研究基礎が見失われる傾向にある。この映画は胃の研究に不可欠な血管構築と微小循環に関する最高レベルの、形態学的知見を提出、研究の基礎を据えようとするものである。

スタッフ
製作:土屋祥吾
脚本:米内義人
演出:米内義人
撮影:豊岡定夫
作曲:本橋治保
3.白鳥

4.MOON STAR STAINLESS STEEL
b0115553_10151343.png

[PR]
# by rijityoo | 2017-06-07 09:29 | 先行配信映画(107) | Comments(0)
徳島県美馬市の和傘がTV番組で放映されれるかも
昭和30年代には30軒もあった上里の和傘、現在は1軒のみとなり、存続が危ぶまれている。今回NHK徳島支局が和傘を取り上げ、取材中。当館が公開している
「和傘との里」が使用されるかも。この映画は地元の佐藤一夫氏が製作したもので、当時の和傘製作の模様が描かれている。
b0115553_13402847.png


和傘について以下のように述べられている。
「美馬和傘は「阿波番傘」と呼ばれるように、実用性を重視した日常的に使用できる雨傘を主体として、装飾を施した蛇の目傘や、小振りの日傘などがあります。
b0115553_13423249.png

特に雨傘の中でも大柄な番傘は、簡素な中にも素材の持つ美しさと、傘紙に塗られた油の独特なにおいが、何とも言えない雰囲気を醸し出し、雨の日使うと、傘に落ちる雨粒の音が心地よく響きます。
蛇の目傘に張られた色鮮やかな和紙を通して見える日の光は、小骨に装飾された糸飾りと相まって、雨傘としてだけに使うのをためらわせるほどの美しさです。
「藍染傘」はとても高い技術を必要とされ、「野点傘」は根強い人気があります。 」
[PR]
# by rijityoo | 2017-06-06 13:42 | 活動予定(395 ) | Comments(0)
湿板写真が修復されました。
今回FB友だちのご紹介で2枚の貴重な湿板写真が寄せられた。東京光音の高度な技術によって見事に修復された。ご家族にとっては掛け替えのない写真であり、いつまでも大切に保管されんことを。後日データと原版をお返しする予定。その内の1枚を紹介、左は修復後、右は原版。
この手法は明治(1868年-1912年)中期まで用いられたといわれており、この写真はいつごろのものでしょうかね。
b0115553_654995.png
b0115553_663263.png

[PR]
# by rijityoo | 2017-06-06 06:02 | 新聞記事(7) | Comments(0)
科学映像公開10作品が文化・記録映画100選に
映画評論家登川直樹と渡部実氏による「文化・記録映画ベスト100~短編映画でみる日本の20世紀~」中10作品を科学映像館は公開している。
b0115553_23174433.jpg

1.新しい米づくり 東京シネマ製作 *
2.ミクロの世界―結核菌を追って―東京シネマ製作 *
3.マリンスノー―石油の起源 東京シネマ
4.美しい国土―その生い立ち 東京シネマ *
5.人の染色体―生命の神秘を探るー 東京シネマ *
6.よみがえる金色堂 日映科学映画製作所 *
7.振動の世界 東京文映 *
8.水車から電気へ 東京文映 *
9.極限の世界―超高圧・超低温・超強磁場 東京文映 *近々公開予定
10.東京のカワウー不忍池のコロニー 日本ビジユアルコムニケ―シオンセンター

*は日本短編100選にも選ばれる
[PR]
# by rijityoo | 2017-06-02 16:26 | 活動報告 | Comments(0)