人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ブログトップ

久米さんの科学映像便り

8月17日公開予定映画は「20世紀生きもの黙示録 中南・アフリカ 1 日本語版」

20世紀生きもの黙示録 中南・アフリカ 1 日本語版

企画・製作:株式会社プロジェクトチーム・株式会社IMAGICA
1996年 カラー 33分47秒
8月17日公開予定映画は「20世紀生きもの黙示録 中南・アフリカ 1 日本語版」_b0115553_234671.png

<原作>
Lost Animals of the 20th Century 30分X16話
制作: アトラス・アドヴェンチャー
共同制作: クラークTV ウォークプロモーション 1995
配給: ディスカバリー・チャンネル
協力: ロンドン動物園協会 ブリストル動物園
WWF写真ライブラリー フィルム・オーストラリアなど
監修 WWF Japan(世界自然保護基金日本委員会)

概要
化石で見られる太古の生物の多くが現存しないように、生物の絶滅は珍しくはない。しかし近世以降、人間の行為によって多くの生物が姿を消しており、とりわけ20世紀になって、それが加速された。こんなにも多くの動物たちが、なぜこの地上から姿を消さなくてはならなかったのか?そんな疑問に答え、将来への愚かな行為への歯止めを願って制作されたシリーズである。

本編で扱っている生きもの
1.カリブモンクアザラシ
2.メキシコハイログマ
3.ガダルペカラカラ
4.ハイチネソポンテス
5.クレブラアカビタイボウシインコ
6.ゴートアイランドサイイグアナ
7.ガダルぺハシボソキツツキ
8.バルバドスアライグマ
9.サダルペコシジロウミツバメ
by rijityoo | 2017-08-14 23:04 | Comments(0)

今なぜ、科学映像館か? その舞台裏を語ります。