久米さんの科学映像便り
rijityoo.exblog.jp
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
ブログジャンル
ランキング参加してます♪
記事ランキング
最新の記事
以前の記事
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
プロフィール
科学映像館理事長の久米さん。映像遺産を守り、生かすための日々!
ファン
画像一覧
母校の同窓会誌からの原稿依頼があり・・・・
母校の大阪大学歯学部同窓会から原稿依頼(1400字)があり、ここに掲載した記事はその原稿の素案である。ウェブサイト「NPO法人科学映像館」の管理者につき、少しでもご理解いただける資料になればと掲載した。

「小生は昭和39年大阪大学歯学研究科(7期生)を卒業、翌年9月からテキサス大学歯学部に留学、昭和43年9月に大阪大学歯学部口腔解剖教室に復学した。帰国後、歯学部も紛争に巻き込まれ、研究どころではなく、ちょうどその頃、創設された城西歯科大学(現明海大学歯学部)に招かれ、32年間勤めることができた。

城西歯科大学は大学紛争直後、創設された大学でもあり、旧来の講座制、特に研究面ではセントラル方式で自分に適した各自の研究室と大型機器類、写真室、洗浄室などいわゆる中研究室が設けられ、効率的に研究が行われた。大型機器室は原則として専門の技術者が管理しており、研究費もプロジェクト制で、相当裕福な研究費が支給された。国内外の学会出張費なども中央管理で、国際学会へも年2、3回出席したことも。学内外の共同研究も活発に行い、小生にとっては、本当に恵まれた研究環境であった。

研究成果をまとめてみると、テキサス大学に留学中に習得した、組織の機能を発現・維持出来る画期的な培養法「ローズの還流培養法」を持ち帰り、学内外研究者と共同研究し、数多くの研究成果を世界に発信した。この装置が縁となり、科学映画の父と言われた小林米作氏とともに骨の科学映画を製作。映画から得られた情報をもとに教室を上げて骨の研究に取り組むことに。破骨細胞の起源、その形成過程と骨破壊に関する酵素,すなわち「カテプシンK」の発見等、世界に誇れる成果を挙げることもできた。

カテプシンKは医学系の教科書にも記載されている。しかもこの酵素の特異的な阻害剤の発見を世界中の製薬会社が競っており、近々実用化されることが期待されている。この間、平成11年日本骨代謝学会長賞、平成14年には文部科学大臣賞を受賞している。
 
以上の成果をもとに、学校法人明海大学の推薦により、平成25年度「春の叙勲」において瑞宝中綬章を授与された。去る5月13日国立劇場にて勲記・勲章の伝達式に家内とともに参列、引き続き皇居へ参内して天皇陛下に拝謁の栄を賜り、感激の極みであった。これも偏に、大阪大学および明海大学時代の上司、同僚にも恵まれ、さらに学内外学会関係者のご指導、ご厚情の賜物と深く感謝している。今後はこの栄誉に恥じることのないよう一層精進いたす所存である。

平成13年大学を退職後、「骨の健康づくり委員会」を立ち上げ、骨の健康づくりの啓発活動行い、全国各地で28回のセミナーを開催して希望者の骨密度の測定と健康相談を行うとともに、ウェブサイト「骨の健康づくり委員会」(www.hone-kenko.org)企画・管理し、骨の健康づくりの情報を発信している。

この事業と並行して平成15年,科学映画の保存・活用のための新たな事業を始めた(www.kagakueizo.org)。すなわち、風化しつつある貴重な科学映画を収集デジタル化し、保管するとともにウェブで無料配信している。現在600作品の配信を行い、200万回以上再生され、幅広い分野で活用されている。配信している映画は生命科学から芸術、伝統芸能と幅広く、また最も古い映画は「ギージー博士の咬合調整法」である。

とりわけ原発事故の建設記録映画「福島の原子力」は負の遺産として評価され、国内外のメデイアで生かされることになる。昨年度からこれらの貴重な映画を国立国会図書館に収めると言った日本で初めて事業を行っており、気力のある限りこの仕事を行い、社会に貢献できればと願っている。最後に同窓会誌に掲載の機会を与えたいただいた谷口同窓会長に感謝するとともに、同窓生諸氏のご健闘を祈りたい。」 
[PR]
by rijityoo | 2013-08-20 09:00 | 活動の蔵(1、208) | Comments(0)