人気ブログランキング | 話題のタグを見る
久米さんの科学映像便り
rijityoo.exblog.jp
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
ブログジャンル
ランキング参加してます♪
記事ランキング
最新の記事
以前の記事
2022年 07月
2022年 06月
2022年 05月
2022年 04月
2022年 03月
2022年 02月
2022年 01月
2021年 12月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 08月
2021年 07月
2021年 06月
2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
プロフィール
科学映像館理事長の久米さん。映像遺産を守り、生かすための日々!
ファン
画像一覧
科学映像館物語 2「科学映像館」設立に向けて~きっかけとなった三つの出会い~
―――今回は、科学映像館の設立に至るいくつかの出来事や出会いについてお話しくださるとのことで、是非貴重なお話を聞かせていただければと思います。先生、よろしくお願いいたします。

前回は私と科学映画との出会い、そして科学映画の第一人者である小林米作氏との出会いから科学映画の制作にまつわる話を中心にお話ししました。今回はそれらの科学映画をデジタル映像に保管して動画として広く配信していこうという思いに至った三つの出会いを中心にお話ししたいと思います。

科学映画の制作に立ち会ってから、これらの映画を保存して後世にも伝えていこうという思いは漠然と持ってはいましたが、具体的な行動に移るまでには至りませんでした。

ちょうどその頃パソコンやインターネットが家庭にも普及してきて、データ通信もISDNからより大容量のデータ送受信が可能となるADSLや光回線が登場するなどして、家庭でも動画が手軽に視聴できる環境が整ってきました。そのなかで「ストリーミング」という新しい動画配信技術も用いられるようになってきたのです。

動画配信は今でこそ「You Tube」など国内外の動画サイトを通じて有名なものとなり誰でも手軽に楽しめるようになりましたが、当時はまだ国会本会議および各種委員会中継などで用いられるくらいで殆ど一般の人々の目にとまるものではありませんでした。

ところで科学映画はご存知のようにフィルムで制作されたものですから、そのままでは一般家庭で手軽に視聴できるものではありません。どうしたものかと種々考えを巡らせていたところ、東京シネマ新社代表である岡田一男氏と出会い、高画質のネガテレシネ化の話を伺いました。科学映像館物語 2「科学映像館」設立に向けて~きっかけとなった三つの出会い~_b0115553_105858.jpg
これまで制作された科学映画のネガから高画質でデジタル映像化する技術で、英国CINTEL社のテレシネ装置と、専門的な技術と知識を持つスタッフの手によってフィルムの映像が鮮やかなデジタル映像として蘇るわけです。これだと思いました。これが第一の出会いです。

その後、2005年11月、様々な科学映画を世に送り出した小林米作氏が100歳の天寿を全うされました。翌2006年8月には氏が住み慣れた地元の神奈川県茅ケ崎市で「小林米作氏を偲ぶ会」が催されました。科学映像館物語 2「科学映像館」設立に向けて~きっかけとなった三つの出会い~_b0115553_14575047.jpg
氏のご子息(小林健治氏:現東邦音楽大学教授)夫妻もお嬢様も音楽を愛する音楽一家なのですが、偲ぶ会では音楽の演奏とともに、生命誕生膵臓の内分泌、そしてThe BoneIIの代表三作品が上映されました。会に参加された200名前後の方を前にして上映された作品はいずれもたいへん好評でした。

その反応に触れて、「科学映画は現在でも変わらぬ感動を与えることができる」という思いを新たにしたのです。科学映画が視聴者に与える感動に直接触れることができた。これが第二の出会いです。

この会に参加されていた朝日新聞論説委員の辻篤子氏が、朝日新聞夕刊の「編集者の窓」で「理科離れが叫ばれているなかで、このような貴重な映像を活用しない手はない」と科学映画を大きく取り上げてくださったのです。科学映画が社会のなかで果たすことのできる大きな役割と出会った。第三の出会いです。

これらの出会いに後押しされ、科学映像を保存して後世に伝えようという思いが明確なものとなりました。誰でも手軽に科学映画を教育、企業、家庭でも視聴できる仮称「科学映像館」を設立しようと思い、第一歩を踏み出したのです。次回は科学映像館設立のためのより具体的な活動を中心にお話ししたいと思います。

科学映画を広く配信することが可能となる新しい技術、また科学映画を視聴した方々の新鮮な感動、そして理科離れが叫ばれる現代で科学映画が果たす役割の重要性。これらがきっかけとなり、現在私たちが様々な科学映画を手軽に視聴できる「科学映像館」の設立に至ったということなのですね。今回も貴重なお話を聞かせてくださり有難うございました。
by rijityoo | 2012-09-22 23:26 | 科学映像館物語(18) | Comments(0)