人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ブログトップ

久米さんの科学映像便り

カテプシンK物語~破骨細胞の採取(その2)~

長期招聘研究者としてオランダから来日し、私の研究室に来ていたPeter J. Nijiweid博士は、単抗体を使った実験がうまくいかなかったのは、「機械的、乱暴に細胞浮遊液を調整したことによる死細胞が原因である」と判断しました。そこで彼は細胞群を一晩培養し、「活きの悪い」細胞を除けば良いと考えて、一晩培養した後で死細胞を除去するため水溶液で洗ったのです。
カテプシンK物語~破骨細胞の採取(その2)~_b0115553_10343296.jpg

                  Peter J. Nijiweid博士(中央)と小玉博士を訪ねました。
その結果、破骨細胞だけがプラスチックシャーレに残っているではありませんか。ここに破骨細胞分離の大きな、大きなヒントがありました。

「他の細胞を除去すればよいのでは」との私の考えに博士は納得せず、その晩私たちは激論を戦わせることとなりました。

博士は残ったシャーレを同様に処理して染色してみました。純度の高い破骨細胞群が顕微鏡下に現れ、これまで苦労してきた全員が本当にびっくりしました。ここで彼もようやく納得したわけですが、破骨細胞の接着性が強いという性格をもっと理解していれば、ごく当たり前の結果であったと言えるでしょう。

その後、破骨細胞の大量採取に向けて予備実験が始まりました。使用動物の年齢、骨の細胞浮遊液の調整、シャーレに付着した破骨細胞の採取等々です。

使用動物は生後7日前後のウサギに決まりました。軟組織を取り除いた四肢をハサミで細かく切断し、振動をかけて細胞群を得たのち、骨片を除いて得た細胞液を培養することにしました。

他の細胞を除去するためのことを考え、シャーレの中央部に浮遊液を植え込み、破骨細胞が十分に付着(30分)した後に培養液を追加し、一晩培養しました。水溶液で洗えば、簡単に破骨細胞以外の細胞を取り除くことができますが、どうすれば簡単かつ正確に取り除けるかを突き止めることも大きなカギとなりました。
カテプシンK物語~破骨細胞の採取(その2)~_b0115553_1724743.jpg

純度100%の近い破骨細胞

ここで目をつけたのが「家庭用の霧吹き」でした。シャーレに霧吹きで水溶液を吹きかける様子はおよそ研究室の仕事とは思えませんが、その結果は見事なものでした。
by rijityoo | 2012-07-23 06:32 | カテプシンK物語(23) | Comments(0)

今なぜ、科学映像館か? その舞台裏を語ります。