人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ブログトップ

久米さんの科学映像便り

役目を終えた手元にお持ちの撤去冠(義歯、金冠など)のご寄付のお願い。  

役目を終えた手元にお持ちの撤去冠(義歯、金冠など)のご寄付のお願い。

 

さて私は大学を定年退職後、大学時代制作にかかわった「骨の科学映画」を遺せないか、多くの方に活かしてほしい欲しいと、フィルムをデジタル復元して保管するとともに、インターネットによる無料配信を2007年から行なって参りました。皆様のご協力を得て本年6月7日に1,000作品目を公開でき、多くの方の共感とともに社会的な評価も高まっております.

一方で、このような活動を維持するには多額の費用が必要となります。これまで個人のご寄付や企業の協賛、各種助成金で事業を継続してきました。個人の方を対象とするご寄付は引き続きお願いしていますが、限度があります。しかも昨年度をもって国立国会図書館の納品作業、ならびに当法人の成熟に伴う助成金の打ち切りなどもあり、当法人の維持運営が厳しくなってきております。この課題を解決してくれたのが役目を終えた撤去冠(義歯、金冠など)を歯科医療機関者によりご寄付いただいたことであります(TFMAプロジェクト基金)。

役目を終えた手元にお持ちの撤去冠(義歯、金冠など)のご寄付のお願い。  _b0115553_17172554.jpg

ここで、私たち科学映像館からお願いがあります。もし役目を終えた撤去冠を手元にお持ちでしたら、私たちNPO法人科学映像館にご寄付いただけないでしょうか。貴重な科学映像を蘇らせていただきたくお願い申し上げます。撤去冠のご寄付は金属のリサイクル活動にも資すると信じていています。ご協力をお願いたします。

なお、これまでに撤去冠(義歯、金冠、インレイなど)、ゴルフの優勝カップ(銀製)、金のメガネフレーム、壊れたネックレス、彫金用銀延べ板、金メッキの杯や古びた銀食器、万年筆、ネクタイピン、カウスボタンなどをいただいています。いただいたものは専門企業「株式会社アサヒプリテック」に委託、高度の技術により製錬され、換金化して当館に納金されます。本当に小さいメガネのネジ一個も貴重な財源に生まれ変わりますので、ご協力をお願いします。

            NPO法人科学映像館を支える会
                 理事長 久米川 正好
追伸: 科学映像館活動及び会計はNPO法人科学映像館のホームぺージ(www.kagakueizo.org)で公開しております。とともに年度末には他の資料とともに書面でご寄付いただいた皆様にご報告いたしております。


by rijityoo | 2018-08-12 17:18 | 活動の蔵(1、208) | Comments(0)

今なぜ、科学映像館か? その舞台裏を語ります。