久米さんの科学映像便り
rijityoo.exblog.jp
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
ブログジャンル
ランキング参加してます♪
記事ランキング
最新の記事
以前の記事
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
プロフィール
科学映像館理事長の久米さん。映像遺産を守り、生かすための日々!
ファン
画像一覧
難病患者の心をつなぐテクノロジー 後編が社会科の授業に
難病患者の心をつなぐテクノロジー 後編~ 「心語り」開発物語 ~が徳島県美馬市の中学校で授業に活用される。

1.実施年月日 : 平成23年11月8日(火) 4時間目
2.視聴人数: 3年A組 32名
3.教科・担当者: 社会科・三宅弘朗
4.授業の流れ:
 ① 新聞記事を読む・・・ALS患者のまわりの人の思いを知る 
  ② DVDを視聴する・・・ALS患者の思いを知る
   NHKクローズアップ現代
“私の人工呼吸器を外してください” ~ 「生と死」をめぐる議論 ~
  ③ DVDを視聴する・・・「生きること」について考える
難病患者の心をつなぐテクノロジー 後編 「心語り」開発物語

単に開発物語を見るだけでなく、ALS患者、周りの人の思いなどを新聞、テレビなどから、十分知った上で、この装置が「完全閉じ込め症候群」と言われる重度コミュニケーシオン障害者 とのコミュニケーシオンにどう役立っていいるのか,そして開発に取り組んだ人たちの心意気を伝える、素晴らしい授業である。

生徒は教科書から、一方的に、表面的な知識だけでなく、何にか大きなものを得たと授業であった思う。担当の三宅先生に教わる教室では、生徒と先生とのコミュニケーシオンもいいのではと、ふと思う。また生徒はこの授業で何を得のたか、当日の論議、感想文があればと思う。

美馬市で科学映像館の配信映画が、すでに10数校で使用されていると聞く。我々が配信している映画は、知識の単なる伝達だけでなく、子供たち考えさせる奥の深い作品が多い。

とにかく押し付けがましい科学映像は良くない。あるがままを淡々と、しかもねばり強く写し出した科学映像こそ美しい。その映像の中から何を感じ取るかは見る子供たち。これらの映画を見た子供たちから、どんな素晴らしい発想が生まれるか興味深い。

関係者は配信映画を大いに活用して欲しい。これが科学映像館を設立した目的の一つでもある。
b0115553_10573355.jpg


b0115553_1123181.jpg

[PR]
by rijityoo | 2012-01-10 10:27 | 活動の蔵(1、208) | Comments(0)