人気ブログランキング | 話題のタグを見る

再生回数の推移から4年半を振り返る(その7)

戦前の教育映画を配信したことから、朝日新聞が科学欄(2009年9月25日)で紹介。一挙に2万4千回再生される。この記事は科学映像館の存在感を。
再生回数の推移から4年半を振り返る(その7)_b0115553_22265951.jpg


2010年東京文映の土屋祥五氏から「振動の世界」「日本住血吸虫」など12作品が提供される。
「水車から電気」「電気を送る」なども。しかし、著作権問題などで、以後ご提供されないのは残念なこと。

夏ごろから日映科学映画製作所の「よみがえる金色堂」真空の世界など22作品が提供される。列車関係の映画も多く、多くの方が閲覧。
by rijityoo | 2011-11-13 22:27 | 活動の蔵(1、208) | Comments(0)