人気ブログランキング |
久米さんの科学映像便り
rijityoo.exblog.jp
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
カテゴリ
ブログジャンル
ランキング参加してます♪
記事ランキング
最新の記事
以前の記事
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
プロフィール
科学映像館理事長の久米さん。映像遺産を守り、生かすための日々!
ファン
画像一覧
NPO法人科学映像館を支える会もこの4月から8年目に
貴重な記録映画を見て欲しい、生かして欲しい、未来遺産にしたいと始めたこの活動も4月で8年目に入る。この活動を始めた2007年と言えば、日本ではニコニコ動画サイトが誕生した年である。

動画配信を2004年から準備をしていたが、You Tubeが生まれた年であるとを最近知る機会が。よくもこんな無謀とも思えることを、全く無知な筆者がよくやったとも言える。

2007年始めた頃はこの活動の理解者も少なく、貴重な映画の提供者の説得に苦労したものである。東京シネマとヨネ・プロダクションの提供された数十作品で終わりかと考えたことも。従ってそれほど資金面での苦労は多くなかった。しかし、徐々に理解者も増えて、資金の調達が次の大きな課題になり、助成金を検討。

しかし、最初の2年間は助成金申請の資格がなく、映像の保管だけでは助成金のカテゴリは少なく、苦労したものである。要するに保管した映像をどう活用するかが必要。しかも最初の頃はせいぜい数十万円前後の助成金。

最近では活動実績も増え、申請に必要な引き出しも多くなる。ここ5年間で8件採択されたが、その金額は多くて1件が、せいぜい200万円前後であり、その書類の準備には一苦労である。しかもその管理と報告に大変なエネルギーを要する。

昨年度の年賀寄付金の報告書は厚さが約6センチ、所定の封筒には収まらず、小包で郵送。貴重な助成金故、当然かもしれないが、平成23年度の助成金は先日監査も受ける。普通のことを普通にやらない、やれない社会になったのでは、これも仕方のないことかも。

NPOが管理面ではなく、本来の活動がもっと自由に活発に行える日が来ることを望みたい。人の善意とか奉仕への期待が大きすぎるのではと感じる日々である。



by rijityoo | 2014-04-06 10:36 | 活動の蔵(1、208) | Comments(0)