人気ブログランキング |
久米さんの科学映像便り
rijityoo.exblog.jp
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
ブログジャンル
ランキング参加してます♪
記事ランキング
最新の記事
以前の記事
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
プロフィール
科学映像館理事長の久米さん。映像遺産を守り、生かすための日々!
ファン
画像一覧
平成を駆け抜けた第2の人生(2)

2002年に大学を定年退職した私は、在職中『科学映画の父』と呼ばれた小林米作氏と製作した「骨の科学映画」を後世に遺したい、多くの方に活かして欲しいとの願いを持つに至りました。その願いをかたちにすべく2004年(YouTubeが誕生した年)から準備を始め、2007年の6月には『NPO法人科学映像館を支える会』を設立し、科学映画の旗手ともいえる岡田桑三・小林米作両氏の代表作である『生命誕生』をHD化して配信を行ったのが2007年5月1日のことでした。これは大きな反響を呼びました。この作品の生物試料を担当され、唯一ご健在で現役の淺香時夫氏から「先生!制作当時の映像が蘇りました」と興奮一杯の電話をいただきました。この仕事を始めたことは間違いなかった、そして今後に自信を持つことができた瞬間でした。

b0115553_17355349.png

以来、必ず少なくとも1作品を毎週木曜日に無料でウェブ配信する活動を継続し、12年を掛けて本日6月7日に通算1,000作品を皆様にお届けできることとなりました。当初は生命科学映画を中心に「50作品」を目標としてスタートしたのですが、1作品、1作品と弛まずに積み重ねて本日1,000作品を公開できたことは私にとっても感無量の思いです。そして80歳を過ぎた現在でも、映像の仕事に関わりを持てることに私は運命的なものを感じています。

b0115553_17351854.png

2007年4月に産声を上げた『科学映像館』の全作品は、YouTubeの再生回数(1,300万回)を含めると1,500万回にもなり、現在に至るまで本当に多くの方にご覧いただいています。その間には国立国会図書館やiTunes Uからも活動が評価され、最新技術との新しいコラボレーションも生まれました。その他テレビ番組をはじめ教育現場、学会、映画祭、博物館などにおける企画展等でも映像が二次使用されています。テレビ番組制作者にとっては『科学映像館』は生きた映像カタログであり、今週もNHKをはじめ民放各社から複数回問い合わせをいただきました。なかでも、2011年3月に発生した東日本大震災により起きた福島第一原子力発電所の事故報道では、『福島の原子力』など関連作品がNHKやBBCなど国内外の30を超えるテレビの報道番組で活用され、社会的評価も一段と高まりました。

しかしながら、単一NPO法人の活動では予算面や情報収集などにおいて貴重な作品の発掘・収集やデジタル化、フィルムの保管などにどうしても限度があります。今後、然るべき行政機関により組織的かつ効果的に保管、共有化される機構が確立され、貴重な映像が未来遺産として令和に送り届けたいと願っています。


by rijityoo | 2019-04-29 17:43 | 活動の蔵(1、208) | Comments(0)