人気ブログランキング | 話題のタグを見る

科学映像館に関する周辺情報その2


  科学映像館配信の映画を7回、10作品をご紹介いただいているSightsongからふたつの話題(1)、(2)。

 (1)「昭和初期 9.5ミリ映画」

  「科学映像館の配信映画が次第に充実してきている。Youtubeなどより画質が格段に良く、貴重な映像が多い。」と評価。


  「最近、『昭和初期 9.5ミリ映画』(東北文化財映像研究所紹介作品)が登録されていた(>> リンク)。9.5ミリ映画とは、小型映画のなかでも、スーパー8やシングル8、さらにダブル8よりもさらに古い形式のフィルムフォーマットだ。私はスーパー8を敢えて現在使っているし、ダブル8についてもかろうじて使えることは知っている(何しろダブル8は、16ミリを往復して左右を仲良く使い、現像時に裁断するものであるから)。しかし、9.5ミリとなると、いかな変人であろうと今使うことは無理なのではなかろうか。その意味で、このような映像を誰でも観ることができる価値は高い。」と9.5ミリ映画を紹介されている。

  映画を鑑賞され、映像の内容を詳細に記載。「映像は農作業の様子からはじまる。どうも水路を造成するため、皆で土を盛ったり石を積んだりしているようだ。土を運ぶための背負う器具が面白くて、盛るべき場所に着いたら底板を外して土を落とすつくりになっている。(『大脱走』を思い出した。)

  トタン屋根を作る大工仕事の映像では、鉋掛けの様子が凄い。何しろ鉋などしばらく使っていないし、自分はとても苦手だった。いまでも鰹節を削るのは苦手だ。それが、見事に削り屑がふわふわと積みあがっていく。

  岩手県・陸前高田駅の開通の様子というのもある。Wikipediaで調べてみると、どうも一日平均乗車人員が2000年・433人から2007年・260人と、かなりの勢いで減っている。ここにはまだ、開業翌年の1934年に建てられた木造の駅舎が残っているようだ。当然、開業時点の映像にはこの駅舎は映されていないが、俄然行ってみたくなる。

  それにしても、映される人たちの表情を見ていると嬉しくなる。子どもたちも大きめのぼてぼてした服を着て、連続的に見られることなど全くなかったであろうときの顔といったら。」


  「おそらく、この頃に小型映画を撮ることができたアマチュアは、ライカなどと同様、限られた富裕層であったに違いない。この映像は、日本におけるパテー協会というような建前で撮られている。(中略)

  9.5ミリフィルムは面白い特徴を持つ。なんと、フィルムのパーフォレーション(送り穴)がコマ間の真ん中にある。多分、カメラやプロジェクターのアパチャー前後に送り爪があったのだろうと想像するが、当時の精度では、コマに掻き傷がどんどんついていったのではないかと心配してしまう。それだけではなく、フィルムの横に「ノッチ」が付いている箇所には、タイトル画面があることを示しており、そこでプロジェクターがフィルムを送るのを止めていたということだ。(また再開するときにはどうしたのだろう?)

  パテーは映画事業の最後、1978年には、スーパー8のサウンドカメラを開発し、日本のナルコムから出していたようだ。ボレックス後期のスーパー8カメラがチノン(ああ、そういえばここもコダック子会社になっている!)によりOEM生産されたことは知っていたが、逆のパターンはさっきまで知らなかった。かと言って、探し出してまで使おうという気にはなれない。」と9.5mm撮影機をご説明いただく。


   (2)ザーラ イマーエフ「子供の物語であらず」

  チェチェンの子どもたちのまなざしと怯え ザーラ・イマーエワ『子どもの物語にあらず』
Sightsong @ 22:51:48 / ロシア・旧ソ連 / 映画 » 一般科学映像館が、最近、ザーラ・イマーエワによる30分のドキュメンタリー映画『子どもの物語にあらず』(2001年)を配信している。(>> リンク)

   この、空爆などによるジェノサイドとも言うべきチェチェンの無差別虐殺を捉えた作品は、ロシアでは報道が厳しく制限されているという。被害者の子どもたちがカメラに向かって話す状況は、嘘でありようがないからだ。

   子どもたちは、全部を見たんだよ、戦争とは人を殺したり爆弾を落したりすることだよ、と言う。運がよければ助かるし悪ければ死ぬんだよ、大人は子どもがきらいなのかな、と呟いてしまうまでに追い詰められた子どもの姿を見て、何も感じない者はいまい。そして、カメラに向かって答えつつ、私の声って大きくない?見つからないよね?と怯える姿もある。淡々と感情を出さずに答えていた子どもは、死ぬってどういうこと?と問われ、それはね・・・それはね・・・とことばを失う。

   かたや、軍のミッションについてのみ語るプーチン首相や、コーカサスを叩き潰すと豪語する極右ジリノフスキーや、チェチェンの少女に暴行しながら心神喪失状態にあったということになったブダーノフ大佐の勇ましい姿などが挿入される。国境をはさんでグルジア側、ほど近くにある南オセチアを巡る状況や、新テロ特措法の延長を「世界がテロと戦う」と表現して訴える日本の政治状況など、地理的な場所は異なっていても、<ダイナミクス>にのみ目を向けて、<ひと>については一顧だにしないことは全てカーボンコピーのようだ。


(3)  (2)と関連ブログ http://laika.e-dog.to/index.php?itemid=1064&catid=10
   チェチェンを描いた映画には、セルゲイ・ボドロフ『コーカサスの虜』や、最近のニキータ・ミハルコフ『12人の怒れる男』(>> リンク)があるが、このドキュは劇映画とは  ラン キングにまた異なる力がある。子どものまなざしの力は、牛腸茂雄の写真と共通するものでもある。

以前ディアスボラ特集の折に見たチェチェンの少年が作った短編アニメーション『春になったら』が、先週からWeb配信になったようです。10分足らずの短編アニメーションですが、今も鮮烈にその鮮やかさを覚えていました。この短編映画を私が初めてみたときからもう4年が経ちますが、「春」は遠く…、今もだらだらとゲリラ戦は続いていますね。色使いの鮮やかさが、「春になったら」という気持ち、憧れの裏返しのようで、いつになったら「春」はやってくるのだろうか…、と暗澹たる気持ちにもなります。

配信先は科学映像館、『春になったら』のページより。「スタート」という文字をクリックしてください。

ちなみにこの短編アニメーションを作った少年の母親も映画監督で、「子どもの物語にあらず」という短編インタビューも併せてて科学映像館で配信されています。




参加しています!科学映像館に関する周辺情報その2_b0115553_11411833.gif

コメント (2) | トラックバック (0) | リンク (0)
by rijityoo | 2009-01-30 11:55 | Comments(0)