人気ブログランキング | 話題のタグを見る
久米さんの科学映像便り
rijityoo.exblog.jp
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
ブログジャンル
ランキング参加してます♪
記事ランキング
最新の記事
以前の記事
2022年 05月
2022年 04月
2022年 03月
2022年 02月
2022年 01月
2021年 12月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 08月
2021年 07月
2021年 06月
2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
プロフィール
科学映像館理事長の久米さん。映像遺産を守り、生かすための日々!
ファン
画像一覧
三水会便り「20世紀を変えたバルト3国の再独立」その3
Ⅲ 再び「バルト3国」問題に戻って
バルト3国の再独立後四半世紀になる。しかしこの地域は平和が戻ったと手放しで喜べない状況になっている。昨年3月ウクライナ東部クリミヤ半島を事実上ロシアが併合した。バルト3国にはロシア系住民が多く住み、リトアニアの西にはロシアの飛び地のカリーニングラードがある。バルト3国は東にロシアとベラルーシ、そして西はカリーニングラードに囲まれている。ベラルーシの首都ミンスクにはソ連崩壊の後旧ソ連圏の結束を強めるために組織した[独立国家共同体=CIS]の本部がある。

ウクライナとロシアの関係が険悪になったのは、ウクライナがCISからの脱退を宣言してからのことである。リトアニアが独立する前はカリーニングラードは同じソ連圏だったので通行に何の問題もなかった。ウクライナで起きた問題を考えると、バルト3国とロシアの関係も憂慮される点が多い。バルト3国は戦闘機をもたず、国土の防衛はNATOに依存している。このところロシア軍機の接近が増えていて、NATO軍機のスクランブルは2004年は年1回程度だったのが、2014年は40回以上になっているという。領海近くへロシア潜水艦の接近も見られ緊張が増している。この他ロシアからのサイバー攻撃も憂慮されている。エストニアのエルベス大統領は「ウクライナ危機は宣戦布告なき戦争」によるものだとして、警戒を呼びかけている。

こうした矢先ロシアの最高検察局が、バルト3国のソ連離脱の合法性を調査し始めたという報道がなされた。バルト3国の独立を認めたのはソ連の最高意志決定機関である最高会議でなく、ゴルバチョフが作った国家会議であるから無効だというものである。同じ論法は以前ソ連がウクライナにクリミヤ半島を移譲した問題でも使われ、ソ連憲法の手続きを踏んでいないから違法であり、クリミヤは依然としてロシアのもので、これを接収したのは元に戻しただけのことだという理屈である。

帝政ロシアからソ連時代に進められてきた大ロシア主義の立場に立つプーチン大統領は、「自分はロシアの子どもたちを守る役目を担っており、国境の子どもたちも、守らなければならない。」と云い、以前ソ連圏にあった国々への関与を口にしている。

1月9日に放映されたNHKスペーシャル「ロシア復活の野望」では、ロシアが力を背景にて現状変更の試みを次々に行っていることを明らかにした。「ヨーロッパが如何に反対しようともロシアは決断しなければならない」との主張である。こうしたプーチン大統領の、強気の背景には任期があと1年になったアメリカのオバマ大統領と、EU主要国の意見の不一致を捉えた巧妙な戦略が垣間見える。クリミヤ問題の帰属はもとより、シリアのアサド政権支持でも欧米諸国と真向から対立しても主張を変えることはない。これを国民の90%もの人たちが熱烈に支持しているという背景がある。国民のなかにも「大ロシア主義」が根を張っているのである。

ロシアは今深刻な経済危機のなかにあり、デフォルトさえ憂慮されている。ロシア経済は40%以上を原油、天然ガスなどの輸出に頼っている。それが原油のだぶつきによって価格が下落し、国家経済を直撃している。CDPに占める財政赤字の比率は4.4%に及び、それを過去に積み立てた経済基金を取り崩して埋めている。それも間もなく底をつくということで事態は深刻である。膨大な国防予算が足かせになっており、特にシリアの政権を守るための軍事費が重たくなっている。ルーブルの減価は深刻で国民はインフレの重圧に苦しんでいる。

こうした状況にも関わらず強気一辺倒なプーチン大統領の対外政策は不気味である。そのとばっちりが隣り合わせのバルト3国に及ばないことを願っている。Newsweek誌によると、NATO欧州連合軍のフィリップ・ブリドラブ最高司令官は「過去数十年、欧州の安全保障の基盤となってきたルールや原則をロシアは根こそぎひっくり返そうとしている。そうなれば、ロシアはもはや欧州の問題ではなくて、世界の問題だ」と云っている。折角独立と平和を取り戻したバルト3国の独立と平和を守るために、国際世論の喚起が求められる。

[参考資料]
『物語 バルト三国の歴史』志摩園子著  2004年7月刊 中公新書
『北の十字軍』      山内 進著  2011年1月刊 講談社学術文庫
『6千人の命のビザ』 杉原幸子著  1990年6月刊 朝日ソノラマ
『その時歴史が動いた』  NHK取材班 2001年8月刊 KTC中央出版
『杉原千畝と日本の外務省』杉原誠四郎著1999年11月刊 大正出版
『杉浦千畝ガイドブック』 リトアニア杉原記念館編  2013年第3版刊
『戦争と諜報活動-杉浦千畝たちの時代』  
白石仁章著  2015年7月刊  角川新書 
by rijityoo | 2016-01-29 06:54 |  三水会 便り(5) | Comments(0)