人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ブログトップ

久米さんの科学映像便り

骨の健康づくりセミナー会場の担当者と打ち合わせに大宮へ


  来る9月26日開催に開催する「第1回骨の健康セミナーin大宮]会場の大宮へ。担当者と当日の事業予定について打ち合わせる。スクリーン、照明、映写機、マイクロホン、講演台などなどの使用申し込み。看板、駐車場、更に昼食の予約と、大変なこと。

  今回のセミナーは、独立行政法人「福祉・子育て・障害者基金」助成事業による。昨年末、さいたま県に申請、今までの実績(7年間でセミナーを25回開催)により認められたもの。年間200万円の助成金が。

  内定後、いただく資料をみてびっくり。この助成事業は平成2年にスタートしたらしい。本年度も約1,000件が採択され、合計32億円とのこと。子育て支援金も10億円。不勉強であるが、かような支援金の存在すら知らなかったし、また、どんな効果があったのだろうか?多分、政治家もほとんど詳細な内容はご存じないのでは。

  特殊法人、天下り、その金額と毎日の如く、メデイアはにぎやか。しかし実態は闇の中?助成金の使用には、細かく規制されているが、その管理は、至って大変。毎日、スタッフと金の管理に。透明性が叫ばれる
今日、仕方のないことかもしれない。一方、管理の為の管理費への配慮が。
by rijityoo | 2009-08-24 16:29 | Comments(0)

今なぜ、科学映像館か? その舞台裏を語ります。