久米さんの科学映像便り
rijityoo.exblog.jp
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
ブログジャンル
ランキング参加してます♪
記事ランキング
最新の記事
以前の記事
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
プロフィール
科学映像館理事長の久米さん。映像遺産を守り、生かすための日々!
ファン
画像一覧
現在の金色堂は昭和37年から7年半かけて再建されたもの
よみがえる金色堂
b0115553_733717.png

                   修復前の金色堂
製作:日映科学映画製作所 企画:中尊寺

ご覧いただく映像は、NPO法人科学映像館を支える会が、原著権保有者の許諾と株式会社東京光音の技術協力のもとネガフィルム原版から直接デジタル画像データ化し、みの電子産業のご協力により配信している。山梨県科学映像館を支える会と独立行政法人福祉医療機構の助成金により、デジタル化・配信している。

<製作者の声>
国宝金色堂は数少ない12世紀の建築としてまた優れた工芸技術の作品として我が国文化財の至宝である。建立以来、初めて解体修理が昭和37年から7年間にわたって行われた。この映画は、その修理の記録である。6ミーター足らずの小さい建物であるが、総工費1億5千万円余り(昭和37年)、わが国一流の学者専門家の総力を結集し、優れた技術者の努力と執念によって、困難な修理事業を完成させ、ついに850年前の、藤原三代の栄華の昔をよみがえらしたのである。こうして修理された金色堂は、そのまま後世に至るまで、格調高い平泉文化を伝えていくだろう。
[PR]
by rijityoo | 2013-05-29 07:32 | Comments(0)