人気ブログランキング | 話題のタグを見る
久米さんの科学映像便り
rijityoo.exblog.jp
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
ブログジャンル
ランキング参加してます♪
記事ランキング
最新の記事
以前の記事
2022年 05月
2022年 04月
2022年 03月
2022年 02月
2022年 01月
2021年 12月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 08月
2021年 07月
2021年 06月
2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
プロフィール
科学映像館理事長の久米さん。映像遺産を守り、生かすための日々!
ファン
画像一覧
カテプシンK物語~ひと巨細胞腫との出会い
破骨細胞の分離に最初のトライには、長期招聘留学制度により私の研究室に来室していた英国のホートン博士 が確立した、巨細胞腫から得た単抗体(ホートン抗体)を用いました。単抗体の使用です。この巨細胞種はヒトの長管骨に発生する多くの巨大細胞から成る良性の腫瘍です。しかし破骨細胞採取には、我々は腫瘍自身に全く頭にありませんでした。いまにしてみれば勉強不足だったということでしょうか。

もしこの腫瘍を破骨細胞の材料として考えていれば、もっと楽に破骨細胞を採取できたかもしれません。この腫瘍との出会いは全くの偶然でした。大阪大学医学部大学院生が彼の仕事についてのコメントを求めて来室したこともありましたが、あまり適格なコメントは出来ませんでした。

その頃ちょうど我々は映画「Osteocyte(骨細胞)」を制作していたところで、その一部を見て彼から貴重なコメントをもらいました。その後教室での会話中に、彼が使用していた資料はヒトの巨細胞腫であることが分かり、整形の分野ではこれが多く得られることから、腫瘍を提供してもらえることになりました。

巨細胞種との出会いでした。

その後大阪大学医学部から大量の腫瘍が提供され、ウサギと同様に巨細胞を分離してクローニングを行い、巨細胞に特異的な遺伝子を得ることが出来ました。

これとともに、タンパク質からカテプシンKを究明するにはウサギから得た破骨細胞では量的に間に合わず、この巨細胞腫が大きな力を発揮してくれたものです。

私たちは破骨細胞の収集にウサギを使用して苦労したのですが、しかしこれは必ずしも回り道しただけではなかったと思っています。あのノウハウがあって初めてヒトの巨細胞からも破骨細胞が得られたのです。またカテプシンKは腫瘍細胞ではなく、正常の細胞から得たものと言うお墨付きにもなりましたから。
by rijityoo | 2012-07-29 10:38 | カテプシンK物語(23) | Comments(0)