人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ブログトップ

久米さんの科学映像便り

4年の回遊お経て故郷の川に帰り、産卵、卵の孵化とその生態を桜井淳史が追った作品

サケ!母なる川での250日
4年の回遊お経て故郷の川に帰り、産卵、卵の孵化とその生態を桜井淳史が追った作品_b0115553_745951.png

                        産卵のショット

1984年 45分
 企画:テレビ東京 株式会社東京シネマ新社

協力

水産庁・北海道さけ・ますふ化場・十勝支場
札内事業所・根室支場・虹別事業所・伊茶仁事業所
林野庁・北海道斜里営林署

1980年代初め、東京シネマ新社は、道東在住のナチュラリストと共同して数年がかりで本格的な自然誌映像の製作に取り組みました。4年に及ぶ北太平洋の回遊を経て、故郷の川に帰還し、子孫を遺すサケを追い、その放精・産卵と親世代の死、砂中の卵の孵化と稚魚の海に向かっての危険な旅を追います。

監督:桜井淳史
語り:野沢邦智
撮影:谷口常也
撮影:大津善彦
助手:松村ひろ子
効果:福島幸雄
製作助手:橋場利雄
プロデューサー:犬飼佳春
協力:竹田津 実
音楽:林 哲司
by rijityoo | 2013-09-24 07:04 | Comments(0)

今なぜ、科学映像館か? その舞台裏を語ります。