久米さんの科学映像便り
rijityoo.exblog.jp
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリ
ブログジャンル
ランキング参加してます♪
記事ランキング
最新の記事
以前の記事
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
プロフィール
科学映像館理事長の久米さん。映像遺産を守り、生かすための日々!
ファン
画像一覧
今朝からのアクセスの増加はNHK放送効果
昨晩11時からのNHKBSプレミアムでの番組で,科学映像館配信映画が使用される。その結果、12時過ぎからウェブサイト「NPO法人科学映像館」へのアクセスが増加し始める。16時現在、既に1、600件を超えている。

今回の番組を見ても、映像アーカイブの大切さを感じる。福島原子力発電所は、30mの断崖を20m切り崩して建設され、今回の津波により大被害を被ったのである。昨晩の番組で使用された「黎明」と「福島の原子力」には、建設の模様が切り撮られている。

昨年末、岩手県の地方紙「東海新報」が陸前高田駅開業80周年の資料として、配信映画「昭和初期。5mm映画」を使用。この映画は昭和8年に開業した大船渡線の陸前高田駅を収録している。大船渡線は、今回の東日本大震災による津波で、壊滅状態になっており、まだ復旧のめどもたっていない。

その時代を切り撮った映像を発掘、収集し、デジタル修復、保管して、公開することの大切さ。この作業をしかるべき団体または行政機関は、本格的に取り組んで欲しい。フィルムその他のアナログ素材は年々、劣化。そして製作関係者も、現役を引退してその資料も、散逸の一途を辿っている。

収集・保管のネックの一つになっているのが著作権。50年を70年にとか、更に90年にとの話もあるらしい。現在の著作権内で貴重な映画をどう活かすのか、考えて欲しい。昨年末のある会合での話題も著作権問題ばかりでうんざり。著作権は貴重な映画を守もり、活かすためにあるものでは?


[PR]
by rijityoo | 2014-01-05 16:38 | 活動の蔵(1、208) | Comments(0)