人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ブログトップ

久米さんの科学映像便り

第10回の「平成25年度日本郵便の年賀寄付金の助成事業」報告

ふくい科学学園理事長の香川喜一郎先生から報告書が届きました。今回は多数の出席者もあり、好評であったとのことです。それせよ、毎回の事業が十分な準備と濃厚な指導体制でおこなれており、大きな成果を挙げられているようです。香川先生のこの仕事への情熱に感嘆、感謝しています。

「第10回の事業を春山公民館(福井市)で行いました。
参加人数も多く、楽しい交流会が出来ました・


映画・実験題目、参加人数等は以下の如くです。
<映画> 「マリン・スノー ---石油の期限---」
<実験>「タンポポの毛に作る 人工雪」
<時間>午後1:30~午後3:30
<参加者>
児童:35名
大人:7名(児童の親)
高齢者:6名
ふくい科学学園:6名
合計:54名

<講評>
映画「マリン・スノー」は低学年の児童には難しい内容ですが、映像が美しく
楽しんでくれたと思います。児童の親は素晴らしい映画だと感動していました。
低学年児童が多く実験は大変でしたが、3グループでは美しい雪の結晶ができ
まづまづの成果です。子どもたちはアイスキャンディー作りもでき大喜びでした。」

第10回の「平成25年度日本郵便の年賀寄付金の助成事業」報告_b0115553_10352046.png

by rijityoo | 2013-12-22 10:35 | 年賀寄付金(36) | Comments(0)

今なぜ、科学映像館か? その舞台裏を語ります。