人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ブログトップ

久米さんの科学映像便り

東京文映社から映画の提供が・・

現在,科学映像館は5年前に東京文映社から10作品が提供され、配信している。その後、何か問題があり、提供が途絶えていた。

その後、根気よく交渉、4年間の電話は50回を超えたかもしれない。やっと社長から前向で、具体的なご返事がいただく。

東京文映社の作品は、貴重なものが多く、大学の授業などでもよく使用されている。その映画が「振動の世界」。先日も北海道のある工業大学から問い合わせが。

また山梨県の地方病に関する映画「日本住血吸虫」など5作も、昨年はその原因の発見から100周年にあたり、寄生虫病学会でも市民講座で使用された。上野の日本科学館の企画でも使用される。

「遺伝子をみる」、「脳をつくる」、「電気を送る」など評価の高い映画が多い。どうしてもこの会社の映画をとの思いが、4年間の交渉であり、やっとその思いが通じたのかもしれない。皆さんにお届けできる日も近いかも。

by rijityoo | 2014-02-27 07:59 | 活動の蔵(1、208) | Comments(0)

今なぜ、科学映像館か? その舞台裏を語ります。