人気ブログランキング | 話題のタグを見る
久米さんの科学映像便り
rijityoo.exblog.jp
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
ブログジャンル
ランキング参加してます♪
記事ランキング
最新の記事
以前の記事
2022年 05月
2022年 04月
2022年 03月
2022年 02月
2022年 01月
2021年 12月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 08月
2021年 07月
2021年 06月
2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
プロフィール
科学映像館理事長の久米さん。映像遺産を守り、生かすための日々!
ファン
画像一覧
カテプシンK物語~当時の研究室~
1980年代の我が研究室は賑やかで活気がありました。学内外関係者と企業からの研究員を合わせ、多いときは十数名が在籍していました。また海外からも毎年2,3カ月間、研究者が滞在していました。英国、オランダ、米国から来た中堅研究者が延べ10名くらい参加してくれていたと思います。

これは大学の長期招聘研究制度を活用して招くことができたものです。往復の旅費のほか、1日あたり一万円が支給されると言った素晴らしいものでした。教室の国際化が進むともに様々な情報交換の場にもなり、大変有益なものでした。今考えると夢のような時代でした。

細胞採取の日には自然にカップルができ、3,4時間も懸命に作業をしてくれました。時には外部の見学者に手伝ってもらったこともありました。また毎週木曜日の勉強会には外部からも参加者を受け入れ、大宮、川越の研究所からも参加者がありました。お互いに情報交換する良い機会となりました。
カテプシンK物語~当時の研究室~_b0115553_1772164.jpg

川越にあったヘキストの連中と軽井沢で研修会

我々の大学のキャンパスは「埼玉のチベット」と言われ、都心から約2時間を要する辺鄙な場所に位置しています。参加してくれた企業や他大学の研究者にとっては寂しい思いをさせ、苦労をかけたと思います。
カテプシンK物語~当時の研究室~_b0115553_21214980.jpg

1996年のメンバー

しかしこういった場所故のこともあったのかもしれません。限られた空間である培養室内の研究生活。カップルが生まれやすい環境でもありました。ここで何組かのカップルも誕生したのです。

また研究生活が終って学位を取得したのち、多くの研究者が海外に飛び立っていきました。その数は10数名であったと思います。その中から10名以上の教授、准教授が誕生しました。いまでも米国で活躍されている人もいます。

3時になるとティーパーティが毎日のように開かれました。しかもお茶だけでなく、いただいた美味しいスイーツとともに。余談ですが先日、埼玉医科大学川越クリニックの森先生を訪ねた折こう言われました(彼は東大大学院生で我々とともに研究を行う)。

「先生、あの時のツケが今の体重に……」。
by rijityoo | 2012-07-25 13:10 | カテプシンK物語(23) | Comments(0)