人気ブログランキング |
久米さんの科学映像便り
rijityoo.exblog.jp
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
ブログジャンル
ランキング参加してます♪
記事ランキング
最新の記事
以前の記事
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
プロフィール
科学映像館理事長の久米さん。映像遺産を守り、生かすための日々!
ファン
画像一覧
野口幹夫氏の三水会報告を紹介
野口氏の報告は従来の古墳の発掘ではなく、DNA解析を元に日本人の起源を明らかにし、縄文精神、弥生精神と大和精神の特徴とこれらの混合から生まれた原日本精神の誕生、さらに今後われわれ日本人の役割についてまで論じた壮大の論文である。野口氏は現役時代はブランカンの開発を手掛けた理系の方、ここまで打ち込まれているのは・・・。
ちなみに野口様のご子息は宇宙飛行士である。

野口幹夫 氏プロフィール
1935年生
大阪大学工学部卒業
東芝本社総合企画部長を得て
㈱トプコン常務、監査役
三水会は設立時1979年からの会員 

2月、5月2編の貴重は論文を発表されましたのでご紹介します。2月の三水会では、「日本原記続編 縄文弥生からヤマトへ~邪馬台国から古事記神話との接続~」を。

http://kozu5.my.coocan.jp/jyomonYayoiToYamato.pdf

5月の例会では、その続編として「日本的風土の形成論」を発表されれました。

http://kozu5.my.coocan.jp/JapanSpirit.pdf


その内容について野口氏から以下のメールいただきました。ごお紹介しておきます。

「遺伝子解析という人類史の解明に新しいツールが生まれたため、今まで考古学的発掘と中国の歴史書しか手掛かりがなく、謎のまま残されていた古代史、特に邪馬台国や大和朝廷の成立についての、新たな科学的推論を立てることができました。それは驚くべきことに1960年代に提唱されながら、闇に葬られていた江上波夫教授の北方騎馬民族征服説が、違った角度つまり遺伝子解析の観点から立証できたのでした。


ただし征服というニュアンスではなく、平和的で共同作業的なプロセスで日本は統一されたという仮説が成立しました、つまり縄文・弥生・天孫族の3層の平和裏の積み重なりが独自の日本の源思想を成立させたのです。その3層のユニークさを詳しく吟味しました。見事に今の我々の身近に確認できます。


その後2000年近い歴史的試練を経て、今の日本の精神を形成していることを解き明かしました。それは世界的にもユニークですが、深刻な問題をはらんでおり、地球規模の危機の前にその脱皮がもとめられていることも述べました。

我々老人問題の解決にも関係深いものとして提言しました。

この二つを合わせてお読みいただければ、これらが単なる空想的仮説ではないとご理解いただければ幸いです。」


遺伝子解析の結果、野口氏は縄文系、奥様は弥生系とか?



# by rijityoo | 2019-05-17 10:22 |  三水会 便り(5) | Comments(0)
「縁(えにし)の糸」と題する科学映画の父小林米作氏に関するブログに出会う
小林米作さんの生い立ちから、子どもの教育、科学映画を制作の切っ掛け、世界のカメラマンに上り詰め、数々の作品を完成。彼の作品に係った音楽家、ナレータまで詳細に記載。骨の科学映画3部作と現在の科学映像館にもふれている。これぞ将にThe Yonesaku Kobayashiである。お暇時にどうぞ。http://exakta.sblo.jp/article/176968942.html


# by rijityoo | 2019-05-13 07:45 | 活動の蔵(1、208) | Comments(0)
5月16日公開予定作品「12人の侍たち―構造と機能」

5月16日配信予定
12人の侍たち―構造と機能物性―
http://www.kagakueizo.org/pre/movie.html…
製作:東京文映 企画:新技術事業団
カラー 21分16秒

b0115553_13031758.png

独創的個人研究者幾瀬事業 さきがけ研究21 「構造と機能物性」領域 第一期平成3年度~平成5年度の内容を映像化

領域総括
高良和武

研究者
長谷川修司
石坂 彰利
尾笹 一成
土佐 正弘
大島 忠平
鳥養 映子
小林 
古川 猛夫
水谷 眞
水村 詮
川田 薫
佐野 充

技術参事:田中廣光
事務参事:小川米治
事務員:松本実英子


# by rijityoo | 2019-05-08 13:03 | Comments(0)
5月9日公開予定作品「日本のゆり」


日本のゆり

製作:東京文映 企画:協和銀行

1970年 カラー 29分

日本の国花は桜です。また日本の代表的な花と言えば菊と答えるのが普通です。しかし、桜や菊よりもっと古くから、日本人に愛され、親しまれてきた花は“ユリ”だったのです。

