人気ブログランキング | 話題のタグを見る

再生回数の推移から4年半を振り返る(その6)

再生回数も1万5千件前後をやや右肩上がり2008年。年明けて3月、学研の小川博孝氏から電話が。その夜霞ヶ関駅で初めてお会いする。1937,8年頃、銀座十字屋初代会長の倉田氏が製作した理科教育系25編の5作品を持参し配信してもらいたいとのこと。喜んでお引き受けする。

[かえるの話][もんしろ蝶の話] [地蜂] [とんぼの話] ,[さくらの話 ]の5編を預かる。小川氏が学研倉庫で見つけたお宝であった。小川氏が十字屋本社を訪ね、配信の許諾を得る。
初代の奥様は今もご健在で会長を努められている。予定の催しでデジタル復元した作品を上映され他とのとのお話であった。

これらの映画の制作にはカメラマンの鈴木氏、小林氏も関わっていたようである。「地蜂」ではハチの生態学を利用して巣を見つける様子が描かれている。長野県八ヶ岳地方では、今でも地蜂は同様の方で巣を捕獲しているようである。

「桜の話」には花が開く模様を微速度撮影している貴重な映画である。この2,3年後、太平洋戦争が始まり、映画関係者は戦場カメラマンとしてかりだされ、映画制作も中断。


再生回数の推移から4年半を振り返る(その6)_b0115553_23284648.jpg

by rijityoo | 2011-11-08 19:10 | 活動の蔵(1、208) | Comments(0)