人気ブログランキング |
久米さんの科学映像便り
rijityoo.exblog.jp
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
ブログジャンル
ランキング参加してます♪
記事ランキング
最新の記事
以前の記事
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
プロフィール
科学映像館理事長の久米さん。映像遺産を守り、生かすための日々!
ファン
画像一覧
ロマの人々とクルド民族―差別と排斥・迫害の歴史 (1)

  

ロマの人々とクルド民族―差別と排斥・迫害の歴史―

           4月三水会報告 岡本好廣氏

b0115553_17570518.jpg


岡本好廣氏プロフィール

早大卒・学生時代から生協運動に従事,

日本生活協同組合連合会常務理事、

(公財)生協総合研究所専務理事を歴任し、

現在、三水会常任幹事


2019年4月17日  

内幸町・日本プレスセンター9階

日本記者クラブ小会議室  


              はじめに

 三水会の古い会員に大利(おおり)貴彦(たかひこ)という方が居られた。日本長期信用銀行(長銀)にお勤めで、三水会では80年代には「金の話」「銀行、証券、グリーンカード」といった金融に関わる報告をされていた。その後バブルが進み、長銀が巨額の融資をしていた消費者金融の大手プロミスの経営が悪化すると、立て直しのために派遣されて社長として奮闘された。経営を改善して戻ると間もなく長銀自体の経営が破綻した。日本経済がどん底に落ちる前触れであった。


 ここで大利さんは大きな転換を決意された。長い間の銀行員生活に終止符を打って研究生活に入ったのである。テーマは誰も予想しなかった「被圧迫民族の研究」であった。大利さんの研究方法は文献資料を読んだ後現地に行って調査し、その上で研究誌を作成する。自宅の離れに工房を作って数台のパソコンと印刷機、製本機を設置して、執筆、入力、校正、製版、印刷、製本を全部自分でやって完成させる。いずれも100ページから200ページに及ぶ力作である。


 大利さんと親しかった私は横浜市金沢区能見台のお宅へ行って制作の工程を見せてもらったことがある。とても素人と思えない手の込んだ仕事である。こうした作業は1990年代後半から2000年の初めまで続き、数十冊の報告書を作り上げられ、その都度三水会のメンバーにも下さった。また三水会でもよく報告された。

「アメリカンインデアンの戦い」(19973月)

「蝦夷の歴史(アイヌの圧迫の経過)」(199810月)

「琉球の歴史」(19994月)

「ケルトとアイルランド」(20007月)

 この頃から奥さんの認知症が進み、本人も癌に侵されて執筆が滞り始めた。200782930日に鎌倉で実施した「1冊の本に託して死生観を語る」合宿研究会には大利さんは病気が進行して出席できなかった。2008716日に予定していた報告は資料を野口幹夫さんが代読して進めた。「チベットの歴史と仏教」(20087月)これが大利さんの最後の報告であり、この報告書が絶筆になった。


 大利さんが現役時代を180度転換させて退職後「世界の被圧迫民の研究」に打ち込まれた姿を見て、私もいつかこの問題に取り組みたいと考えてきた。昨年1月例会の「世俗社会を離れて信仰に生きる人々」―ロシア旧教徒とアーミッシュー報告は、ロシア辺境の地やシベリア、日本に渡って自分たちの信仰を守り抜いた人々、ドイツからアメリカへ移り住んで昔ながらの信仰を送る人たちを取り上げた。今回は「被圧迫民族問題」報告の第2弾である。


by rijityoo | 2019-04-25 23:15 |  三水会 便り(5) | Comments(0)