この映画は、日本産の代表的なユリの種類と自生地を紹介しながら、ユリが日本人の生活とどう結びついてきたかー現代から万葉、古事記の世界に及ぶユリの文化史をまたとめた作品です。

監修

清水基夫

林屋弥重

協力

東京国立博物館

国立国会図書館

宮内庁楽部

宮内庁正倉院事務所

柴山はにわ博物館

大神神社(奈良県)

率川神社(奈良市)

神奈川県立大船フラワーセンターほか

スタッフ

製作:土屋祥吾

脚本/監督:米内義人

撮影:山本博司/豊岡定男

作曲:菊池俊輔

解説:城 達也


補足

ユリの語源は、「ユル」(ゆれる)からきたものという説があり、漢字の「百合」という字が使われるようになったのは、奈良時代からの様です。日本書紀には百合花という文字がみられます。


この映画に出てくるユリ
ユリ科ユリ属に分類される四つの亜属のみであります。
テッポウユリ亜属:筒形で横向きの花を付ける。テッポウユリ・ウケユリ・タモトユリは純白
ヤマユリ亜属:ロート状の花が横向きに。ヤマユリは地域によって少しずつ異なり、ヨシノユリ・エイザンユリ・ホウライジュユリなど地名を付けて呼ばれる。

スカシユリ亜属:盃のような花が上向きにつく。ヒメユリハは濃赤色。
カノコユリ亜属:鐘状の花が下向きにつく。


ユリと日本芸術:この映画には優れた文化財が収録されている。

古事記とユリ、ユリ祭りなど。




# by rijityoo | 2019-05-06 23:00 | 先行配信映画(107) | Comments(0)
平成を駆け抜けた第2の人生(2)

2002年に大学を定年退職した私は、在職中『科学映画の父』と呼ばれた小林米作氏と製作した「骨の科学映画」を後世に遺したい、多くの方に活かして欲しいとの願いを持つに至りました。その願いをかたちにすべく2004年(YouTubeが誕生した年)から準備を始め、2007年の6月には『NPO法人科学映像館を支える会』を設立し、科学映画の旗手ともいえる岡田桑三・小林米作両氏の代表作である『生命誕生』をHD化して配信を行ったのが2007年5月1日のことでした。これは大きな反響を呼びました。この作品の生物試料を担当され、唯一ご健在で現役の淺香時夫氏から「先生!制作当時の映像が蘇りました」と興奮一杯の電話をいただきました。この仕事を始めたことは間違いなかった、そして今後に自信を持つことができた瞬間でした。

b0115553_17355349.png

以来、必ず少なくとも1作品を毎週木曜日に無料でウェブ配信する活動を継続し、12年を掛けて本日6月7日に通算1,000作品を皆様にお届けできることとなりました。当初は生命科学映画を中心に「50作品」を目標としてスタートしたのですが、1作品、1作品と弛まずに積み重ねて本日1,000作品を公開できたことは私にとっても感無量の思いです。そして80歳を過ぎた現在でも、映像の仕事に関わりを持てることに私は運命的なものを感じています。

b0115553_17351854.png

2007年4月に産声を上げた『科学映像館』の全作品は、YouTubeの再生回数(1,300万回)を含めると1,500万回にもなり、現在に至るまで本当に多くの方にご覧いただいています。その間には国立国会図書館やiTunes Uからも活動が評価され、最新技術との新しいコラボレーションも生まれました。その他テレビ番組をはじめ教育現場、学会、映画祭、博物館などにおける企画展等でも映像が二次使用されています。テレビ番組制作者にとっては『科学映像館』は生きた映像カタログであり、今週もNHKをはじめ民放各社から複数回問い合わせをいただきました。なかでも、2011年3月に発生した東日本大震災により起きた福島第一原子力発電所の事故報道では、『福島の原子力』など関連作品がNHKやBBCなど国内外の30を超えるテレビの報道番組で活用され、社会的評価も一段と高まりました。

しかしながら、単一NPO法人の活動では予算面や情報収集などにおいて貴重な作品の発掘・収集やデジタル化、フィルムの保管などにどうしても限度があります。今後、然るべき行政機関により組織的かつ効果的に保管、共有化される機構が確立され、貴重な映像が未来遺産として令和に送り届けたいと願っています。


# by rijityoo | 2019-04-29 17:43 | 活動の蔵(1、208) | Comments(0)