人気ブログランキング |
久米さんの科学映像便り
rijityoo.exblog.jp
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
カテゴリ
ブログジャンル
ランキング参加してます♪
記事ランキング
最新の記事
以前の記事
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
プロフィール
科学映像館理事長の久米さん。映像遺産を守り、生かすための日々!
ファン
画像一覧
当館配信映画がラトビアの美術館の企画展で使用
ラトビヤの美術館,Art Museum RIGA BOURSEで2月26日から4月まで日本の企画展が計画されている。そこで当館が配信している「歌舞伎」が使用されるらしい。本日契約書を交わした。科学映像館の配信映画も東欧の美術館で使用されるとは感無量である。
当館配信映画がラトビアの美術館の企画展で使用_b0115553_08291653.png
当館配信映画がラトビアの美術館の企画展で使用_b0115553_17400107.jpg


# by rijityoo | 2020-02-14 08:29 | 活動の蔵(1、208) | Comments(0)
新配信映画のお知らせ「楽しいどうぶつ百科」19~23週


楽しいどうぶつ百科ー19週


楽しいどうぶつ百科ー20週


楽しいどうぶつ百科ー21週


楽しいどうぶつ百科ー22週


楽しいどうぶつ百科ー23週

------------------------------------------------------


# by rijityoo | 2020-02-12 22:42 | 先行配信映画(107) | Comments(0)
日本科学ジャーナリスト会議で講演
2月8日日本科学ジャーナリスト会議にお招きいただき、プレスセンター9階小会議室で科学映像館の道のり、活動、意義、問題点などを1時間半紹介する機会が。参加者には白川英樹先生先生ご夫妻、名古屋大学教授(元朝日新聞編集委員)辻篤子氏などがおられ、現状及び今後についてのご提言をいただいた。今後の活動に活かしたい。
日本科学ジャーナリスト会議で講演_b0115553_08123186.jpg
日本科学ジャーナリスト会議で講演_b0115553_08120555.jpg

# by rijityoo | 2020-02-09 08:13 | 活動の蔵(1、208) | Comments(0)
先行配信のお知らせ「いって・らっしゃい」



製作:東京シネマ新社/スタジオ・ハンーアーナ・ナフ 

2004~2012年 カラー 57

先行配信のお知らせ「いって・らっしゃい」_b0115553_13060836.png

作品概要

「いって・らっしゃい」は、重い内容の記録映像である。そこでは、民族集団を成員の意思と無関係に、丸ごと強制移住させるという、20世紀、1930-40年代の不条理な歴史が、多くの個々人のささやかな幸せを押しつぶした事実を赤裸々に描いている。

取材地:カザフスタン共和国アルマトゥ、ウシトベ、クズロルダとその周辺

交わされる言語:ロシア語、日本語、チェチェン語、カザフ語、高麗語



補足

その半世紀後の1999年第2次ロシア・チェチェン戦争が勃発、大国のエゴが小国の意思を戦争で押し潰し、再びチェチェン人は人口の数分の一を失った。だが、われわれとっては、おぞましい過去を胸に抱きながらも、よりましな未来に向けて、希望を繋ぐことが、より大切なのだ。

チェチェン人女性ジャーナリスト、ザーラ・イマーエーワと在日韓国人作家、姜信子が2004年初夏のカザフスタンで、そうした過去と現在を探った2週間の記録である。内容が余りにも悲惨なことに及ぶため、対照的に中央アジアの風物が最も美しく輝く一瞬に撮影時期を選んだ。

発想のきっかけは1993年に遡る。この年、岡田は1960年代のモスクワ、映画大学留学以来の旧友、ラウレンティ・ソンと語らって、「離散朝鮮民族と多民族共生」に関する国際シンポジウムをカザフスタンで行うことを企画した。アルマトゥで大集会を催した後、日本からの参加者30名近くはバスで、ラウレンティの郷里、ウシトベを訪問した。数軒の高麗人農家に分宿し歓待を受けての帰途、寒村アイナブラークに差し掛かる坂道を息も絶え絶えに上がっていったおぼんぼろバスは、後輪をバーストし、ゴムの焼けた嫌な臭いをあげて立ち往生してしまった。全員が降車し、タイヤ交換と告げられた。そこは鉄道線路との踏み切り間際であった。


石積みの記念碑があり、南北から建設の進められたトルクシブ幹線鉄道が1930427日、最後の釘が枕木に打ち込まれ、この地点で接続され全通したことが記されていた。それは、感慨深いものだった。子供時代から幾度となく、亡き両親から、彼らの事実上の新婚旅行で見た記録映画「トルクシブ」とモスクワで行われた完成試写会への感動を聞かされていたからだ。バスがまともに走っていたら、見ることもなく通過したであろう記念碑だったが、この鉄路を巡る、映像と社会主義の世紀-20世紀の理想と現実の乖離にまつわる作品が、何かできないかと思ったのだ。それから10年あまり、この企画を実現した。


補足

この作品の完成を機にまとめられた、姜信子/ザーラ・イマーエワ共著「旅する対話―ディアスポラ・戦争・再生」春風社発行


スタッフ

演出:岡田一男/ザーラ・イマーエワ 

新規撮影:谷口常也 

コーディネーター:ラウレンティ・ソン

プロデューサー:岡田一男

出演:ザーラ・イマーエワ/ 姜信子



 


# by rijityoo | 2020-02-07 12:53 | Comments(0)
先行配信のお知らせ「手づくりの生きがいー生活文化の伝承ー


手づくりの生きがい ―生活文化の伝承―

制作:英映画社 企画:

1979年 カラー 28

先行配信のお知らせ「手づくりの生きがいー生活文化の伝承ー_b0115553_16572076.png

作品概要

社会教育の立場から、手づくり文化などの生活伝承を見直し、今日の社会にマッチした伝承のメカニズムをつくろうとする動きを描く。

スタッフ

製作:高橋銀三郎

脚本:藤原智子

演出:千石秀夫

撮影:藤井敏貴/千葉寛

作曲:小沢直与志


# by rijityoo | 2020-02-06 19:49 | 先行配信映画(107) | Comments(0)